Rui Reina
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは収容されていません。SCP-XXXX-JP-Aと思しき事象が発生した場合、下記に記載する特別対処プロトコル“スパムブロック”を実行してください。

特別対処プロトコル“スパムブロック”: SCP-XXXX-JP-Aと思しき事象を受信したSCP-XXXX-JP-B使用者は、直ちに電子災害対策室XXXX-JPに事態を報告してください。報告を受けた者は、実験を行う場合を除きSCP-XXXX-JP-Bの回線を全て遮断し二次汚染を防いでください。SCP-XXXX-JP-AおよびBの各種異常性検査・記録保護を実施した後、財団にとって重要でないと判断されたSCP-XXXX-JP-Bは通常手順に従い破壊してください。これは私物の通信端末であっても一切の例外を認めません。
各部局の上長は、このような事例があることを全職員に徹底的な周知を行ってください。
民間へのSCP-XXXX-JP-A事象については、各通信会社に潜入中のエージェント、財団保有の通信傍受システム“Echelon-F”によって常時監視されます。また、カバーストーリー“特殊詐欺の啓発”、“不審メールへの注意喚起”、“20██年██五輪のための都市鉱山回収運動”が適用されます。

説明: SCP-XXXX-JPは、メールや各種音声通信を用いて財団職員に受信者にコンタクトを試みる架空の存在です。この存在からの通信事象をSCP-XXXX-JP-A、通信を受けた通信端末をSCP-XXXX-JP-Bと指定します。

SCP-XXXX-JPはその時々によってSCP-XXXX-JP-A受信者ごとに異なるプロフィールを使用しますが、同じ受信者に対しては同じプロフィールを使います。しかしいずれの場合においても、該当する存在は財団記録、及び政府所有の戸籍情報に一致する人物は存在しません。また財団職員と名乗る事例が████回確認されており、財団機密情報が外部に流出している可能性があります。電子災害対策室XXXX-JPを中心に、逆探知等によるSCP-XXXX-JPの捜索活動を行っていますが、特定には至っていません。

SCP-XXXX-JP-A内の会話・文面は、一部例外を除いて対象に対して非常に好意的に接します。しかし受信者がSCP-XXXX-JPに対して無視、あるいは不信を抱くような返信をした場合、徐々に反抗的・攻撃的な態度・文面となります。特に電話でのやり取りではその行動が顕著に表れ、一般的な人間の反応を示します。

SCP-XXXX-JP-Aの内容は公的な各種報告や申請から、私的なものまで多岐にわたります。その出現もランダムで一貫性はなく、目的は不明です。文中・会話中に登場するサイトナンバー、職員名、SCP-████-JPは全て実在しないことが確認されています。またSCP-XXXX-JP-A-5事案から、メールアドレス・電話番号の変更及び着信拒否設定等によって無力化できることが確認されています。現在SCP-XXXX-JPは、財団に対して通信を行う場合は、財団サイト-8154、サイト-8139の職員であると名乗る場合が全体の6割を占めています。サイト-8154ならびにサイト-8139は実在しないサイトナンバーであるため、職員は十分に注意してください。
詳細は、下記SCP-XXXX-JP-A群記録を参照してください。

なお現在、SCP-XXXX-JPそのものを無力化する試みとして、無力化プロトコル“ファイアーウォール”がサイト-81██より提言され、試験運用が開始されています。これにより財団職員を名乗るSCP-XXXX-JPの数は前年比35%減を達成しています。現在、このプロトコルの本運用を目指した修正と、民間にも適用するためのカバーストーリーを構築中です。

補遺1: SCP-XXXX-JPとの通信中に、直接面会を試みる実験が20██年██月██日までに28回行われています。しかしいずれの実験においてもSCP-XXXX-JPとの面会は、不測の事態がSCP-XXXX-JPあるいは実験職員、もしくはその両方に発生したため全て失敗しています。これらはSCP-XXXX-JPの異常性に起因するものと思われ、現在関連性を確認中です。しかし面会実験を行うたびに何らかの事象が発生するため、SCP-XXXX-JPとの面会・接触を試みる実験は無期限に凍結されています。
以下にその実験記録の一例を記載します。

補遺2: SCP-XXXX-JPは時間と共に、SCP-XXXX-JP-Aの数を増加させており、2017年は財団全体で前年比24%増を記録しています。また手段の多様化が進行しており、20██年8月には████社が提供するSNSでもSCP-XXXX-JPの存在が確認されています。SCP-XXXX-JPの収容が成功していないため、今後も増加が予想されており、現在SCP-XXXX-JPのオブジェクトクラス変更を財団日本支部理事会に提言しています。

オブジェクトクラス変更要請は、2018年8月17日現在O5評議会からの対応待ちです。


[電子災害対策室XXXX-JPからの特別通達があります。職員は速やかに閲覧してください]