Red_Selppa

通知: この記事はインターナショナルコンテストの作品の1つです! もちろんこの記事にvoteを行なっても構いませんが、インターナショナルwikiでカウントされるのはこのページの英語版へのvoteのみです。英語を話せない場合は、こちらで記事を読み、インターナショナルwikiでvoteを行なってください。

評価: 0+x
画像差し止め中
SCP-4684のミュンヘン本部

アイテム番号: SCP-4684

オブジェクト分類: Thaumiel1

特別収容プロトコル: SCP-4684が所有・管理する全ての施設は、その施設と同じ地区に建設された財団管理の観測所から監視を行ってください。ミュンヘン協定への違反がない限り、財団はこれらの施設に直接干渉してはなりません。
Special Containment Procedures: All facilities owned and operated by SCP-4684 are to be monitored by Foundation operated observation posts, established within the same city districts as the facility in question. The Foundation is not to directly interfere with these facilities, unless it is in accordance with the Munich agreement.

SCP-4684-AやSCP-4684-Bの職員で構成されるグループは特別機動部隊オメガ-21 ("秘密執行人アーケイン・インフォーサーズ") の分隊として内密にリスト化され、同様の構成を持つ標準的な機動部隊と同等の特権とアクセス権が与えられます。
Groupings of SCP-4684-1 and SCP-4684-2 personnel are to be internally listed as detachments of Special Task Force Omega-21 ("Arcane Enforcers"), and given the same access rights and freedoms as a standard MTF unit of similar composition.

財団奇跡論部門は財団とSCP-4684が共同で所有・管理する施設に一定数の職員を割り振ってください。これは両組織で使用する新たな奇跡論術や関連機器の開発が目的です。
The Foundation Department of Thaumaturgy is to designate a certain number of staff to a facility owned and operated jointly by the Foundation and SCP-4684, for the purpose of developing new thaumaturgic workings and equipment for use by both organisations.

説明: SCP-4684は主にドイツならびに近隣のドイツ語圏国家で活動する超常関連法執行機関です。SCP-4684はGoI-███ (魔術師学会と深い関わりがあり、当団体の構成員同士、あるいは当団体が自身の所有下にあるとみなしていた地域における違法な奇跡論術の行使を防止する役割を担っていたと推測されています。現在SCP-4684が所有・管理している施設はドイツと周辺ドイツ語圏国家に83件存在しています。
Description: SCP-4684 is a paranatural law enforcement agency operating primarily within Germany, and nearby germanophone countries. SCP-4684 is closely related to GoI-███ (The Mages Academy), and is assumed to adopt the role of preventing the use of outlawed thaumaturgical practices within the group's membership, or in any areas that it considers to be a part of its holdings. Currently, there are 83 facilities in Germany and surrounding germanophone countries owned and operated by SCP-4684.

SCP-4684は本稿執筆現在、高脅威の異常な実体や現象、地域を発生させうる奇跡論術を████件、および低度もしくは中程度の脅威となる異常の発生をもたらしうる奇跡論術を██████件、阻止あるいは封じ込めることに成功しています。
SCP-4684 has, at time of writing, successfully prevented or contained upwards of ████ thaumaturgical workings that would have resulted in highly threatening anomalous entities, events or locations, and ██████ that would have resulted in the formation of moderate or low threat anomalies.

SCP-4684のエージェント (以下SCP-4684-Aと呼称) は基本的に基準世界の人類であり、その多くが高度な奇跡論術の能力あるいは物品を保有しています。SCP-4684-Aは基本的に画一的な青色のスーツジャケットとそれ以外の身体部分を覆う黒色のワンピースのボディースーツを制服として身につけています。SCP-4684に雇用されているエージェントで構成された比較的小さな下部組織 (確認できた限りの構成員のうちおよそ10%を占めます。以下SCP-4684-Bと呼称) は奇跡論術の能力を持たず、代わりに事務的な仕事を担当しており、制服の相違がこの事実を反映しています。これが心理学的あるいは超常法的な理由によるものなのか、実行にあたり宗教的基盤を必要とする秘教的奇跡論術を行使するためのものであるのかは現時点では不明です。
Agents of SCP-4684, hereafter referred to as SCP-4684-A, are typically baseline humans, usually in possession of high grade thaumaturgic capabilities or artifacts. SCP-4684-A are typically uniformed in standardised blue suit jackets, with a black one piece bodysuit covering the rest of the body. A relatively small subset of agents employed by SCP-4684 (making up an approximate total of 10% of the observed workforce), hereafter referred to as SCP-4684-B, possess no thaumaturgic capabilities, and instead serve a clerical role, with modified uniforms to reflect this fact. It is currently unknown if this is to serve a psychological or para-legal role, or if it is to take advantage of esoteric thaumaturgic workings that rely on a religious basis in order to operate.


