Red_Selppa

メタタイトル (原題: 過去改変協力者) の翻訳案(英語の案 <注釈> )
1. Retroconverting Cooperator <逐語訳。「過去改変」に相当する言葉がないので近い言葉を使用>
2. A Retro-bender <よりreality-benderに近づける形に書き換え>
3. To Give You An Alternative Present <present (現在/贈り物)のダブルミーニング>

評価: 0+x
Public_telephone+.jpg

SCP-646-JP at time of recovery. ##blue

Item #: SCP-646-JP
アイテム番号: SCP-646-JP

Object Class: Keter Neutralized
オブジェクトクラス: Keter Neutralized

Special Containment Procedures: SCP-646-JP is currently stored in a high-risk object storage at Site-81██. Assigned personnel are to perform regular reviews on its anomalous properties.
特別収容プロトコル: 現在、SCP-646-JPはサイト-81██の高危険度物品保管室に保管されています。担当者は定期的にSCP-646-JPの異常特性について、再評価を行なってください。

Description: SCP-646-JP is a 19██ digital public telephone, which was operated by ██████ Corporation. There is no visual or structural difference between SCP-646-JP and normal phones of the same model. SCP-646-JP can be used normally for calling. There is a note on the internal wall of the phone booth containing SCP-646-JP. The note contains a message "If you want a change, please call me" in Japanese and an 11-digit telephone number1.
説明: SCP-646-JPは██████社によって運営されていた19██年製のデジタル公衆電話です。同型の公衆電話と外見上/構造上の差異はなく、通常通りの手順で通話を行うことが可能です。また、SCP-646-JPを収納している電話ボックス内部には1枚の紙が張られており、そこには「変えてほしい方はこちらまで」という文章とともに11桁の電話番号2が書かれています。

When the telephone number is dialed on the SCP-646-JP, a particular individual, who is designated as SCP-646-JP-A, will answer.3 Subjects calling SCP-646-JP-A report that its voice sounds male one. Only the subject taking up the receiver can catch the voice, and any other persons recognize it as a monotonous noise. SCP-646-JP-A speaks only Japanese in these calls, ignoring any speeches in non-Japanese languages and attempts at conversation with SCP-646-JP-A.
SCP-646-JPに上記の電話番号を入力した場合、電話はSCP-646-JP-Aと指定される特定の人物へと繋がります4。SCP-646-JP-Aと通話を行った者(以下、被験者)はSCP-646-JP-Aの声を男性のものと報告しています。この男性の声は受話器を取った被験者のみにしか聞こえず、他の人間には単調なノイズ音として認識されます。なお、被験者との通話にSCP-646-JP-Aは日本語のみを使用し、被験者が日本語以外の言語を用いた場合やSCP-646-JP-Aとの会話を試みた場合は全て無視します。

When a call begins, SCP-646-JP-A asks the subject what he or she wants to change. If the subject requests to change "an object/matter (A)" into "another object/matter (B)," after a few seconds to several minutes silence, SCP-646-JP-A answers "I can't change" or "Okay" and ends the call. If the response is the former, SCP-646-JP's anomalous effects will not manifest. On the other hand, if the response is the latter, a reality shift changing "A" into "B" will occur just after the end of the call. No person other than the subject will realize this change or feel something strange. Fluctuation of Hume level has not been detected around the altered objects or matters, which can be attributed to the reality-bending process detailed later.
通話開始とともに、SCP-646-JP-Aは被験者に対して「変えたいものは何だ」と尋ねます。この問いに被験者が「"特定の物体/事柄A"を"別の物体/事柄B"に変えてほしい」という形で回答を行った場合、数秒から数分間の沈黙の後で、SCP-646-JP-Aは「それは変えられない」もしくは「分かった」とだけ返答を行い通話を終了します。返答結果が前者だった場合、SCP-646-JPの異常特性は発揮されません。一方で返答結果が後者だった場合、通話終了と同時に被験者が回答した通りの「"A"を"B"に変える」という形で現実改変が行われます。この現実改変について、被験者以外の人間が変化に気付くことはなく、違和感を抱くこともありません。また、改変された物体/事柄の周辺においてヒューム値の変動は確認されず、これは後述する改変経緯のためと考えられます。

After the anomalous event, any investigation into the altered things shows that an unknown male (designated as SCP-646-JP-B) was involved in the things. It is also revealed that all of the things were changed and redefinded into the current state by SCP-646-JP-B's actions at that time. From the above reasons, it is believed that the SCP-646-JP's reality-bending event occurs as a result of SCP-646-JP-B's retrocausality effects. Testimonies by witnesses and video footage taken of SCP-646-JP-B directly show that the entity appears to be a Japanese man aged roughly thirties in a suit. Some personnel hypothesize that SCP-646-JP-A and SCP-646-JP-B are the identical entity.
現実改変の完了後、改変を受けた事柄について調査を行うと、過去に不明な男性(以下、SCP-646-JP-B)がその事柄に関与していた事実を必ず確認できます。それに加え、SCP-646-JP-Bがその当時に取った何らかの行為の結果として、全ての事柄が現在の形に改変・再決定されていたことが明らかになっています。以上のことから、SCP-646-JPによる現実改変事象は、SCP-646-JP-Bが行なった過去改変の結果として齎されていると考えられています。なお、目撃者の証言やSCP-646-JP-Bを直接記録した映像から、SCP-646-JP-Bの外見はスーツを着た30代ほどの日本人男性であることが確認されており、一部ではSCP-646-JP-AとSCP-646-JP-Bを同一視する意見も挙がっています。

