roune1012の托卵所
%E6%B2%A2%E5%B1%B1.png

SCP-XXX-JP-A群、現在存在する写真の中で唯一最多6種類のSCP-XXX-JP-Aが観測可能

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXX-JPはサイト-8169にある巨大生物収容室(大きさ25m×25m×16m)の壁面です。SCP-XXX-JPは、巨大生物収容室に収容されていたSCP-████-JPの異常性1に対応するため黒色に着色されていました。現在、SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-Aにより、2█%が白色に█%が薄青色へ変化しています。また、SCP-XXX-JPは劣化の傾向を見せていません。

SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JP内に生息する人型知的生命体群です。SCP-XXX-JP-Aは二次元中の存在であると断定されており、体長は平均して2.5cm、日本語を言語として用いています。また、SCP-XXX-JP-Aは食事を必要としませんが、SCP-XXX-JP-A-7がSCP-XXX-JP-B-███を摂食などの行動が観測されています。SCP‐XXX‐JP-Aの行動や会話の内容を人間が認識することは可能ですが、人間の発生させる影響をSCP‐XXX‐JP-Aが感知することは不可能ですインシデントXXX-JPを参照して下さい。SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JPの白色部分のみに存在することが確認されています。また、SCP-XXX-JPの黒色部分をSCP-XXX-JP-Aが"採掘する動作"で黒色部分を破壊し、白色に変化させている現象が観測されています。また、SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JPの黒色部分の破片を灰色に変化させ、武器、建築、その他器具類に用います。SCP-XXX-JP-Aの体色はSCP-XXX-JP-A-7以外において黒色をしています。現在、SCP-XXX-JP-Aの発生の瞬間は観測されていませんが、1日に最低30体程のSCP-XXX-JP-Aが出現していることが判明しています。SCP-XXX-JP-A

SCP-XXX-JP-Aは外見、行動上で7種類に分類されます。

ナンバー 画像 共通する外見 行動から推測される役割
SCP-XXX-JP-A-1 後で貼ります 線分で構成された体と平仮名の「ゑ」の形状の頭部を保持しています。 SCP-XXX-JP-A-1はSCP-XXX-JP-A群の管理職的役割を担っています。
SCP-XXX-JP-A-2 後で貼ります 線分で構成された体と平仮名の「る」の形状の頭部を保持しています。 SCP-XXX-JP-A-2は司令塔的役割を担っています。
SCP-XXX-JP-A-3 後で貼ります 線分で構成された体と平仮名の「ろ」の形状の頭部を保持しています。 SCP-XXX-JP-A-3はSCP-XXX-JP-Bの調査をする際の主任的役割を担っています。
SCP-XXX-JP-A-4 後で貼ります 線分で構成された体と平仮名の「ら」の形状の頭部を保持しています。 SCP-XXX-JP-A-4はSCP-XXX-JP-Bの調査をする際の実行者的役割や末端管理者的役職を担っています。
SCP-XXX-JP-A-5 後で貼ります 線分で構成された体と平仮名の「う」の形状の頭部を保持しています。 SCP-XXX-JP-A-5はSCP-XXX-JP-Bの調査をする際の補佐的役割や監視者的役割、軍隊管理者的役割を担っています。
SCP-XXX-JP-A-6 後で貼ります 線分で構成された体と平仮名の「つ」の形状の頭部を保持しています。 SCP-XXX-JP-A-6は全体的においての補佐的役割や建設者的役割、軍隊的役割を担っています。
SCP-XXX-JP-A-7 後で貼ります 橙色をした線分で構成された体と平仮名の「っ」の形状の頭部を保持しています。 SCP-XXX-JP-A-7は実験体的、下僕的役割を担っています。SCP-XXX-JP-A-7はその他のSCP-XXX-JP-Aに対して格段に権利が低く、SCP-XXX-JP-A群に殺害されている行動が観測されています。