補遺4684/A: インタビュー記録
Addendum 4684/A: Interview log

インタビュー対象: シスター・ヴィーデルシュタント。SCP-4684-Bの構成員であり、SCP-4684の施設外での単独行動中に確保されました。以下PoI-4684-1と呼称します。
Interviewed: Sister Widerstand, instance of SCP-4684-B captured whilst outside of an SCP-4684 facility and solitary. Referred to here as "PoI-4684-1"

インタビュアー: フィッシェル博士。サイト-DE17の物流スペシャリスト。
Interviewer: Dr. Fischer, logistics specialist at Site-DE17.

前書: PoI-4684-1の確保とその後のインタビューはミュンヘン協定締結以前に行われたものであり、そのため交渉中は複数の争点に対する根拠事由となりました。本インタビューはドイツで行われたものであり、以下はその翻訳です。
Foreword: Capture of PoI-4684-1 and the subsequent interview were conducted prior to the Munich Agreement, and was therefore the basis for several points of contention during the negotiation phase. This interview was conducted in German, and has been translated.

<記録開始>
<Begin Log>

フィッシェル博士: こんにちは、ミス・ヴィーデルシュタント。
Dr. Fischer: Good afternoon, miss Widerstand.

PoI-4684-1: もしよろしければ「シスター・ヴィーデルシュタント」と。
PoI-4684-1: Sister Widerstand, if you'd be so kind.

フィッシェル博士: 失礼いたしました。インタビューを始めてもよろしいでしょうか?
Dr. Fischer: Apologies, may we begin the interview?

PoI-4684-1: インタビューという名の尋問ですがね。始めても構いませんよ。
PoI-4684-1: An interesting name for an interrogation, but you may begin when ready.

フィッシェル博士: 了解しました。まずあなたの組織の名前からお願いします。
Dr. Fischer: I see. Let's begin with the name of your organisation.

PoI-4684-1: 秘密捜査特別警察班 #gray|(Arcane Investigation Special Police Squad)##4で働いています。
PoI-4684-1: I work for the Arcane Investigation Special Police Squad.5

フィッシェル博士: メモを取らせていただきます。その組織でのあなたの役割は何ですか?
Dr. Fischer: I shall make a note of that. What is your role within your organisation?

PoI-4684-1: 私は事務員で現場のサポートを担当しています。基本的には魔法実体を追放したり、祈祷を使ってチームの意思を直接執行する仕事です。
PoI-4684-1: I am a part of the clergical staff, and serve a support role in the field. Typically, this consists of banishment of magical entities or directly enforcing my team's will through prayer.

フィッシェル博士: なるほど……よく分かりました。失礼ながら申し上げさせていただきますが、あなたがたは我々に対してかなり不敵な態度を取られているようですね。
Dr. Fischer: That… Actually makes sense. If you don't mind me saying, you're being very forwards with us.

PoI-4684-1: あなたの言うところの、私の「組織」はあなたたちから仕事の邪魔立てという激しい妨害を受けています。このドイツに何人の魔法使いがいると思うか、言ってごらんなさいドクター。
PoI-4684-1: My "organisation," as you call it, has been greatly impeded by your interruptions in our work. Tell me doctor, how many mages do you think are in Germany?

フィッシェル博士: 数百でしょうか? あなたの組織を除けば300人もいないでしょう。
Dr. Fischer: A few hundred? No more than three hundred outside of your organisation.