On 09/21/20██, SCP-646-JP was discovered in and recovered from the region of ██, ███ City, ██ Prefecture, Japan. Records show that it was installed there on 07/06/19██. However, given the fact that the anomalous characteristics and the poster in the booth did not exist at that time, it is assumed that SCP-646-JP recently gained its anomalous properties. When recovered, SCP-646-JP was considered an object that causes reality-shifts classified as Type Objects/Events Reconstruction. Results of Test Log 646-JP-8, however, uncovered potential risks, and SCP-646-JP has been classified as the current object class. After the Incident 646-JP, it has been reclassified as Neutralized.
SCP-646-JPは20██/09/21に██県██市███で発見、回収されました。調査より、19██/07/06にSCP-646-JPを当該地区に設置したとする記録が確認されています。しかし、設置当時には異常特性や張り紙が存在しなかったことから、最近になって異常特性が付与されたものと推定されています。回収当時、SCP-646-JPは物質/事象再構築型の現実改変を発生させるオブジェクトとして扱われていましたが、実験記録646-JP-8から得られた潜在的な危険性を鑑みた結果、現在のオブジェクトクラスへと分類されました。事案646-JPの後にNeutralizedへと再分類されました。

Addendum: The following are extracts from SCP-646-JP Test Logs.
以下はSCP-646-JP実験記録の抜粋です。

Incident 646-JP: In the test carried out on ██/██/20██, D-8164601 defied prior instruction and instead asked SCP-646-JP-A to let him free. D-8164601 was restrained instantly, but it was impossible to confirm whether or not reality-altering effects occurred because the call with SCP-646-JP-A was interrupted by the riot. Since the appearance of D-8164601 did not change and D-8164601 memorized that he made a call to SCP-646-JP-A, it was temporarily assumed that SCP-646-JP-A had not accepted his answer.
事案646-JP: 20██/██/██に行われた実験において、D-8164601は事前に指示されていた文章ではなく、SCP-646-JP-Aに対して「俺を自由にしてくれ」と回答を行いました。D-8164601は即座に拘束されたものの、その騒動の際にSCP-646-JP-Aとの通話が途切れたことで、現実改変の有無を確認できませんでした。その後、D-8164601に見た目上の変化が見られず、D-8164601自身がSCP-646-JP-Aと通話を行なったことを記憶していたことから、SCP-646-JP-AがD-8164601の回答を了承しなかったものと一時的に判断されました。

Afterward, testing was restarted with another D-class personnel. However, the personnel reported that when he entered the phone number on SCP-646-JP, it was not connected to SCP-646-JP-A and play machine audio saying that the number was not in service. By further verification tests ███ times, anomalous properties of SCP-646-JP were considered to disappear completely, and reclassification was carried out.
後日、実験は別のDクラス職員を用いて再開されました。しかし、SCP-646-JPに上記の電話番号を入力しても、SCP-646-JP-Aへと接続されず、入力した電話番号が存在しない旨を知らせる機械音声が流れるだけであることが報告されました。その後に行われた███回の検証実験から、SCP-646-JPの異常特性が完全に消失したものと判断され、再分類が行われました。

Appendix: After the incident on ██/██/20██, given the probability that the memory and personality of D-8164601 had been replaced with those of others, detailed investigation was carried out into his history. At that time, D-8164601 reported that his criminal record and history included an extra murder that he did not know. The written statements on the murder say that during D-8164601's first robbery, an unknown man in a suit suddenly entered the house, struggled with the robber, and was killed by him with a knife. In addition, the testimony of the robbery victim shows that the suited man attempted to stop him using various words: "Stop it," "Think twice," "It's not too late," etc.
追記: 20██/██/██の事案後、D-8164601自体が記憶/人格ごと他者と入れ代わっている可能性を考慮し、D-8164601の経歴について詳細な調査が行われました。その際、D-8164601は自身の前科・犯罪歴の中に、身に覚えのない殺人罪が追加されていることを報告しました。当時の供述書によると、D-8164601が初めて行なった強盗事件の際、突然見知らぬスーツの男が家屋に上がり込んできて揉み合いとなり、その時に持っていたナイフで男を殺害したという内容でした。また、強盗被害者の証言書には、スーツの男はしきりに「悪いことは止めるんだ」「考えなおせ」「まだ間に合う」などの言葉をD-8164601に投げ掛けていたと記述されていました。

The murdered man had been regarded as an unknown person and disposed as an unidentified decendent by the local government on 08/24/19██. Currently, the research on the relation between the male and SCP-646-JP is ongoing. As part of identifying the man, excavation of his body is under consideration.
上記の殺害された男性は身元不明人として扱われ、19██/08/24に地元自治体によって行旅死亡人として処理されました。現在、男性とSCP-646-JPについての関連調査は継続中であり、男性の身元調査の一環とした遺体掘り起こしも検討されています。

