R 00x

タイトル: 敢えてシンプルにし、読者の想像を掻き立てつつ、その意味する所を予測する楽しみを狙ったタイトル

評価: 0+x

久々に見返したそのオブジェクトのTale案が思い浮かんだのは、2018/11中旬の頃である。思い立ったが吉日と勢いでサンドボックスを開いて見るのだがタイトルでまず躓く。まだ「そのオブジェクトを使ってTaleを書く」という事しか決まっていないのだから当然である。

こういう時は内容を考えてからの方がいいと思い、本文を書き始めた。プロットは「収容違反中にオブジェクトを食って反ミーム性を得たSCP-███-JPが、網代氏と成り行きでの一騎打ちの末、反ミームへの対抗法を思い出した氏によって見事に捕らえられたものの、肝心の活躍は反ミームのせいで誰にも認識されておらず(ここはTaleでも描写をカットして表現)、財団は網代氏が勝手に出ていって釣りしただけとしか思っていない」というものを考えた。ここまで思いつけばタイトルも『知られざる死闘』とシンプルに行く事も決まった。

とここで更に思いつく。「戦う相手をオリジナルのSCPではなくあのSCP-055にするのはどうか」と。SCP-055も直接的な反ミーム性は強烈だが間接的に記述する事でその反ミーム性を回避できる点で、網代氏が相手するには丁度良い。

自分は、勢いに乗るとどんどん書き進められるタイプの人間で、今回はそれなりに短くまとめる事も目指しただけあり、完成までそう時間はかからなかった。批評は最初Twitter上でのみ行おうかとも考えたが、批評を貰う上でスレッドがあった方が都合がいいだろうと思い直し、フォーラムとTwitter両方で批評を依頼する事にした。結果的には誤字修正と細かい部分でのストーリーラインの変更を勧める旨の投稿が2、3あるだけで、それら意見を反映すると、更なる批評を待たずして本投稿した。やはり著者としてはVoteという形で作品の評価を見たいという思いに押された形であった。

そう言う訳でこの、SCP-1375-JPのTaleは完成したのである。

アイテム番号: SCP-001-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-001-JPは、SCP-001-JP部門-E("正のフィードバック")によって情報を管理し、実在度数0.68を維持されなければなりません。実在度数が0.82を上回るまたは0.43を下回る場合は、それぞれ業務Aあるいは業務Bに従事するSCP-001-JP部門-E職員を終了して是正します。SCP-001-JP部門はO5評議会によって設定された選抜基準001-JP満たす財団職員によって構成され、特にSCP-001-JP部門-Eに勤める職員には、選抜基準001-JPに加え「規則に忠実である事」、「自身の職務に疑いを持たない事」が必要とされます。

説明: SCP-001-JPは、マクロなスケールを持つ、あるいは十分に観測され得る状態であるにも拘らず量子論的に不確定な状態を維持する波動(以下、アノマリー予備軍波)の確定/未確定状態を操作可能なトグルポインタです。SCP-001-JP自体もアノマリー予備軍波の一例であり、自身の特異性に依存してその実在性を変化させます。これは、SCP-001-JPはSCP-001-JP無しには存在できないという因果律の矛盾を意味していますが、SCP-001-JPは19██/██/██に収容された状態で突如出現したと報告されており、SCP-001-JPの形成自体が因果律の一時的な崩壊の副産物である可能性が指摘されています。

SCP-001-JPは、

  1. 対象となるアノマリー予備軍波から実体化するであろうオブジェクトの特異性を一定数以上の人間(推定███人)が予測ないしは把握し、その内実在を確信している人数と非実在を確信している人数の比が2:1を超える事
  2. 対象のオブジェクトが実在化する為に必要な物理法則で、現在の宇宙内構造を十分に維持できる事
  3. SCP-001-JPそのものの実在度数が0.85以上である事

