Qoochie
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 現在の財団の技術では、SCP-XXX-JPの発生を未然に防ぐことは不可能です。また対象者、発生地点の選定および発生頻度に対してなんらかの規則性を見だすことにも成功していません。各地に潜入中のエージェントはSCP-XXX-JPの発生に対して常に最大限の警戒を行い、可能な限り迅速な対応を心がけてください。対象者は確保の後、適切な記憶処理を施してSCP-XXX-JPへの関与の記憶のみを消去することで影響を取り除き、業務へ復帰させます。現時点までは確認されていませんが、記憶処理の効果が見られない場合はSCP-XXX-JPによる影響度を考慮したうえで降格させてください。対象者が詐称した身分において何らかの繋がりが存在すると思われる人物に対してはクラスB以上の記憶処理を行い、カバーストーリー「病死」を流布してください。状況に応じて、流布するカバーストーリーは変更されます。

説明: SCP-XXX-JPは不定期な間隔で発生する、財団に所属する博士のうちランダムな1名(以下対象者)が地球上のいずれかの地点に瞬間的に転移する、原理不明の現象です。

対象者は直前の状態とは無関係に、転移と同時に転移地点において不自然の無い服装となります。同時に、実際のものとは異なる存在しない身分の詐称を開始します。SCP-865-JPの発生時には周囲の人間に対する記憶操作が行われており1、対象者の存在に対して違和感を覚えることがなくなります。同時に財団のデータベースから対象者個人に関連するデータが破損し、閲覧が不可能となります。以上の特性から、現時点までの対象者の特定はその全てが潜入中のエージェントによる直接の確認によるものです。

資料:XXX-JP、発生したSCP-XXX-JPの詳細

SCP-XXX-JP-005 - 198█/06/██

対象者: ████ Johnson

詐称した身分: アメリカ合衆国、ネバダ州████群のカジノのディーラー

SCP-XXX-JP-038 - 199█/04/██

対象者: 李 ██

詐称した身分: 中華人民共和国、湖南省███の大学教員

SCP-XXX-JP-065 - 199█/02/██

対象者:

詐称した身分: ドイツ連邦共和国、████の生後2日の新生児

SCP-XXX-JP-078 - 199█/08/██

対象者: 黒山 ███

詐称した身分: サイト-81██に所属するDクラス職員

SCP-XXX-JP-094 - 200█/05/██

対象者: [データ破損]

詐称した身分: 和歌山県██市にて発見された腐乱死体

補遺: 199█/02/25、SCP-XXX-JP-065の対象者となった   博士の指揮によるSCP-████-JPの実験の最中に重大な収容違反が発生、サイト-81██の   博士を含む財団職員██名が死亡しました。SCP-████-JPは過去の実験記録より適切な収容手段が確立されており、収容違反の原因は不明のままです。

補遺-2: SCP-XXX-JP-094の対象となった[データ破損]博士の肉体が徐々に腐乱を進行させていることが判明しました。調査の結果これはSCP-XXX-JPの特異性ではなく、[データ破損]博士の身体特徴であることが判明しましたが、職員の士気低下につながる恐れがある為、防腐処置により対処が行われています。

補遺-3: エージェント・戸塚の報告書より引用

収容違反事故が多発するサイト-81██の内部調査の結論として、このサイトは明らかにおかしい。黒山博士は一般人を新たなオブジェクトと称して殺害する行為を繰り返している。明らかに処分の対象となるべきにも関わらず、誰一人として何も言わず、むしろ積極的に蛮行に協力している。思えば、彼はかつて他のサイトで見た凶悪なDクラス職員にそっくりな気もする。彼が変わってしまったのはSCP-XXX-JPの対象者となって以来だ。もしかしたら、あの現象には財団の知らない性質が

気のせいでした。 -エージェント・戸塚