Raplusの下書き置き場
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の標準収容ロッカーに収容されます。SCP-XXX-JPを用いての実験は、不慮の事故を招く危険性がある為、禁止されています。尚、やむを得ず実験を行う場合、レベル2以上の職員の許可が必要です。

説明: SCP-XXX-JPは、直径15cm、容量0.6Lのステンレス製の片手鍋です。持ち手の素材は、フェノール樹脂で構成された熱硬化性樹脂で、鍋内部には多少の焦げ付きも見られますが、特に影響は無いものと思われます。

SCP-XXX-JPは、VTuber███████氏の私物である事が分かっており、動画サイト████████の配信中、異常性が確認された為、後日厳重に保管されていたSCP-XXX-JPをエージェントが回収、収容に至りました。SCP-XXX-JPは███████氏の発言により、その異常性を現します。以下は発言と、その時発生した異常性の記録です。

また、0.1mg/L〜0.4mg/Lの範囲内で塩素を検知しました。以上の成分分析より、液体内の成分が「水道水」に酷似している事が分かりました。その後、幾度かの分析が行われ、発生した液体が水道水であると確証を得ました。