の計3つの条件が全て成立した際に自発的に起動します。アノマリー予備軍波から予測されるオブジェクトおよびSCP-001-JPによって実在化したオブジェクトは確認された限り全てが、時系列的に明らかに矛盾するにも拘らず、宇宙構造、物理法則、財団の由来などに深く関わる特異性を持ち、また物理法則なども当該オブジェクトが実在可能な形へと改変されます。SCP-001-JPもまたアノマリー予備軍波由来のオブジェクトである事から、これらのオブジェクト全てがSCP-001-JPを構成する要素であり、物理法則の改変こそがSCP-001-JPの目的であるとする仮説も存在しますが、立証はされていません。なお、前述のSCP-001-JP起動条件によって、物理法則の改変による物理的影響は改変時点においては一切発生しません。ほぼ同様の条件下で当該オブジェクトを非実在化させる事も可能です。

SCP-001-JPは凡そ実在度数0.85までは、その特異性自体の実在性が弱まる事により、自身以外のアノマリー予備軍波に対する干渉能を失う事が判明しています。その為、SCP-001-JP情報は大量のダミーファイルと共に管理され、「他のファイル同様に本報告書は虚偽である」と認識している人員(業務Aに携わるSCP-001-JP管理部門-E職員)と「他のファイルと異なり本報告書は真実である」と認識している人員(業務Bに携わるSCP-001-JP管理部門-E職員)が用意され、その人数を調整する事によってSCP-001-JPの消失あるいはSCP-001-JPの過剰な実体化による意図しない特異性の発現の双方を抑止する形で収容されています。

ファイルを閉じる

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-001-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-001-JPは、SCP-001-JP部門-E("正のフィードバック")によって情報を管理し、実在度数0.68を維持されなければなりません。実在度数が0.82を上回るまたは0.43を下回る場合は、それぞれ業務Aあるいは業務Bに従事するSCP-001-JP部門-E職員を終了して是正します。SCP-001-JP部門はO5評議会によって設定された選抜基準001-JP満たす財団職員によって構成され、特にSCP-001-JP部門-Eに勤める職員には、選抜基準001-JPに加え「規則に忠実である事」、「自身の職務に疑いを持たない事」が必要とされます。

説明: SCP-001-JPは、マクロなスケールを持つ、あるいは十分に観測され得る状態であるにも拘らず量子論的に不確定な状態を維持する波動(以下、アノマリー予備軍波)の確定/未確定状態を操作可能なトグルポインタです。SCP-001-JP自体もアノマリー予備軍波の一例であり、自身の特異性に依存してその実在性を変化させます。これは、SCP-001-JPはSCP-001-JP無しには存在できないという因果律の矛盾を意味していますが、SCP-001-JPは19██/██/██に収容された状態で突如出現したと報告されており、SCP-001-JPの形成自体が因果律の一時的な崩壊の副産物である可能性が指摘されています。

SCP-001-JPは、

  1. 対象となるアノマリー予備軍波から実体化するであろうオブジェクトの特異性を一定数以上の人間(推定███人)が予測ないしは把握し、その内実在を確信している人数と非実在を確信している人数の比が2:1を超える事
  2. 対象のオブジェクトが実在化する為に必要な物理法則で、現在の宇宙内構造を十分に維持できる事
  3. SCP-001-JPそのものの実在度数が0.85以上である事

の計3つの条件が全て成立した際に自発的に起動します。アノマリー予備軍波から予測されるオブジェクトおよびSCP-001-JPによって実在化したオブジェクトは確認された限り全てが、時系列的に明らかに矛盾するにも拘らず、宇宙構造、物理法則、財団の由来などに深く関わる特異性を持ち、また物理法則なども当該オブジェクトが実在可能な形へと改変されます。SCP-001-JPもまたアノマリー予備軍波由来のオブジェクトである事から、これらのオブジェクト全てがSCP-001-JPを構成する要素であり、物理法則の改変こそがSCP-001-JPの目的であるとする仮説も存在しますが、立証はされていません。なお、前述のSCP-001-JP起動条件によって、物理法則の改変による物理的影響は改変時点においては一切発生しません。ほぼ同様の条件下で当該オブジェクトを非実在化させる事も可能です。