SCP-XXX-JP-Bは、SCP-XXX-JP内に不定期に出現する文字群です。SCP-XXX-JP-Bはそれぞれ多様な色、文字の形状を保持します。SCP-XXX-JP-BはSCP-XXX-JP内のみで、それぞれ特異的な性質を保持します。SCP-XXX-JP-Bは出現後直ちにSCP-XXX-JP-Aに捕獲され、「ゑすCP-[数字]」という名称を命名されます。その次にSCP-XXX-JP-BはSCP-XXX-JP-Aにそれぞれに適応した部屋を作成され、観察するために保管されます。また、殆どのSCP-XXX-JP-Bは収容が容易な順から「Seefu」「Yukuriddo」「Keteru」と分別されます。現在、SCP-XXX-JP-Bは████種類発見されています。

観察記録SCP-XXX-JP-B抜粋(その他の観察記録は拡張観察記録SCP-XXX-JP-Bを参照して下さい。)

SCP-XXX-JP-Bのナンバー(SCP-XXX-JP内での名称): SCP-XXX-JP-B-001(ゑすCP-173)
文字の形状と色、サイズ: 薄灰色をした高さ0.7cmの"A"
SCP-XXX-JP内での収容難易度: Seefu
特性: SCP-XXX-JP-B-001を直立させると観測上、煙と物理学的性質が同一なもやがSCP-XXX-JP-B-001の底辺から発生し、加速度10cm/s2を保ちながら上方に移動します。この現象は、SCP-XXX-JP-B-001を直立状態から15°以上傾けることにより停止します。
SCP-XXX-JP-Aの保管対応: SCP-XXX-JP-B-001は1×1cmの枠に囲まれ、横倒しの状態で保管されます。

SCP-XXX-JP-Bのナンバー(SCP-XXX-JP内での名称): SCP-XXX-JP-B-047(ゑすCP-048)
文字の形状と色、サイズ: 黒色をしたSCP-P-JP-Aと形状が酷似している"フ"の頭部を持つ実体、身長は2.7cm
SCP-XXX-JP内での収容難易度: Yukurido
特性: SCP-XXX-JP-B-047はSCP-XXX-JP-Aのみを捕食する捕食生物で、SCP-XXX-JP-Aが観測するとSCP-XXX-JP-A-6だと認識されます。
SCP-XXX-JP-Aの保管対応: SCP-XXX-JP-B-047は5×7cmの枠に囲まれ、一日に一回、SCP-XXX-JP-A-7一体が与えられています。現在、13体のSCP-XXX-JP-B-047が保管されています。現在、SCP-XXX-JP-Aにより、SCP-XXX-JP-B-047が9回脱走しています

SCP-XXX-JP-Bのナンバー(SCP-XXX-JP内での名称): SCP-XXX-JP-B-JP-112(ゑすCP-682)
文字の形状と色、サイズ: 濃緑色をした高さ8.3cmの"包"
SCP-XXX-JP内での収容難易度: Keteru
特性: SCP-XXX-JP-B-112は捕食動物です。SCP-XXX-JP-B-112は下部が伸縮可能であり、そこを用いて匍匐移動をし、左上部分の頭部で捕食します。また、SCP-XXX-JP-B-112はSCP-XXX-JPの黒色部分を自由に移動することが可能です。また、SCP-XXX-JP-B-112の体構造は頑丈でありSCP-XXX-JP-B-112の保管用の枠を容易に破壊するといった行動が観測されています。
SCP-XXX-JP-Aの保管対応: SCP-XXX-JP-B-112は厚さ8.0cmの15×15cmの枠に囲まれ、保管されています。現在、SCP-XXX-JP-B-112は100回以上の脱出を行い、3000体以上のSCP-XXX-JP-Aを破壊しています。

SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JP-Bの特徴や性質を灰色のSCP-XXX-JPを加工した0.01mmの折り曲げ可能な線に、細長いSCP-XXX-JPの黒色部分を使用しモールス符号に類似2した文字で記載し、機密に保管します。この"文書"は限定されたSCP-XXX-JPのみが閲覧することが観測により判明しています。現在、財団は約60%の解読に成功しています。

SCP-XXX-JPは、2006/03/14、エージェント・蛍谷がSCP-████-JPの点検を行った際に消失、その後、SCP-████-JPがSCP-XXX-JPを攻撃しているのが観測され、SCP-XXX-JPを緊急検査した際、守谷博士がSCP-XXX-JP-B-001を観察するSCP-XXX-JP-A群を発見、SCPオブジェクトに分類されました。SCP-████-JPは即座に拘束、他の収容室に移動されましたがSCP-XXX-JPに修復不可能な損傷(大きさ1.5×2.1)が発生しました。

インシデントXXX-JP 2021/08/23: SCP-XXX-JP-A-6がSCP-XXX-JPの損傷(以下、損傷)を発見し、SCP-XXX-JP-Bを発見した際の行動と同等の反応を示しました。SCP-XXX-JP-A群は損傷を7.5×7.5cmの枠で囲み、「ゑすCP-████」と呼称することを開始しました。SCP-XXX-JP内での収容難易度は会話から「Seefu」と推測されています。

インシデントXXX-JP 2021/11/04: SCP-XXX-JP-A-7(当報告書ではSCP-XXX-JP-A-7-1と設定)がSCP-XXX-JP-A-3に指令され損傷に接近、その瞬間消失しました。2秒後、SCP-XXX-JP-A-7-1が損傷から収容室内に体長1.8mの3次元体で出現しました。
以下はSCP-XXX-JP-A-7-1に行ったインタビュー記録です。

インタビュー記録XXX-JP-1

インタビュアー: 守谷博士

対象: SCP-XXX-JP-A-7-1

<記録開始>

SCP-XXX-JP-A-7-1: おい、ここから出してくれよ、何か、何か、気持ち悪ぃよ。

守谷博士: 落ち着いて下さい。SCP-XXX-JP-A-7-1、私達は貴方に何の危害も加えません。

SCP-XXX-JP-A-7-1: え、SCP!?[30秒間沈黙]…知ってるぞ、少し発音は違うが、普通とはかけ離れている物をそう呼ぶんだろ?なぁ、俺は何もないぜ、ただの一モジニン(SCP-XXX-JP-A群が自身の種族を表す際に使用する名詞)だぜ、なぁ、俺にはお前らが"ゑすCP"に見えるぜ、頭がゴツゴツしてて…何というか、[未知の単語]みてぇでよぉ。

守谷博士: そのことは、詳しく話せません。済みませんが、ここではSCP-XXX-JP-A-7-1とお呼びします。よろしいですか?

SCP-XXX-JP-A-7-1: [深呼吸音]…いや、俺のことは「Iつ-894021」と呼んでくれ、あっちでもそう呼ばれてるからな。

守谷博士: …分かりました、Iつ-894021、ここに来て何か感じたことはありますか?

SCP-XXX-JP-A-7-1: …何か変な感じだ、何て言うんだ、これ、何て言うか…ああ、言葉が見当たらねぇ、要するに驚いてる。こんな常識外れの世界があるとはなぁ。

守谷博士: 分かりました。では、Iつ-894021…そちらの世界はどの様な感じなのですか?

