roune10121の托卵所

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの存在する廃墟の周囲100mの範囲は立ち入り禁止区域に指定され、常時セキュリティクリアランスレベル0の職員によって監視されています。また、SCP-XXX-JP内には常時7名のDクラス職員を常駐させて下さい。SCP-XXX-JP内で常駐中のDクラス職員が死亡した場合は12時間以内に死亡人数分のDクラス職員を追加して下さい。

説明: SCP-XXX-JPは山口県█市にある廃墟(2012/██/██以前までは宿泊所として機能)の旧宴会場に存在するの異常空間です。現在、SCP-XXX-JPの範囲は39.3m×45.0m×3.1m1です。SCP-XXX-JPへは障害なしに入退が可能ですが、後述の異常性により自力で脱出する人間は殆ど確認されていません。SCP-XXX-JP内に5人未満の人間しか存在していない場合、SCP-XXX-JPの縦と横の範囲が1秒毎1mmずつ拡大します。この拡大現象は5人以上の人間がSCP-XXX-JP内に入らない限り継続します。SCP-XXX-JP内では境界面上からは基本、気温25度、湿度65%の微風が吹いていますが、SCP-XXX-JP内の人間からの要望で左右されることがあります。

SCP-XXX-JP内に侵入すると、SCP-XXX-JP外に海洋生物の幻像(SCP-XXX-JP-JP-Aと指定)が出現します。SCP-XXX-JP-AをSCP-XXX-JP外の生物が認識することは不可能です。SCP-XXX-JP-Aの内容として日本領の太平洋近海の海洋生物系に準拠していると推測されています。また、SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JP内を認識しており、SCP-XXX-JP内の人物が境界面に近づくと接近してくるという習性が観測されています。SCP-XXX-JP-Aは境界面を通過することが不可能であることも確認されています。

SCP-XXX-JP内には以下の異常性を保持する物品が設置されています。

物品の種類 異常性
人数分の木製の机、羽毛布団、テレビ、抽斗 SCP-XXX-JP内で生存している人間数が増減した場合、それに合わせて家具も増減します。
皿に盛り付けられた食事 出現してから6時間経過する又は食事を全て完食すると、新しい食事に置換されます。全ての食事の材料にSCP-XXX-JP-Aに含まれる生物は使用されていないことが判明しています。
███社製ラジオカセットレコーダー「████████」一台 1週間に2~3回作曲者不明の音楽が流れます。この音楽はSCP-XXX-JP内の人物に対しての興奮作用を保有しており、
人数分の女性型のマネキン

インタビュー記録XXX-1,2

インタビュー記録XXX-1
インタビュアー: 猫魔博士
対象: D-7142(SCP-XXX-JP滞在期間19年)


D-7142: な、なぁ、猫魔博士。このインタビューはいつ終わるんだ?早くあそこへ戻りたいんだが。

猫魔博士: すぐ終わりますよ。では、D-7142、SCP-XXX-JPの住み心地はどうですか?

D-7142: そりゃあ、まるで楽園さ!心置きなくご飯は食べれるし、パソコンとかもあるから退屈はしないし、やりたいこともやれるしな。こんないい仕事ができるとはなぁ。それに…[笑い]。

猫魔博士: 何ですか?教えて下さい。

D-7142: ああ、かわいい姉ちゃんも現れてくれるんだぜ、怪我させるようなこと以外は何でも煮るなり焼くなりしていいって言われたから、俺なんか[データ削除済み]。

猫魔博士: 成程。…では、SCP-XXX-JP

[[>]]
[[module Rate]]
[[/>]]
**アイテム番号:** SCP-XXX-JP

**オブジェクトクラス:** Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

**特別収容プロトコル:** [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

**説明:** [SCPオブジェクトの性質に関する記述]

**補遺:** [SCPオブジェクトに関する補足情報]
[[div class="scp-image-block block-right" style="width:300px;"]]
[[image ファイル名.jpg style="width:300px;" link=#]]
[[div class="scp-image-caption" style="width:300px;"]]
このテキストは画像の下に表示されます。
[[/div]]
[[/div]]
[[module css]]
.fakeprot .mailform-box .buttons{
display:none;
}

.collapsiblealt .collapsible-block-link {
padding: 0.1em 0.5em;
text-decoration: none;
background-color: #F4F4F4;
border: 1px solid #AAA;
color: #000;
}
.collapsiblealt .collapsible-block-link:hover {
    background-color: #DDD;
color: #000;
}
.collapsiblealt .collapsible-block-link:active {
background-color: #DDD;
color: #000;
}
.collapsiblealt .collapsible-block-unfolded-link{
margin:0.5em 0;
text-align: center;
}
.collapsiblealt .collapsible-block-folded{
margin:0.5em 0;
text-align: center;
}

.fakeprot .passw input[type=text] {
    text-security:disc;
    -webkit-text-security:disc;
    -mox-text-security:disc;
}
[[/module]]
[[div class="fakeprot"]]
[[module MailForm to="aaaaアイウエオ(ダミー用)" button="" title="入力"]]
# name
 * title: 職員コード
 * default: Site:8192 Director Y.Gineri
 * type: text
 * rules:
  * required: true 
  * maxLength:10
  * minLength: 100
[[/module]]
[[div class="passw"]]
[[module MailForm to="aaaaアイウエオ(ダミー用)" button="" title="入力"]]
# affiliation
 * title: パスワード
 * default: ・・・・・・・・・
 * rules:
  * required: true 
  * maxLength:10
  * minLength: 100
[[/module]]
[[/div]]
[[/div]]

[[div class="collapsiblealt"]]
[[collapsible show="認証" hide="ログアウト"]]

いつも通りの折りたたみブロックと思いましょう!