PoI-4684-1: ドクター、魔法使いは8000人以上もいて、その大半はどんなに良くても並程度のモラル意識しかないのですよ。
PoI-4684-1: Doctor, there are over eight thousand mages, the majority of which are of moderate moral standing at the best of times.

フィッシェル博士: ……えっ。
Dr. Fischer: …Oh.

PoI-4684-1: お分かりでしょうが、今の状況は正さなければなりません。超常犯罪活動防止の支援のために正式な形で私たちの組織とコンタクトを取ることを提案します。あなたたちにとっても利益のあることだと思いますが?
PoI-4684-1: As you can see, the current situation requires amendment. I would suggest contacting our organisation through official means in order to assist in the prevention of paracriminal activity. I believe that would be in your interest as well?

フィッシェル博士: おっしゃる通りこれは由々しき事態です。上に掛け合ってみましょう。このインタビューは8時12分に終了します。ご協力ありがとうございました、シスター。
Dr. Fischer: It is unfortunately as you say. I'll have a word with my superiors. This interview is terminated at twelve minutes past eight. thank you for your time, Sister.

<記録終了>
<End Log>

終了報告: PoI-4684-1への記憶処理は失敗に終わり、PoI-4684-1はSCP-4684の構成員として職務復帰することを許されました。
Closing Statement: PoI-4684-1 was amnesticated unsuccessfully, and allowed to resume working as part of SCP-4684.

補遺4684/B: ミュンヘン協定
Addendum 4684/B: The Munich Agreement

財団渉外部門 (DEA)

Foundation Department of External Affairs (DEA)

現在、秘密捜査特別警察班 (以下SCP-4684と呼称) と共同での財団の活動はドイツ語圏地域に存在する敵対的な奇跡論関連のエージェントの増加に対応することに成功しています。こうした問題への対処に向けて収容プロトコルの交渉を行うため、20██/09/21に財団とSCP-4684双方の職員による会談が行われました。この交渉はSCP財団とSCP-4684の間でのみ行われ、その母体となる要注意団体「魔術師学会」は財団の現行の超常存在収容に関する運用手順に協力しないと見られ、参加対象外でした。
Current Foundation operations associated with the Arcane Investigations Special Police Squad, herein referred to as SCP-4684, have been successfully linked to the increased presence of hostile thaumaturgical agents within germanophone regions. A discussion was held on 21/09/20██ between members of both the Foundation and SCP-4684 for the purpose of renegotiating containment procedures in order to counter this effect. This negotiation is solely between the SCP Foundation and SCP-4684, and does not extend to the parent group of interest "The Mage's Academy," which would not serve the Foundation's current modus operandi of containment of the paranormal.

出席者:
IN ATTENDANCE:

  • シスター・ヴィーデルシュタント (SCP-4684)、前回の財団との接触を理由に職員による請願を受けて参加。
  • リントフライシュ長官 (SCP-4684)、SCP-4684内で本会談に参加できる最高位の職員。
  • ヘニング・ベッヘル (SCP-4684)、対外交渉官。
  • アンゲラ・██████ (ドイツ政府)、本会談の調停のため中立な第三者として選出。事前に概要を説明し、会談への参加終了後にクラスB記憶処理化合物を投与しました。
  • フィッシェル博士 (財団)、前回のSCP-4684との接触を受け、職員による請願を受けて参加。
  • マーリンガテ博士 (財団)、現在のSCP-4684プロジェクトにおけるプロジェクト主任。
  • マシュー・マークソン (財団)、DEA交渉官、以前はThaumielアノマリーの収容スペシャリストを担当。
  • Sister Widerstand (SCP-4684), present at personal request, reasoning previous interactions with the Foundation.
  • Chief Rindfleisch (SCP-4684), highest ranking member of SCP-4684 organisation able to attend the discussion.
  • Henning Becker (SCP-4684), external affairs liaison.
  • Angela ██████ (German Government), impartial third party chosen to mediate the discussion. Briefed beforehand, and then subjected to class B amnestic compounds after the conclusion of their involvement in the discussion.
  • Dr. Fischer (Foundation), present at official request, citing previous interactions with SCP-4684
  • Dr. Maringate (Foundation), project lead on the current SCP-4684 project.
  • Matthew Markusson (Foundation), DEA liaison, former containment specialist for Thaumiel anomalies.