SCP-XXX-JP-A-7-1: どうって…普通だな。ただの二次元の世界って感じだ。…ごめんな、ホントに当たり前の世界過ぎてそうとしかうまく説明できねぇんだ。[7秒間沈黙]ああ、もしかしてあっちの世界のやってることを言ってるのか?そうだったとしたら、そうだなぁ…不思議なものを研究する研究所みたいだな。まぁ、それ以外は知らねぇが。

守谷博士: …分かりました。これでインタビューを終了します。

SCP-XXX-JP-A-7-1: あ、その、一ついいか?…検査とか何やら終わったら、元の場所に戻して頂けねぇか?まあ、確かにあっちではひでぇ扱いを受けてるが、こっちよりは住み心地は良いからな。

守谷博士: 分かりました。検討しましょう。

<記録終了>

終了報告書: SCP-XXX-JP-A-7-1の体内をレントゲン検査しましたが、人間の臓器の内容と変化がありませんでした。また、SCP-XXX-JP-A-7の橙色の線分は着用物であり、地肌は他のSCP-XXX-JP-Aと同じ黒色であることが判明しました。SCP-XXX-JP-A-7-1には一通りの検査をした後、SCP-XXX-JP-A内に損傷を通して帰還させました。

追記: この5日後、D-3112を損傷に接触させたところ、全ての通信機器が遮断され、SCP‐XXX‐JP内に転移されました。D-3112はSCP‐XXX‐JPに捕獲、尋問を実施された後簡単な検査を施され、損傷を通して帰還されました。

インシデントXXX-JP 2022/12/08: 収容室内の人間の発したコミュニケーション内容が損傷を通してSCP-XXX-JP-Aへ伝達可能であることが判明しました。財団はこの事実をSCP-XXX-JP-Aに対し隠蔽していました。しかし、SCP-XXX-JP-Aは独自の研究を行い、この事実を発見されてしまいました。その4時間後、SCP-XXX-JP-A-2(当報告書ではSCP-XXX-JP-A-2-1と設定)が財団に対し損傷を通してコンタクトを試みていることが観測されたため、守谷博士が対応しました。
以下は、その際の音声記録です。

インタビュー記録XXX-JP-2

インタビュアー: 守谷博士

対象: SCP-XXX-JP-A-2-1

<記録開始>

SCP-XXX-JP-A-2-1: ゑすCP-████-1聞こえますか、私は"あとまや博士"です。聞こえましたら返信をお願いします。ゑすCP-████-1聞こえ…

守谷博士: 聞こえますよ、SCP-XXX-JP-A-2-1。こんにちは。

SCP-XXX-JP-A-2-1: [2秒間沈黙]…やはりそちらの世界ではIつ-894021の報告通り私達がオブジェクトとなっているのですね。驚きました。

守谷博士: はい。…正直私も驚いています。SCP-P-JP-A-2がSCP-P-JPの傷をオブジェクトにしてしまうとは…。多分ですが、私達はお互い同じ境遇に遭っているのかも知れません。そう思いませんか?

SCP-XXX-JP-A-2-1: …同意します、ゑすCP-████-1-1。…私は"あとまや博士"と呼んで下さい。…3つほど質問があるのですが、宜しいでしょうか。

守谷博士: はい、代わりに私からも1つ質問をしたいのですが、宜しいでしょうか。あと、私は守谷博士と呼んで下さい。

SCP-XXX-JP-A-2-1: …分かりました、応じましょう。では、1つ目の質問です。あなたたちは、その、本当に三次元の存在なのですか?ISOΔP8-CIが証言してたので。

守谷博士: はい、そうですよ。

SCP-XXX-JP-A-2-1:

守谷博士:

SCP-XXX-JP-A-2-1: 成程。では、2つ目の質問です。貴方達は

インシデントXXX-JP 2022/02/10:

インシデントXXX-JP 2022/02/21:

インシデントXXX-JP 2022/04/30:

[[>]]
[[module Rate]]
[[/>]]
**アイテム番号:** SCP-XXX-JP

**オブジェクトクラス:** Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

**特別収容プロトコル:** [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

**説明:** [SCPオブジェクトの性質に関する記述]

**補遺:** [SCPオブジェクトに関する補足情報]

[[include component:image-block
|name=ファイル名.jpg
|caption=このテキストは画像の下に表示されます。
]]

