porinamaのメモ帳
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 現在存在するSCP-XXX-JPはサイト-81██の低脅威度物保管ロッカーに保存されます。SCP-XXX-JPの実験を行う場合は██研究員の許可を得てください。
日本国内で異常性を持った建造物が発見された場合、建造物内もしくは関係会社で保管している書類内にSCP-XXX-JPが含まれていないか調査し、回収して下さい。SCP-XXX-JPに記載されている内容は建造物の異常性の理解・対処法に繋がる可能性があるため、回収したSCP-XXX-JPのコピーは関連する異常性をもった建造物の調査を担当している職員に送付し、原本は██研究員へ送付してください。
 追記:SCP-XXX-JPに記載された内容を読み上げることは異常性の発露に繋がるため、実験時を除いて禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは異常性を持った再生紙です。
SCP-XXX-JPにはリスクアセスメント1のフォーマットが記載されています。フォーマットは一般的な事項が記載されたものであり、大手建設会社である██建設のものと類似点が見られますが、直接の関係は判明していません。
フォーマットの項目は大きく4つに分かれています。
 (1)日付、気温、天気、施工を行う業者名、氏名を記載する欄
 (2)作業内容を記載する欄(”本日の作業内容”と印刷済み)
 (3)起こりうる事故を記載する欄(”潜んでいる危険”と印刷済み)
 (4)事故に対する対策を記載する欄(”私たちはこうする” ”    ヨシ!!”と印刷済み)

SCP-XXX-JPの異常性は以下の2点です。
1つ目の異常性はSCP-XXX-JPをリスクアセスメントの用紙として使用し、(2)作業内容の欄と(3)起こりうる事故を記載する欄を記入した時に発現します。(4)事故に対する対策を記載する欄は(2)(3)の記載内容に応じて、紙から黒い液体がにじみ出て文字を形成し、具体的な対策内容が記載されます。記載される内容はおおむね事故に対しては有効な対策と考えられるものが記載されますが、通常であれば実現不可能な対策も記載されることあるとが分かっています。

2つ目の異常性は上記の過程で記載された(4)事故に対する対策を口頭で読み上げた時に発現します。対策を読み上げた人物をSCP-XXX-JP-1とします。SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPに記載された作業を行う際、無意識のうちに必ず(4)に記載された対策を実行します。この対策が通常の人間の行える範囲外であった場合も不明な手段によって必ず実行されます。

SCP-XXX-JPの異常性は神奈川県の大型マンション████がSCP-███-JPとして探索された際、探索に当たったD-XXX44によって偶然発見されました。建築現場で働いた経験のあるD-XXX44によってSCP-XXX-JPが読み上げられ2、その後マンションの階段を調査する際に異常性が発現しました3。D-XXX44は階段の確認を実施すると研究員に宣言すると同時に消失し、約18秒後に上階にて階段を登り切った状態で出現しました。その状況が直前にD-XXX44が読み上げた内容4と一致すると考えられたことからSCP-XXX-JPが異常性を持っている可能性が考えられ、その後実験により第一、第二の異常性が確認されたためSCiPとして認定されました。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]