本会談は財団収容・研究サイト-DE17で行われ、両組織が遵守する約款が完成しました。この内容は本文書にまとめられ、「ミュンヘン協定20██/09/21」の名前でファイリングされています。
The discussion, hosted within Foundation Containment and Research Site-DE17, resulted in a series of stipulations for both parties to adhere to, which have been collected in this document and filed under the name "The Munich Agreement 21/09/20██".

約款:
STIPULATIONS:

SCP財団:

  • 機動部隊プサイ-4を直ちに解散し、構成員は必要に応じて財団各所に再割り当てすること。
  • SCP-4684の収容の一環として財団が管理している地域は速やかにSCP-4684もしくは一般市場に適宜返還すること。
  • 財団は奇跡論的戦闘の現場で利用可能な専門知識および資源を提供すること。
  • 財団はSCP-4684の活動の妨害を行わないこと。
  • 財団が直接的、あるいは間接的にSCP-4684で働く職員を妨害することは禁止とする。
  • Mobile Task Force Psi-4 is to be immediately disbanded, and its members redistributed throughout the Foundation workforce as appropriate.
  • All sites controlled by the Foundation as a part of the SCP-4684 containment effort are to be immediately returned to either SCP-4684 or to the open market as appropriate.
  • The Foundation is to provide expertise and resources where applicable in the field of thaumaturgic combat.
  • The Foundation is to avoid impeding the operation of SCP-4684.
  • The Foundation is forbidden to impede personnel working for SCP-4684, either directly or indirectly.

SCP-4684:

  • SCP-4684は活動地域内の超常犯罪の阻止を再開すること。
  • SCP-4684は全ての活動場所の一覧を財団に提出すること。
  • SCP-4684に勤務する全職員を目録化し、財団に提出すること。
  • SCP-4684が行う活動には義務的な隠蔽活動を含めること。本条項に違反した場合、これらの活動に対する財団の管理権限が強化される。
  • SCP-4684は財団の活動の妨害を行わないこと。
  • SCP-4684 is to resume the prevention of paracrime in the areas in which it operates.
  • SCP-4684 is to submit a full list of its locations to the Foundation
  • All personnel working for SCP-4684 are to be catalogued, the results of which are to be submitted to the Foundation.
  • Operations carried out by SCP-4684 are to include a mandatory cover-up operation, failure to do so will result in increased Foundation control over these operations.
  • SCP-4684 is to avoid impeding the operation of the Foundation.

両団体:

  • 財団の援助を受け、SCP-4684は主に非正常な奇跡論的脅威 (特に宇宙外を起源とする実体) に対して有効な道具や術を開発するために奇跡論工学部門を設立すること。この部門の成果は財団とSCP-4684双方で共有する。
  • 両団体は財団奇跡論スペシャリストとSCP-4684エージェントが互いの組織から適切な技術を得ることを目的に職員交換プログラムを実行すること。このプログラムの第二の目的は相手方の組織における活動方法をより深く学ぶことである。
  • With the Foundation's assistance, SCP-4684 is to establish a thaumaturgic engineering department, for the primary purpose of developing tools and workings effective on extranormal thaumaturgic threats, primarily manifested entities from extrauniversal sources. The results given by this department would be shared between the Foundation and SCP-4684.
  • Both organisations are to engage in a personnel exchange program, in which Foundation thaumaturgy specialists and SCP-4684 agents will gain appropriate skills from the opposite organisation. The secondary objective of this is to learn more about the other organisation's mode of operation.


