Resurrec 1
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-3188

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-3188に対しては、以下の警戒収容プロトコルに対応するフラグが立てられています。

  • CK-クラス現実再構築シナリオ誘発の危険
  • 情報災害事象
  • 監督司令部の構成員が一名以上関与

SCP-3188の存在は、レベル5セキュリティクリアランスを有する職員及び監督司令部の議決によって直接許可が与えられた人物のみに知らされます。過去にプロジェクト・トレイルヘッドに任命されていた現職の職員は、SCP-3188の収容に寄与するあらゆる活動への関与が禁止されます。

SCP-3188の全文書は分割処理を施されています。一個人が閲覧可能なSCP-3188の詳細情報が全体の15%以下となるように、データベースへのアクセス制限が設けられています。SCP-3188文書の特定箇所は、監督司令部の特定メンバーのみが閲覧可能となっています。

プロジェクト・トレイルヘッドの記録は削除されています。当該プロジェクトに関与した上級職員は退職し、財団の現行活動に不可欠であると判断された職員は記憶改変を施され、プロジェクトの記憶を抹消されています。波状崩壊改変に関する研究について過去に出された指令は撤回されました。プロジェクト・トレイルヘッド及び波状崩壊改変の危険に関する情報が監督司令部の外部に持ち出されることはありません。

SCP-3188の現存情報は、監督司令部の残存メンバーの安全を図ることを唯一の目的として保存されます。SCP-3188のさらなる研究、特にSCP-3188の責任者を任命すること、事象の全般に渡る考察を行うことは禁止されています。

説明: SCP-3188は2018年4月27日に発生したO5-9の殺害です。緊急情報プロトコルにより、O5-9の身元情報が監督司令部の全体に対して開示されています。O5-9の本名はヘルムット・ロスであり、過去にドイツ連邦銀行の地方統括長を務め、国際的な影響力を有する資本家でした。死亡時に保有していた資産の時価総額は258億米ドルと見積もられています。

情報災害セキュリティプロトコルに従い、認可済みの一部職員に対する以下の情報開示が許可されました。

2018年4月27日朝、O5-9がウィーンの自宅のダイニングルームにて死亡していることがオーストリア警察により発見されました。捜査官らは他殺を確信しています。

補遺3188.1 - プロジェクト・トレイルヘッド

監督司令部メンバーの標準的な死後処理の一環として、O5-9が残した記録の全体を財団職員が閲覧可能な状態になりました。調査にあたってプロジェクト・トレイルヘッドの存在が明らかになりました。当該プロジェクトでは少数の上級財団職員が徴用され、複数の外部団体との間に匿名契約が交わされていました。

プロジェクト・トレイルヘッドの目的は、O5-9に対する高精度の個人防御機構を設計することであったと見られています。当プロジェクトの一環として、量子デコヒーレンスの特性、並びに観測宇宙内の特定の指向状態へ影響を与える波動関数の安定制御の実用化に関する研究1が行われました。チームは結果的に、既定プレーン存在下におけるO5-9の周辺領域の限定的な制御を達成しました。

トレイルヘッドを監督していたO5-9及び財団職員は、普遍的波動関数の改変によりO5-9の死を老衰ないし病気による自然死に限定することに成功したと信じるに至りました。これはO5-9に対する暴力ないし著しい傷害を妨げる防壁として機能することが期待されました。研究者らは、O5-9の死亡時点でトレイルヘッドの存在を監督司令部の全体に開示する予定であったと考えられています。収集された証拠によれば、プロジェクトは実験ケースとして取り扱われており、代替不可能な他の財団職員に適用される予定でした。

トレイルヘッドの成功に対する研究者らの確信から、O5-9は9mmハンドガンを自身の頭部に発射することを請負人に指示し、プロジェクトの実効性を試験しました。武装スタッフが事前に銃の動作を確認したにも関わらず、発射は失敗し、複数回の試行の全てが不発に終わりました。一連の手順は、異なる財団サイトから取り寄せられた5種類の異なるハンドガンで繰り返され、いずれも不成功に終わりました。

最終的に、O5-9は2018年4月27日に変死を遂げたことが記録されました。当該日時におけるトレイルヘッドの破綻の原因は不明です。