Author: amamielamamiel
Release Date: 21 Mar 2016
Link: SCP-646-JP
Source: SCP-JP
Translator: Red_SelppaRed_Selppa



  1. SCP-379 - 機械フェロモン (2015/02/14)
  2. SCP-1882 - MC&D社テレビ (2015/03/17)
  3. SCP-2722 - SCPS団結号 (2015/04/15)
    1. 2722-मा-7A、回収されたもの (2015/04/15)
  4. FAQ;~ヒュームって一体全体なんだ? Part2 (2015/07/18)
  5. コードネーム:翠の王 (2015/07/20)- 翠の王シリーズ
  6. SCP-2782 - 「群がるものたち」 (2015/08/10)- 神聖科学シリーズ
  7. 翠の王子 (2015/08/21)- 翠の王シリーズ
  8. SCP-2615-J - 手を叩いて (2015/08/25)
  9. SCP-2615 - 信じるなら (2015/08/25)
  10. 作り目 (2015/09/23)
  11. 翠の歩兵 (2015/10/24)- 翠の王シリーズ
  12. SCP-2530 - 翠玉聖歌隊 (2015/12/25)- 翠の王シリーズ
  13. 任務 (2016/01/28)- 翠の王シリーズ
  14. 憑依済み (2016/02/14)- 翠の王シリーズ
  15. 返信: (2016/03/22)- 翠の王シリーズ
  16. SCP-1703 - 軽光灯(2016/04/25)
  17. フィクラ (2016/05/26)- 翠の王シリーズ
  18. ハヴァ (2016/06/22)- 翠の王シリーズ
  19. イスラム・アーティファクト開発事務局ハブ (2016/07/14)
  20. SCP-1308 - ハンガリアン・フローター (2016/07/16)
  21. SCP-1978 - 不完全な償還 (2016/08/12)
  22. これはコンテスト作品ではありませんが神格コメディです (2016/08/18)
  23. 警報! 封鎖開始! (2016/09/07)- AIADシリーズ
  24. コマンド・クエリ分離原則 - AIADシリーズ(2016/09/21)
  25. 多重暗号化 (2016/09/21)- AIADシリーズ
  26. クロック・マルチプライヤ (2016/10/01)- AIADシリーズ
  27. ヌル終端文字列 (2016/10/01)- AIADシリーズ
  28. SCP-2595 - せき立てられた進化 (2016/10/08)
  29. SCP-2274 - 彼は立つ (2016/10/09)
    1. インタビュー記録2274-1 (2016/10/10)
  30. 2009年ギアーズの誕生日コンテスト (2016/10/15)
  31. 世界の歴史パート2 (2016/11/20)
  32. SCP-2907 - もう騙されたりなんかしない (2016/12/04)
  33. 世界の歴史パート4 (2017/03/19)
  34. SCP-3000コンテスト (2017/03/23)
  35. SCP-3002 - 思考抹殺計画 (2017/04/20)
  36. SCP-3901 - レイチェル・パークス (2017/04/26)
  37. SCP-KOの略史 (2017/05/01)
  38. SCP-2589 - こんな形で私を置いていかないで (2017/06/24)- 神聖科学シリーズ
  39. 神聖科学 (2017/07/09)- 神聖科学シリーズ
  40. SCP-2229 - ローマ市民へと遣わされた大熊座の大使 (2017/07/14)
  41. SCP-3682 - 再臨 (2017/10/15)- 神聖科学シリーズ
  42. SCP-1512-EX - 3Dバイオプリンティング (2017/12/09)
  43. SCP-3199 - 誤れる人類 (2017/12/17)
  44. ORIA 覚書083 プロジェクト「後見」に関して (2018/01/05)
  45. SCP-1945 - 低速スキャン信号 (2018/01/28)
  46. SCP-3201 - ああ、あの頃は低エントロピーだったな (2018/02/04) - aoneaone氏との共訳
  47. 72時間ジャムコンテスト (2018/02/17)
  48. SCP-3154 - 終末状態誘発物体 (2018/02/17)
  49. SCP-3211 (現在は削除済み) - 思い出すに足る、復讐するに値する (2018/02/17)
  50. SCP-3980 - 盲者の手引く盲者 (2018/03/04)
  51. SCP-2074 - アクセス稼ぎ (2018/03/11)
  52. Game Day Part 1: レプリカの攻撃 (2018/04/08)
  53. Game Day, Phase 2: Contain (2018/04/15)
  54. Game Day, Phase 3: Protect (2018/04/15)
  55. SCP-2128046979-J - 何も知らないんだな、あの子は違うサイトで働いてるんだ! (2018/04/18)
  56. アンチウィルス (2018/05/15)
  57. 虫酸は走る (2018/05/15)
  58. 終末の日コンテスト (2018/05/18)
  59. SCP-1978 - ヴァルシング

SCP完訳以外