ミュンヘン協定の施行以後、SCP-4684は████件の超常犯罪事例を解決しており、そのうち███件には財団が直接的な支援を行なっています。
Since the implementation of the Munich Agreement, SCP-4684 has concluded ████ paracrime cases, ███ of which were directly assisted by the Foundation.
評価: 0+x
画像差し止め中


説明:

このコンテストでは、他の支部の要注意団体を題材とした記事を執筆しなければなりません。全支部における個々の全GoIに関する簡単な概要を見たい場合はGoI Indexを参照してください。このコンテストの主催者はThePaperMaskThePaperMaskです。

コンテストルール


選んだGoIを予約済みであると明記する必要があることを忘れていらっしゃる方が多いようです。忘れないでください。

要注意団体

通知: グループは、メンバーの出身と同じ支部のGoIを主題にできません! 詳細はルール3.2.を参照してください。

参加者

単独参加者:

ユーザー名: tasteisgonetasteisgone

要注意団体: "博士" (日本支部)


エントリー作品:

ユーザー名: Kyle ReevesKyle Reeves

要注意団体: プラグソフト (韓国支部)


エントリー作品:

ユーザー名: IdrimiIdrimi

要注意団体: 第25局 (ドイツ支部)


エントリー作品:

ユーザー名: PlayNice9001PlayNice9001

要注意団体: 有限会社荘厳住宅 (ポーランド支部)


エントリー作品:

ユーザー名: VertigoTheFirstVertigoTheFirst

要注意団体: 聖クリスティーナ大学 (中国支部)


エントリー作品:

ユーザー名: Afro Nerd 1Afro Nerd 1

要注意団体: 販売員ミヨコ (日本支部)


エントリー作品:

ユーザー名: Aleph-NullAleph-Null

要注意団体: カエクス・カーネリアナ・コレクティブ (ドイツ支部)


エントリー作品:

ユーザー名: Ellie3Ellie3

要注意団体: 音楽審美学 (タイ支部)


エントリー作品:


ユーザー名: CasponautCasponaut

要注意団体: ザ・シビリアン (タイ支部)


エントリー作品:

ユーザー名: BolterpyreBolterpyre

要注意団体: レリカリオ (ポルトガル支部)


エントリー作品:

ユーザー名: LivesKelpVisorLivesKelpVisor

要注意団体:ヒト教育開発研究機構 (ドイツ支部)


エントリー作品:

ユーザー名: CretinusVoxCretinusVox

要注意団体: 黒魔術師協会 (タイ支部)


エントリー作品:

ユーザー名: Dr TricksterDr Trickster

要注意団体: 大富豪ミスター・ロイヤーズ (タイ支部)


エントリー作品:

グループ:

チーム名: ニコの天使 Nico's Angels

チームメンバー: Uncle NicoliniUncle Nicolini (キャプテン)、9Volt9Volt, FloppyPhoenixFloppyPhoenixsepiafishiesepiafishie
要注意団体: SAPPHIRE (フランス支部)


エントリー作品:

チーム名: 肉のカーニバル A Carnival Of Flesh

チームメンバー: PeppersGhostPeppersGhost (キャプテン)、Captain KirbyCaptain Kirbypsulpsul
要注意団体: ミート・サーカス (ロシア支部)


エントリー作品:

チーム名: 軍団イタリカ Legio Italica

チームメンバー: DrGraphDrGraph (キャプテン)、Dr AisenbergDr AisenbergDrHostenDrHostenDr MeledaDr Meleda
要注意団体: ラプターテック・インダストリーズ (ドイツ支部)


エントリー作品:

チーム名: 転売屋 The Resellers

チームメンバー: ZeroManZeroMan (キャプテン)、Reflect_STReflect_ST, GoldenbrownGoldenbrownUFRLammarUFRLammar
要注意団体: 驚異の小部屋 (ドイツ支部)


エントリー作品:

チーム名: 起こり得る最悪 The Worst That Could Happen

チームメンバー: Dr OreDr Ore (キャプテン)、slashannemooslashannemoo
要注意団体: リュミエール騎士団 (フランス支部)


エントリー作品:

チーム名: 言乍称者 The M-posters

チームメンバー: Modern_ErasmusModern_Erasmus (キャプテン)、MayDMayDMortosMortos
要注意団体: "05評議会" (中国支部)


