美味しいruskの専門店-unogami

SCP案

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは専用収容サイト-8143内に設けられた高危険物収容金庫に保管されます。
SCP-XXX-JPの発生が確認された地域では、常に5人以上のサイト-8143職員による巡回を行ってください。
回収時には、支給された特殊加工グローブを着用し、SCP-XXX-JPが皮膚に接触することを避けてください。
新規収容時にSCP-XXX-JPが2枚以上確認された場合、サンプルとして1枚を回収し、焼却手順-XXX-JPに基づいて他全てを焼却してください。

SCP-XXX-JP-Aはサイト-8143内に設けられた標準人型実体収容セルに収容されます。
SCP-XXX-JP-Aには1日に3回の食事を与えてください。新たなSCP-XXX-JP-Aが確認された場合、機動部隊り-9("PTA")への通達が義務付けられています。

SCP-XXX-JP-Aが確認された場合、カバーストーリー『通り魔による殺害』を流布し、その場で終了してください。その後、遺体の回収、清掃を行い、クラスA記憶処理剤を散布することで隠蔽してください。

説明: SCP-XXX-JPは「あいさつは大きな声で」と書かれたA4サイズの厚紙のポスターと、SCP-XXX-JP-Aが生成する同様のデザインと材質、異常性を持つB5サイズのポスターです。
SCP-XXX-JPが人間の皮膚に接触した場合、自身の意思に問わず、コミュニケーションを取る際に必ず挨拶を行うようになります。挨拶をされた人物(以下、対象)が返答をしなかった場合、対象の脳幹付近にオジギソウ(学名:Mimosa pudica)の種子が発生し、脳機能障害及び脳死を引き起こします。
また、対象の年齢が6〜9歳の場合、曝露者は不明な方法でSCP-XXX-JPを複数枚生成し、対象に手渡そうと試みます。この試みが失敗した場合、曝露者は生成したSCP-XXX-JPを地面、あるいは壁面に貼付します。


SCP-XXX-JPインシデント記録

インシデント‐1 日付:2003/4/15 場所:京都府 左京区

quoted text

quoted text

quoted text

quoted text

quoted text

quoted text

2023\11\9

補遺:
404 Not Found
お探しのアイデアは見つかりませんでした。
検索のヒント:
・ゲームや本などを利用してアイデアを捻り出しましょう。
・散歩やスポーツ、勉強などでリフレッシュを行い、アイデアを捻り出しましょう。
アイデアを捻り出しましょう。

その他

危険ヤバい

記事のテンプレート-SCP財団

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: わからん

説明: 1秒に1回自己複製を行う約33cm3のラスクです。
SCP-XXX-JPは破壊不能であり、O5-█の許可無しでの実験は禁止されています。

SCP-XXX-JPは██県███市に存在するスーパーから回収されました。

補遺: 美味しいです。(たぶん)


インタビューログXXX-JP - 日付: 20██/3/27

対象: ████氏 - SCP-XXX-JP購入者。

インタビュアー: 螺透研究助手

<録音開始>

螺透研究助手: こんにちは、████さん。

████氏: まだおはようの時間だぜ、博士。

螺透研究助手: すみません。…早速インタビューに移らせて頂きます。████さん、先日購入されたラスクは美味しかったですか?

████氏: あんなの食えたもんじゃねぇ。実際、歯が欠けまくって鉄の味しかしなかったからな。

[以下省略]

<録音終了>

終了報告書: 私の間食には向いていないようです。- 螺透研究助手

追記: 食べようとしないでください。オブジェクトはあなたのおやつではありません。- 小麦研究主任


実験記録XXX-JP - 日付:20██/9/26

対象: D-1234
実施方法: SCP-XXX-JPを1枚飲み込ませ、経過を観察する。
結果: 自己複製を行う様子は見られず、大腸に到達した時点で既に消化されていた。
分析:体外での実験では消化酵素による消化は確認できなかったため、体内でのみ異常性を喪失するようだ。

自立型ボタン

うーん、あなた今、ページの編集してるでしょ?アクシデントを起こさないためにも、ここの機能は非表示にしておくよ。この素晴らしい機能はBoyu12Boyu12氏によって作られたものです!
編集 ページのソース
履歴 ファイル