SCP-001-JPは凡そ実在度数0.85までは、その特異性自体の実在性が弱まる事により、自身以外のアノマリー予備軍波に対する干渉能を失う事が判明しています。その為、SCP-001-JP情報は大量のダミーファイルと共に管理され、「他のファイル同様に本報告書は虚偽である」と認識している人員(業務Aに携わるSCP-001-JP管理部門-E職員)と「他のファイルと異なり本報告書は真実である」と認識している人員(業務Bに携わるSCP-001-JP管理部門-E職員)が用意され、その人数を調整する事によってSCP-001-JPの消失あるいはSCP-001-JPの過剰な実体化による意図しない特異性の発現の双方を抑止する形で収容されています。

[[tabview]]

[[/tabview]]

下記参照


評価: 0+x

:警告

本報告書にはミーム災害的要素が確認されています。閲覧の際には、事前に"ディスレクシア"抗体ミームの摂取を行ってください。


 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
SCP-XXX-JP-1-21: SCP-XXX-JP

SCP-XXX-JP-1-32: SCP-XXX-JP-1-313

SCP-XXX-JP-1-44: SCP-XXX-JP-1-A5-され5ます。SCP-XXX-JPについて報告する場合、SCP-XXX-JP-1-Ba-11+Ba-1x0して6下さい。SCP-XXX-JP-1-∀7ba<07は回収され、保管されます。SCP-XXX-JP-1-0+7ba-0170はSCP-XXX-JP-1- 1-A5-され5ます。SCP-XXX-JP-1-Ba0+AK01-xALx16’amする事71は禁止されています。SCP-XXX-JP-1-43c-0172にはSCP-XXX-JP-1- Q412+AN/AO-∀7ba-CHされ73ます。

SCP-XXX-JPのSCP-XXX-JP-.png

SCP-XXX-JPのSCP-XXX-JP-1-88。このSCP-XXX-JP-1-99もSCP-XXX-JP-1-C10-D0し10ている。

SCP-XXX-JP-1-1111: SCP-XXX-JPは、元来はSCP-XXX-JP-1-1213- █-E█-1419██0█12であると推測されています。SCP-XXX-JP-1-8+1513は全てSCP-XXX-JP-1-F=<7-C10-D0され14 ています。

SCP-XXX-JP-1- D015は、SCP-XXX-JP-1-∃!x16-F∀7=>G+16です。SCP-XXX-JP-1-7-0=17であれ17ば、文章はSCP-XXX-JP-1-H-I-(19+20)> 181-3され18ます。SCP-XXX-JP-1-7=2119場合も、SCP-XXX-JP-1-JH20はSCP-XXX-JP-1-G0=22し21、その事を自覚できません。SCP-XXX-JP-1-7=23/9である22場合、SCP-XXX-JP-1-F∀24-(25/26)-i-27kされ23ます。いずれの場合もその変換には、SCP-XXX-JP-1-L-!M<=∃7され24 ています。

SCP-XXX-JP-1-10-025はSCP-XXX-JP-1-N-∃18hし26ないため、SCP-XXX-JP-1-Ba>28^O<=29-181-3=30<x0され27ています。

アイテム番号: SCP-001-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-001-JPは、SCP-001-JP部門-E("正のフィードバック")によって情報を管理し、実在度数0.68を維持されなければなりません。実在度数が0.82を上回るまたは0.43を下回る場合は、それぞれ業務Aあるいは業務Bに従事するSCP-001-JP部門-E職員を終了して是正します。SCP-001-JP部門はO5評議会によって設定された選抜基準001-JP満たす財団職員によって構成され、特にSCP-001-JP部門-Eに勤める職員には、選抜基準001-JPに加え「規則に忠実である事」、「自身の職務に疑いを持たない事」が必要とされます。