エントリー作品:

チーム名: 見習い錬金術師 The Apprentice Alchemists

チームメンバー: SeyphSeyph (キャプテン)、Cyriel CentoriCyriel CentoriDr Emuwren DmarkDr Emuwren Dmark
要注意団体: クイヤン派 (中国支部)


エントリー作品:

チーム名: 道化師ハーレクインギャング Harlequin Gang

チームメンバー: UraniumEmpireUraniumEmpire (キャプテン)、Rat LordRat Lordstormfallenstormfallenmagnadeusmagnadeus
要注意団体: 第四帝国 (ドイツ支部)


エントリー作品:

チーム名: Y.U.R.T

チームメンバー: RounderhouseRounderhouse (キャプテン), WoedenazWoedenazElogee FishTruckElogee FishTruckTuftoTuftoSecretCrowSecretCrow
要注意団体: 銀河連邦 (中国支部)


エントリー作品:

チーム名: ツングースカ監視員 Tunguska Wardens

チームメンバー: SonKingKongSonKingKong (キャプテン)、KindlyTurtleClemKindlyTurtleClemmlistermlister
要注意団体: 荒れ狂う神の洞窟 (ロシア支部)


エントリー作品:

チーム名: "Thaumielに10点" "Ten points to Thaumiel"

チームメンバー: Doctor NorthDoctor North (キャプテン)、ProasekProasek, XilasCroweXilasCroweStallmanticStallmanticAlanDarisAlanDarisnot_a_seagullnot_a_seagullWerylliumWeryllium
要注意団体: 魔術師学会 (ドイツ支部)


エントリー作品:

チーム名: 国会秘書 Attachés Parlementaires

チームメンバー: DrMacroDrMacro (キャプテン)、Dr LekterDr LekterArchiviste JudasArchiviste JudasPrKendrickPrKendrickSterbai Sterbai
要注意団体: 塔と勇猛の騎士団 (ポーランド支部)


エントリー作品:

チーム名: 絶対単位 Абсолютные Единицы

チームメンバー: plaidypusplaidypus (キャプテン) │ UncannyClown276UncannyClown276plaguebearerplaguebearerJackalRelatedJackalRelatedAyersAyers
要注意団体: レフティ (ロシア支部)


エントリー作品:

チーム名: 悪趣味な芸術泥棒 Tasteless Art Thieves

チームメンバー: IhpIhp (キャプテン)、AthosNetworkAthosNetworkRockTeethMothEyesRockTeethMothEyes
要注意団体: メディチ神秘芸術学会 (イタリア支部)


エントリー作品:

チーム名: インクブロット The Inkblots

チームメンバー: DrCarollDrCaroll (キャプテン)Gabriel JadeGabriel JadeTyler TappTyler Tapptaylor_itkintaylor_itkinstormbreathstormbreath
要注意団体: 動植物ハンティングクラブ (ポルトガル支部)


エントリー作品:

チーム名: フランス蜂 The French Bees

チームメンバー: AloicesAloices (キャプテン)、DrCendresDrCendresMrJacketBarthsMrJacketBarthsReyasReyas
要注意団体: 真昼の樫の木さすらい楽団 (韓国支部)


エントリー作品:

チーム名: 古い古参を御覧じよ Behold Old Oldbies

チームメンバー: KaestineKaestine (キャプテン)、XCninetyXCninetyAiken DrumAiken Drum
要注意団体: OBメディア (中国支部)


エントリー作品:

チーム名: OUFC

チームメンバー: KoikeSanshouemonKoikeSanshouemon (キャプテン)、itPierrotitPierrotJerry11Jerry11Jumpny2010Jumpny2010
要注意団体: ヒューマニストの貴族たち (フランス支部)


エントリー作品:

チーム名: アル・シナイズ Ar Sinaiz

チームメンバー: Bob-Bob-BobBob-Bob-Bob (キャプテン)、SkeledennSkeledennPiponPipon.
要注意団体: 中華異学界 (中国支部)


エントリー作品:

チーム名: 塩胡椒瓶 Jar of Salt and Pepper

チームメンバー: Dr BenjiDr Benji (キャプテン)、DrJohannesDrJohannesTara LucyTara Lucy
要注意団体: エントロピーを越えて (韓国支部)


エントリー作品:

チーム名: パープルガイズ The Purple Guys

チームメンバー: FrenoxFrenox (キャプテン)、MisterEnzou
要注意団体: 日本生類総研 (日本支部)


エントリー作品:

チーム名: まさかの時のスペイン宗教裁判財団! No One Expected The Spanish Inquisition Foundation!

