porinamaのメモ帳
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Safety

特別収容プロトコル: 現在存在するSCP-XXX-JP-Aはサイト-81██の低脅威度物保管ロッカーに保存されます。実験のためSCP-XXX-JP-Bへの連絡を行う場合は██研究員の許可を得るようにしてください。
担当職員はサイト-81██内の全掲示板を毎朝5時に確認してください。掲示板にSCP-XXX-JP-Aの存在が確認された場合は、取り除いて██研究員へ提出してください。

説明: SCP-XXX-JPは認識災害に対する保険事業です。SCP-XXX-JPはサイト-81██内の掲示板に「認識災害に対する保険を掛けませんか」という文言の広告(以下SCP-XXX-JP-Aと呼称する)を出すという形で現れます。

SCP-XXX-JP-Aに記載されている電話番号へ電話をすると██と名乗る男性の声が応答します(以下SCP-XXX-JP-Bと呼称する)。SCP-XXX-JP-Bは認識災害保険会社"████"の営業マンであると自己紹介をし、扱っている商品の説明を行います。以下は初めて電話をした際の通話記録です。

インタビュー

対象: [人間、団体、SCPオブジェクトなど]

インタビュアー: [インタビュアーの名前。必要に応じて█で隠しても良い]

付記: [インタビューに関して注意しておく点があれば]

<録音開始, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

インタビュアー: [会話]

誰かさん: [会話]

[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

実験記録
実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象:

実施方法:

結果:

分析:

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

test