[[module css]]
.fakeprot .mailform-box .buttons{
display:none;
}

.collapsiblealt .collapsible-block-link {
padding: 0.1em 0.5em;
text-decoration: none;
background-color: #F4F4F4;
border: 1px solid #AAA;
color: #000;
}
.collapsiblealt .collapsible-block-link:hover {
    background-color: #DDD;
color: #000;
}
.collapsiblealt .collapsible-block-link:active {
background-color: #DDD;
color: #000;
}
.collapsiblealt .collapsible-block-unfolded-link{
margin:0.5em 0;
text-align: center;
}
.collapsiblealt .collapsible-block-folded{
margin:0.5em 0;
text-align: center;
}

.fakeprot .passw input[type=text] {
    text-security:disc;
    -webkit-text-security:disc;
    -mox-text-security:disc;
}
[[/module]]
[[div class="fakeprot"]]
[[module MailForm to="aaaaアイウエオ(ダミー用)" button="" title="入力"]]
# name
 * title: 職員コード
 * default: Site:8192 Director Y.Gineri
 * type: text
 * rules:
  * required: true 
  * maxLength:10
  * minLength: 100
[[/module]]
[[div class="passw"]]
[[module MailForm to="aaaaアイウエオ(ダミー用)" button="" title="入力"]]
# affiliation
 * title: パスワード
 * default: ・・・・・・・・・
 * rules:
  * required: true 
  * maxLength:10
  * minLength: 100
[[/module]]
[[/div]]
[[/div]]

[[div class="collapsiblealt"]]
[[collapsible show="認証" hide="ログアウト"]]

いつも通りの折りたたみブロックと思いましょう!

[[/collapsible]]
[[/div]]
<style type="text/css">
@import url(http://scp-jp.wdfiles.com/local--files/japanese-syntax/scp-WikidotCss.css);
</style>
<script type="text/javascript" src="http://scp-jp.wdfiles.com/local--files/japanese-syntax/scpHTMLblockCtrl_ver1_ex.js"></script>
<script type="text/javascript">
isHTMLblockHide = true;
</script>

ここに記事の文章を入れてね

<div id="scpHTMLblockResizeSwitch"></div>
[!--
--]

収容スペシャリスト・ロボ又は職員W-001の人事ファイル

通称: 職員W-001("ロボ")

セキュリティクリアランスレベル: 3

職務内容: 職員人狼群の統率、記録媒体・ミーム・反ミーム・無生物系のオブジェクトの収容プロトコル考案と管理、厳木博士との共同研究

所在: サイト-81IL

獣人物: 収容スペシャリスト・ロボは体毛が青味のある灰色であり、胸、首回り、背中に副体色として薄い灰色の長毛のあるオオカミとハイエナの雑種(最初に記述してしまえば、職員人狼群全員がその様な種族です)です。ただし、ハイエナ要素は希薄であり、よく観察しない限り特徴を確認することは困難です。収容スペシャリスト・ロボの口は悪いですが、性格は至って真面目で、職員人狼群に対してはとても優しいです。ただ、行き過ぎた行動をするとその人物のみに対し粗暴な対応を取ることがあります。また、非常に勤勉であり、日本語や収容スペシャリストの資格などを独学で習得しました。

収容スペシャリスト・ロボは職員人狼群限定ですが、突出した統率力を保持します。その実力としては、60%以上のミッションで一匹の死獣を出さない程です。ただし、一匹以上の死獣が出てしまうと収容スペシャリスト・ロボは1週間程度落ち込みます。

収容スペシャリスト・ロボは特性として、全ての情報媒体に記された

こちらは職員人狼群のデータベースです。任意のページをお選びください。

連絡サイト: サイト-8104、サイト-8113、サイト-8116、サイト-8123、サイト-8141、サイト-8144、サイト-8179、サイト-8180、サイト-8181、サイト-8186、サイト-81KA