チームメンバー: morhadowmorhadow (キャプテン)、RevenantHeimdallRevenantHeimdallberstagerberstagerLazyLasagneLazyLasagnePetrocchiPetrocchiDc_YerkoDc_Yerko
要注意団体: 聖ジョルジオ騎士信心会 (イタリア支部)


エントリー作品:

チーム名: ゲームテスターズ Game Testers

チームメンバー: NykacolaquantumNykacolaquantum (キャプテン)、Einer von RabeEiner von Rabe,

要注意団体: レターズ・エンターテインメント (中国支部)


エントリー作品:

チーム名: サヤ Saya

チームメンバー: Abigail_AdeAbigail_Ade (キャプテン)、RachudRachud、さらに返答待ち

要注意団体: 蒐集院 (日本支部)


エントリー作品:

チーム名: 巨人の爪先食べられた Giant’s Toe Eaten

チームメンバー: HueyacuetzpaliHueyacuetzpali (キャプテン)、W AsrielW Asrielvaritas096varitas096
要注意団体: アノニマス・アイズ株式会社 (ポルトガル支部)


エントリー作品:

チーム名: ポーランド歴史研究 Polish Lore Studies / Polski Dział Historyczny

チームメンバー: Clint_EClint_E (キャプテン)、さらにメンバー待ち (歴史作家や助けをくれる方)

要注意団体: WWW (ポーランド支部)


エントリー作品:

チーム名: Netflix改変版 Netflix Adaptation

チームメンバー: A Random DayA Random Day (キャプテン)、DecibellesDecibellesminminminminRimpleRimpleTaffetaTaffeta
要注意団体: 東弊重工 (日本支部)


エントリー作品:

チーム名: [未定] [To Be Decided]

チームメンバー: toadking07toadking07 (キャプテン)、TheHouseOfBalloonsTheHouseOfBalloons, TBA
Gpエクスプレス・ロジスティクス株式会社: (中国支部)


エントリー作品:

チーム名: 活動停止中 The Inactives

チームメンバー: The_LuggageThe_Luggage (キャプテン)、KingRoboSnailKingRoboSnail
要注意団体: A.R.G.U.S.株式会社 (ポーランド支部)


エントリー作品:

素晴らしいバナーを描いてくださったTanija氏に多大なる感謝を!