[[/collapsible]]
[[/div]]
<style type="text/css">
@import url(http://scp-jp.wdfiles.com/local--files/japanese-syntax/scp-WikidotCss.css);
</style>
<script type="text/javascript" src="http://scp-jp.wdfiles.com/local--files/japanese-syntax/scpHTMLblockCtrl_ver1_ex.js"></script>
<script type="text/javascript">
isHTMLblockHide = true;
</script>

ここに記事の文章を入れてね

<div id="scpHTMLblockResizeSwitch"></div>
[!--
--]

[!-

wolf-142173_1920.jpg

三峰獣医(サンプル64発現中)

現在の本名: 三峰庵(Mitsumine Iori)
通称: イオリ君、[データ削除済み]厳木博士だね、ここにアニメキャラ入れたの。-三峰獣医、[データ削除済み]ゲームキャラも駄目だから。-三峰獣医
セキュリティクリアランスレベル: 2
職員レベル: Cクラス職員
職務内容: 動物型オブジェクト又は動物系職員の治療・調教・言語教育・職員雇用教育・カウンセリング、機動部隊お-13("三峰一味")の統率
所在: サイト-81IL、命令に応じて他のサイトに派遣

獣人物: 埼玉県秩父市出身の32歳男性。現在はSCP-████-JPの影響により、オオカミ(Canis lupus ssp.)の体毛・頭部・尾部を保持していますが、その他大部分の骨格や体内組織はヒトのものと一致します。

三峰獣医の性格は外見に似合わず至って真面目で温厚で、口調も穏寧です。但し、本気で怒った場合、暴力的、精神的なえげつない行為制裁を加えることがあります。三峰獣医が激怒する要因として、オオカミに対する軽蔑・悪役視が挙げられます。また、三峰獣医は一概して全生物に対し平等な態度を取っています。その為、人命を最優先としない言動をとることがあります。この行動は要改善行動であり、厳木博士により現在矯正中です。

三峰獣医は体積8cm3以上の標本の断面部を身体に取り付けることで、身体の一部とする事が可能です。一度接着した標本は三峰獣医の体毛・手足部・尾部などに適応するよう改変され、神経や血管が身体に癒着します。また、接着した標本は三峰獣医自身のみが取り外し可能です。

また、三峰獣医は生物との会話が可能です。この特性は三峰獣医の言語が保持する認識災害が原因であることが判明しています。認識災害は、三峰獣医の言語を聞いた生物はその言語を自身の使用する言語だと認識するという内容です。この認識災害は一度暴露すると機械を媒介しても影響を発生させますが、Aクラス記憶処理で喪失させることが可能です。但し、この認識災害は財団にとって有用な異常性のため、影響を喪失させるケースは極めて稀です。

経歴: 三峰獣医は当初、財団にフィールドエージェント・大口(本名、大口██)として雇用されていましたが、20██/02/06日、SCP-████-JPの確保中に異常性に暴露、現在の形態へ変形しました。また、その際に同オブジェクトの精神汚染に影響され、大口██の記憶を全て喪失しました。また、再度確保されるまでの間、三峰獣医はSCP-████-JPに「三峰庵」の情報を挿入されています。大口██の記憶が回復する確率は現在財団が保有する技術を使用しても0.01%以下です。三峰獣医は確保された後にSCP-████-JP-A-1と指定され、2██日間収容状態にありました。しかし、財団忠誠度テストでの基準値以上の成績と三峰獣医の特性の有用性を考慮され、財団に「三峰庵」名義で再雇用されました。但し、容姿が職員に恐怖を与える可能性が指摘されたことにより、サイト-81ILへ異動となりました。

「思い出して下さい。」って言われても、一番昔の記憶がSCP-████-JPの顔なんだよね…。-三峰獣医



コメント欄

おお!獣のような頭、天井に張り付くことのできる脚、これはわが星に生息していたギシュトヴァン6に瓜二つではないか!-イァグトゥイル研究補佐

ええ、私の故郷にもこのような特性を持つ生物が居ました。まさかこんな所で見ることが出来るとは…。-濃霧院博士

感心し合ってないで、助けて下さい。-就寝中に厳木博士によりサンプル27を装着された三峰獣医

川獺丸さーん、心拍を測りますのでお腹を上にして下さい。-三峰獣医

[聴診器を胸部に当てられる]ひっ、食べないで…。-川獺丸従業員

…まぁ、そうなりますか。こんな体ですもんね…。-三峰獣医

あ、すみません!せ、生存本能です、生存本能!-川獺丸従業員

滝川一郎さん…腕の骨折ですね。-三峰獣医

そうなんです、どうなってるか見てくれませんか?-エージェント・イチ

そうですね…[エージェント・イチが装着していたダミーの腕が外れる]-三峰獣医

んなははは!どっきり大成功!…ってあれ?三峰獣医?…こりゃ駄目だ、腕を診たまま気絶してる。-エージェント・イチ

どうですか?私の部屋は。-秋津洲博士

正直言って落ち着かないです。あちらこちらから話し声が聞こえていて…。-三峰獣医

何?人狼にキメラ…だと?解剖し甲斐があるな…。-神鳥唖蛭研究員

(僕が死ぬときは何の標本も付けないまま死のう…)-三峰獣医

ワタしハ[解読不能]、たすケてと[解読不能]ル。ワタしハ[解読不能]、たすケてと[解読不能]ル。キキキキキキキ…。-R-178(O-92着用中)

…うわぁ。-三峰獣医

三峰獣医にダミーの本カバーを付けた「おおかみと七ひきの子やぎ」を読ませると、面白い反応が見れますよ。こうすればイオリ君からは見えないから何でも書けるね。-厳木博士

体はオオカミでも元は人間だ、見えてるよ。厳木博士、怒ったからな。-三峰獣医

—]