ぷちの雑多な砂箱

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは施錠された鋼鉄製の箱に収められます。実験などでSCP-XXX-JPからSCP-XXX-JP-Aを抜いたり、他のページに移動させることは深刻な現実改変を引き起こすため禁止されています。箱の内部は常に摂氏10℃以下に保ってください。また、決して高温を発する物質を近付けないでください。

説明: SCP-XXX-JPは全1000ページで構成される書籍です。未知の物質で構成されており、耐火性に優れています。

SCP-XXX-JP本文は原シナイ文字に類似した文字が用いられており、約15%が解読されています。SCP-XXX-JPは100ページ毎にフェニキア文字に類似した文字で書かれた太字の部分が存在します。文字はシーザー暗号で解読が可能で、その大半は解読済みです。

SCP-XXX-JPの内容は、財団の興亡に関するものだと考えられています。100ページ毎に記されている太字は、財団にとって節目の出来事を表しているとされます。

SCP-XXX-JP-Aは金属製の栞です。材質の金属は未知のもので、常に腐食しています。SCP-XXX-JP-Aは現在、第10章中盤(957ページ目)で固定されています。SCP-XXX-JP-Aは現在進行形で腐食が進んでおり、現在は全体の約39%が腐食により消失しています。SCP-XXX-JP-Aは熱に弱く、高温になるほど腐食のスピードが上昇します。摂氏10℃以下では、腐食のスピードが通常の1/27になります。摂氏10℃以下からは腐食のスピードが一定になります。SCP-XXX-JPは腐食で消失すると次のページに差し込まれた状態で再生します。発見当初、SCP-XXX-JP-Aは945ページ目に差し込まれていました。

SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JPの内容の進行を止める効果があります。SCP-XXX-JP-Aの位置を変更することは、過去改変や現実改変を引き起こします。改変は財団の内部にのみ影響を与えます。収容されていたSCPが収容されていないことになっている、などのケースが確認されており、その中にはSCP-███-JP(現在はKeterクラス)やSCP-███-JP(再収容済み)が含まれていました。(事件記録D-1722を参照してください)

以下はSCP-XXX-JPの各章のタイトルです。

タイトル
第1章 我々は[未解読]のために
第2章 歴史は抗わざる[未解読]
第3章 最初の破滅
第4章 [未解読]
第5章 機械仕掛けの我々の[未解読]
第6章 遥かなる天球から[未解読]
第7章 二度目の破滅
第8章 停止
第9章 溢れた[未解読]と暴虐の[未解読]
第10章 祝福

事件記録D-1722: [データ削除済み]

補遺: SCP-XXX-JPを解析すると、表紙と裏表紙に文字がシーザー暗号を用いて記されていました。

表紙 [未解読]あるいは[未解読]
裏表紙 [未解読]は再び貪り食らう あの卑しき者共を