romiiaの砂箱
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: サイトXXX-JPは████国の開発プラントを装って、海上に人工島として設立されています。
SCP-XXX-JPを中心とした半径400mは、高さ20m、厚さ3mのコンクリートの隔壁で囲まれ、内側は海水が常に満たされています。

財団職員はSCP-XXX-JPの100km圏内、及び周辺国の航空機、空港との連絡を維持し、航空管制官に大規模な電気開発の影響により、電磁波干渉の可能性があることを勧告してください。20km圏内へ侵入した艦載機には即座に連絡を取り、進路を変更するか脱出するよう勧告してください。勧告を無視、および連絡不通だった場合は、民間ヘリコプターにより400m圏内上空を飛行しないように誘導してください。誘導に従わない場合は攻撃が許可されています。

SCP-XXX-JPから半径300m以内への多細胞生物の侵入はXXX-Wクリアランスを持った職員1名以外はどのような場合でも阻止してください。

1ヶ月おきにXXX-Wクリアランス職員によってSCP-XXX-JPの体積を観測してください。前回の観測と比較し、何らかの変化があった場合はすぐにサイト-8100に報告してください。また、300m圏内に居るXXX-Wクリアランス職員とは常に通信を続け、通信が遮断された場合、XXX-W職員はすぐに300m圏内から脱出してください。通信を受ける待機側の職員は、ドローンを操作し、隔壁内から出る物がないか観察してください。また、通信遮断から1時間が経過し、XXX-Wクリアランス職員がSCP-XXX-JP300m圏内から戻らない場合は、障壁内に無人機で致死毒を散布してください。

説明: SCP-XXX-JPは、水面上に露出した部分の高さが8m、直径100mの氷塊です。周辺の温度が氷の融点を超えた場合でも溶けることがなく、いかなる手段を用いても欠損させることができませんでした。SCP-XXX-JPの特性上、大規模な調査が不可能なため、水面下の大きさは不明です。SCP-XXX-JPの中央をを中心とした半径約300mへと接近すると、個人で侵入した場合は例外を除いて、大きな記憶の変動と、性格の変化が発生しました。過去に記憶処理を受けていた人間が侵入した場合には、記憶処理の効果が失われました。また、個人で侵入した場合に一切の異常が現れない例外が発生する場合があります。例外の発生には規則性は無く、実際に侵入する以外での確認ができませんでした。現在はエージェント███のみが例外として認定され、XXX-Wクリアランスとして登録されています。

複数の多細胞生物が300m圏内に侵入した場合、その全てが生物学的には異常性のない未知の生物SCP-XXX-JP-Aへと変化します。また、変化したSCP-XXX-JP-Aが同じ形状になった例は確認されていませんが、多くの場合繁殖の準備が整った状態に変化します。

補遺: インシデント████████発生後、SCP-XXX-JPの体積が大きく減少しているのが確認されました。関連オブジェクトとの関係性および、それによって発生した現象は不明です。

補遺2、及び補遺3を閲覧するには復号化キーを入力してください