説明: SCP-001-JPは、マクロなスケールを持つ、あるいは十分に観測され得る状態であるにも拘らず量子論的に不確定な状態を維持する波動(以下、アノマリー予備軍波)の確定/未確定状態を操作可能なトグルポインタです。SCP-001-JP自体もアノマリー予備軍波の一例であり、自身の特異性に依存してその実在性を変化させます。これは、SCP-001-JPはSCP-001-JP無しには存在できないという因果律の矛盾を意味していますが、SCP-001-JPは19██/██/██に収容された状態で突如出現したと報告されており、SCP-001-JPの形成自体が因果律の一時的な崩壊の副産物である可能性が指摘されています。

SCP-001-JPは、

  1. 対象となるアノマリー予備軍波から実体化するであろうオブジェクトの特異性を一定数以上の人間(推定███人)が予測ないしは把握し、その内実在を確信している人数と非実在を確信している人数の比が2:1を超える事
  2. 対象のオブジェクトが実在化する為に必要な物理法則で、現在の宇宙内構造を十分に維持できる事
  3. SCP-001-JPそのものの実在度数が0.85以上である事

の計3つの条件が全て成立した際に自発的に起動します。アノマリー予備軍波から予測されるオブジェクトおよびSCP-001-JPによって実在化したオブジェクトは確認された限り全てが、時系列的に明らかに矛盾するにも拘らず、宇宙構造、物理法則、財団の由来などに深く関わる特異性を持ち、また物理法則なども当該オブジェクトが実在可能な形へと改変されます。SCP-001-JPもまたアノマリー予備軍波由来のオブジェクトである事から、これらのオブジェクト全てがSCP-001-JPを構成する要素であり、物理法則の改変こそがSCP-001-JPの目的であるとする仮説も存在しますが、立証はされていません。なお、前述のSCP-001-JP起動条件によって、物理法則の改変による物理的影響は改変時点においては一切発生しません。ほぼ同様の条件下で当該オブジェクトを非実在化させる事も可能です。

SCP-001-JPは凡そ実在度数0.85までは、その特異性自体の実在性が弱まる事により、自身以外のアノマリー予備軍波に対する干渉能を失う事が判明しています。その為、SCP-001-JP情報は大量のダミーファイルと共に管理され、「他のファイル同様に本報告書は虚偽である」と認識している人員(業務Aに携わるSCP-001-JP管理部門-E職員)と「他のファイルと異なり本報告書は真実である」と認識している人員(業務Bに携わるSCP-001-JP管理部門-E職員)が用意され、その人数を調整する事によってSCP-001-JPの消失あるいはSCP-001-JPの過剰な実体化による意図しない特異性の発現の双方を抑止する形で収容されています。

