初手降参の砂箱

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは2m×2m×2mの、防音が施された不透明な強化ガラスの水槽に収容して下さい。水槽は海水で満たし、一週間に一度海水を交換して下さい。オブジェクト周辺にて言葉を発してはいけません。SCP-XXX-JPは常にカメラで監視し、その組成に変化が起こった場合は██博士に報告して下さい。

説明: SCP-XXX-JPは、体長30cmのオレンジ色の色つきガラス製のアノマロカリスです。食料、呼吸を必要とせず、常に海水中を泳ぎます。

SCP-XXX-JPの材質はガラスですが、オブジェクトは全身を自在に動かすことが可能です。計測したところ、最速で時速4kmを記録しました。

SCP-XXX-JPの異常性は、オブジェクトにカラス、グリス、照らす等の二文字目がラ行かつスで終わる三文字の言葉三文字目がスで終わる三文字の言葉を画像と共に教えた際に発現します。オブジェクトはその教えられた言葉の現物の姿を獲得し、望むときに変化を行うことが可能になります。また、アノマロカリスとしての姿に他の姿の概念を掛け合わせることも確認されています。

SCP-XXX-JPが変化を行う際にはオブジェクトの周囲の海水が減少します。変化した後のオブジェクトに本来持ち合わせていなかった元素が使われていることから、オブジェクトは海水から元素を回収していると思われます。

補遺3: SCP-XXX-JPは██県に存在した日本生類総研研究所に財団エージェントが突入した際に発見されました。担当研究者と考えられる者は既に逃亡していました。オブジェクトの水槽には次のメモが貼られていました。

研究途中 あらゆる環境に適応するアノマロカリス
水圧、水流、電流、加熱等の変化を加えても適応する様子なし。カンブリア紀の再現はまだ遠い。

補遺4: オブジェクトの異常性は、日本生類総研研究所からオブジェクトを移送する際に明らかになりました。オブジェクトの水槽の前にカラス(Corvus)が飛来した時、エージェント・██がこれはカラスか、と呟いた瞬間にオブジェクトは水上にてカラスに変化、飛翔しました。エージェント・██はオブジェクトを再収容しましたが、彼女には一ヶ月の減給が言い渡されました。