<— 翻訳ここまで —>



  1. SCP-379 - 機械フェロモン (2015/02/14)
  2. SCP-1882 - MC&D社テレビ (2015/03/17)
  3. SCP-2722 (現在は削除済み) - SCPS団結号 (2015/04/15)
    1. 2722-मा-7A、回収されたもの (現在は削除済み) (2015/04/15)
  4. FAQ;~ヒュームって一体全体なんだ? Part2 (2015/07/18)
  5. コードネーム:翠の王 (2015/07/20)- 翠の王シリーズ
  6. SCP-2782 - 「群がるものたち」 (2015/08/10)- 神聖科学シリーズ
  7. 翠の王子 (2015/08/21)- 翠の王シリーズ
  8. SCP-2615-J - 手を叩いて (2015/08/25)
  9. SCP-2615 - 信じるなら (2015/08/25)
  10. 作り目 (2015/09/23)
  11. 翠の歩兵 (2015/10/24)- 翠の王シリーズ
  12. SCP-2530 - 翠玉聖歌隊 (2015/12/25)- 翠の王シリーズ
  13. 任務 (2016/01/28)- 翠の王シリーズ
  14. 憑依済み (2016/02/14)- 翠の王シリーズ
  15. 返信: (2016/03/22)- 翠の王シリーズ
  16. 草木の中を歩きながら (2016/03/26)- 外部wiki作品
  17. SCP-1703 - 軽光灯(2016/04/25)
  18. フィクラ (2016/05/26)- 翠の王シリーズ
  19. ハヴァ (2016/06/22)- 翠の王シリーズ
  20. イスラム・アーティファクト開発事務局ハブ (2016/07/14)
  21. SCP-1308 - ハンガリアン・フローター (2016/07/16)
  22. SCP-1978 - 不完全な償還 (2016/08/12)
  23. これはコンテスト作品ではありませんが神格コメディです (2016/08/18)
  24. 警報! 封鎖開始! (2016/09/07)- AIADシリーズ
  25. コマンド・クエリ分離原則 - AIADシリーズ(2016/09/21)
  26. 多重暗号化 (2016/09/21)- AIADシリーズ
  27. クロック・マルチプライヤ (2016/10/01)- AIADシリーズ
  28. ヌル終端文字列 (2016/10/01)- AIADシリーズ
  29. SCP-2595 - せき立てられた進化 (2016/10/08)
  30. SCP-2274 - 彼は立つ (2016/10/09)
    1. インタビュー記録2274-1 (2016/10/10)
  31. 2009年ギアーズの誕生日コンテスト (2016/10/15)
  32. 世界の歴史パート2 (2016/11/20)
  33. SCP-2907 - もう騙されたりなんかしない (2016/12/04)
  34. 世界の歴史パート4 (2017/03/19)
  35. SCP-3000コンテスト (2017/03/23)
  36. SCP-3002 - 思考抹殺計画 (2017/04/20)
  37. SCP-3901 - レイチェル・パークス (2017/04/26)
  38. SCP-KOの略史 (2017/05/01)
  39. SCP-2589 - こんな形で私を置いていかないで (2017/06/24)- 神聖科学シリーズ
  40. 神聖科学 (2017/07/09)- 神聖科学シリーズ
  41. SCP-2229 - ローマ市民へと遣わされた大熊座の大使 (2017/07/14)
  42. SCP-3682 - 再臨 (2017/10/15)- 神聖科学シリーズ
  43. SCP-1512-EX - 3Dバイオプリンティング (2017/12/09)
  44. SCP-3199 - 誤れる人類 (2017/12/17)
  45. ORIA 覚書083 プロジェクト「後見」に関して (2018/01/05)
  46. SCP-1945 - 低速スキャン信号 (2018/01/28)
  47. SCP-3201 - ああ、あの頃は低エントロピーだったな (2018/02/04) - aoneaone氏との共訳
  48. 72時間ジャムコンテスト (2018/02/17)
  49. SCP-3154 - 終末状態誘発物体 (2018/02/17)
  50. SCP-3211 (現在は削除済み) - 思い出すに足る、復讐するに値する (2018/02/17)
  51. SCP-3980 - 盲者の手引く盲者 (2018/03/04)
  52. SCP-2074 - アクセス稼ぎ (2018/03/11)
  53. Game Day Part 1: レプリカの攻撃 (2018/04/08)
  54. Game Day, Phase 2: Contain (2018/04/15)
  55. Game Day, Phase 3: Protect (2018/04/15)
  56. SCP-2128046979-J - 何も知らないんだな、あの子は違うサイトで働いてるんだ! (2018/04/18)
  57. アンチウィルス (2018/05/15)
  58. 虫酸は走る (2018/05/15)
  59. 終末の日コンテスト (2018/05/18)
  60. SCP-4000コンテスト (2018/06/30)
  61. 黄昏 (2018/07/22)
  62. DJ・カクタスの提言II (2018/07/29)
  63. 昇月 (2018/08/16)
  64. SCP-1987 - ヴァルシング(2018/08/30)
  65. SCP-4960 - 財団がシュメールの愛の女神を目覚めさせるためにポルノに出資するようになった理由ワケ (または私は如何にして心配するのを止めてケデッシュ-ナナヤを愛するようになったか)(2018/09/30)

SCP完訳以外