ここでもええんやで

Bibliography
1. アイテム番号の意
2. オブジェクトクラスの意
3. Safeクラスの意
4. 特別収容プロトコルの意
5. 低レベル物品保管庫に収容される意
6. 文字媒体に記載後、SCP-XXX-JP置換代名詞検索・自動付記システムを用いて追記を行う意
7. SCP-XXX-JPについて記述されたあらゆる記録媒体の意
8. 表紙の意
9. 画像の意
10. SCP-XXX-JP特異性の影響を受ける意
11. 説明の意
12. ████社が発行する科学雑誌『███████』の19██年█月号の意
13. その表紙と内容の意
14. SCP-XXX-JPの特異性を受けた他の記録媒体と同様に改変される意
15. SCP-XXX-JPの特異性の意
16. 自身を直接表現するあらゆる媒体を改変する一種の反ミームの意
17. SCP-XXX-JP記述媒体が文章である意
18. 記号や数字を代名詞に用いた簡素なものへと置換される意
19. 媒体が発話である意
20. 発話者の意
21. 同様の形式でSCP-XXX-JPを表現する意
22. 媒体が映像または画像である意
23. 画面全体が抽象的な図形を用い簡略化されたアニメーションまたはイラストへと改変される意
24. 各媒体毎に独自の規則性が確認されている意
25. SCP-XXX-JPの影響の意
26. その置換された個々の単語に及ぶ意
27. SCP-XXX-JP置換代名詞検索・自動付記システムによって随時代名詞の意味を脚注として付け加える事で本報告書を記述する意
28. SCP-XXX-JPの特異性を調査する為に行われたインタビュー時に発生した事案の意
29. SCP-XXX-JPの新たな特異性が判明する意
30. 対象の意
31. D-60098の意
32. インタビュアーの意
33. ████博士の意
34. 付記の意
35. インタビューの意
36. SCP-XXX-JPが会話に及ぼす影響を調査する目的で行われる意
37. 録音開始の意
38. 実験を開始する意
39. SCP-XXX-JPを手に取り内容を閲覧する意
40. それが何であるか説明する意
41. ホンとしか思えない意
42. もう少し細かく説明する事を要求する意
43. これ以上どう細く説明すればよいのか尋ねる意
44. 「ホン」とはどう言う意味なのか尋ねる意
45. 表紙が変で書いてある事も変なまるで訳の分からない雑誌の意
46. 内容に関して、具体的にどう妙であるか説明する意
47. 「チラカっている」とはどう言う意味なのか尋ねる意
48. αだのβだのの記号ばっかで、書いてあることが全然要領を得ない事の意
49. 自分がいちいちこんな事を説明させられる意
50. 実験の一環の意
51. SCP-XXX-JPを閲覧するD-60098の手が止まる意
52. どうしたのか尋ねる意
53. 録音終了の意
54. 終了報告書の意
55. インタビュー記録の異常に気づいたエージェントの意
56. D-60098と████博士が拘束され、検査の結果、何らかの異常ミームに曝露していると判明する意
57. Bクラス記憶処理を施す意
58. 両者が異常性から回復する意
59. インタビュー後から記憶処理されるまでに████博士が執筆した記録媒体を調査する意
60. 後述のSCP-XXX-JP-1特異性が確認される意
61. 全て記憶処理後の████博士によって差し替えられ、また████博士と会話した全ての職員に対してもBクラス記憶処理が行われた意
62. SCP-XXX-JPに記載されている、あるいはSCP-XXX-JPの特異性によって改変された代名詞及び抽象的図形の意
63. 異常なミーム的特性を持つ意
64. SCP-XXX-JP-1を一定数以上認識した人物の意
65. 自身がSCP-XXX-JP-1を理解しているという確信を得、自身が記述するあらゆる媒体にSCP-XXX-JP-1と同様の特異性を持つ代名詞及び抽象的図形を使用する意
66. 異常ミームに曝露するまでに認識する必要のあるSCP-XXX-JP-1の数には個人差が存在する意
67. 実際に曝露者が意味を理解できるのはSCP-XXX-JPに記載されているものと自身が記述したSCP-XXX-JP-1のみの意
68. SCP-XXX-JP特異性によって生成されたSCP-XXX-JP-1や他の曝露者が記述したSCP-XXX-JP-1に対しては、非曝露者と同程度の理解しか示さない意
69. SCP-XXX-JP-1のミーム汚染は、Bクラス記憶処理によって取り除く事が可能である意
70. SCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JP-1を用いて記述された全ての記録媒体の意
71. SCP-XXX-JPを記述する事、およびSCP-XXX-JP-1を適切な抗体ミームの摂取無しに視認する意
72. SCP-XXX-JP-1に曝露した人物の意
73. Bクラス記憶処理が施され、曝露者が記述したあらゆる媒体は全て焼却、または消去される意