保管庫

投稿済み一覧

SCP-119-JP改稿案

改稿は暫くお待ちください。- pictogram_manpictogram_man

評価: 0+x
%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AE%E9%9A%8E%E6%AE%B5

SCP-119-JP

アイテム番号: SCP-119-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-119-JPに関する実験は禁止されています。SCP-119-JPを含む木造家屋を改装し、SCP-119-JP専用の収容施設として使用します。収容施設への出入りを防ぐため、その施設の全ての出入り口と窓は内側から鍵が掛けられ、施設内外各所に監視カメラを設置し常に監視します。

説明: SCP-119-JPは静岡県██市████町にある二階建ての木造の家屋内の、1階と2階を繋ぐ15段の階段です。

SCP-119-JPの異常特性は、SCP-119-JPを1階から1段ずつ上った際に、その上っている人間(以下”被験者”と表記)に対して表れます。段を飛ばしながら上った場合はSCP-119-JPの異常特性は表れません。

被験者がSCP-119-JPを上ると、被験者の肉体と一部の認識に改変が生じます。被験者の肉体はSCP-119-JPを1段ずつ上るごとに明らかに老化していきます。そして被験者は、SCP-119-JPを上るごとに、1段下の段にいた時に証言していた年齢よりも高い年齢を証言するようになります。被験者は自身の肉体、および年齢が改変されていることに関して”以前からそうであった”と確信を持ちます。

SCP-119-JPを最上段まで上らずに下りた場合、SCP-119-JPの異常特性により老化した被験者の肉体は元に戻っていき、1階まで下りた時点で完全に元の状態に戻ります。また認識も同様に改変前のものに戻ります。

SCP-119-JPを最上段まで上った時、被験者が所持していた物品は瞬時に消失すると同時に、被験者はその場に倒れます。それから5分後、被験者の肉体は発火し始め、更に5分が経過した時点でその場から消失します。この発火現象は被験者の肉体のみを燃やし、周囲には一切影響を及ぼしません。

追記: SCP-119-JPの新たな異常特性が実験により明らかとなりました。その危険性の高さを考慮し、SCP-119-JPに関する実験は凍結されました。詳しくは後述する実験記録-4およびSCP-119-JPに関する提言を参照してください。

<実験記録-1>

日付: 2017年1月1日

被験者: D-90

実験方法: 被験者にSCP-119-JPを1段ずつ上らせる。被験者がSCP-119-JPを1段上るごとに、被験者に自身の現在の年齢を質問し、記録する。

結果: 実験開始時、つまり被験者が最下段にいる時、被験者は自身の年齢を25歳であると証言しました。その後、被験者はSCP-119-JPを1段上るごとに、自身の年齢を29歳、34歳、36歳、40歳、43歳であるとそれぞれ証言しました。また被験者が5段目まで上った時点で、被験者の頭髪から明らかな老化の兆候が確認されました。

被験者が5段目まで上った時点で、これ以上被験者がSCP-119-JPを上った場合、被験者は死亡することが予測されたため、実験監督官の竹山博士の判断により、被験者にSCP-119-JPから下りてくるように指示しました。その後、被験者はSCP-119-JPを1段下るごとに、自身の年齢を40歳、36歳、34歳、29歳、25歳であるとそれぞれ証言しました。被験者の肉体は実験が開始された時点の状態に戻っていました。

実験終了後の被験者に対するインタビュー

対象: D-90

インタビュアー: 竹山博士

<録音開始>

竹山博士: まず、実験へのご協力感謝します。お疲れ様でした。早速ですが、これよりあなたへインタビューを行います。構いませんね?

D-90: ああ、俺に答えられることなら何でも答えるよ。

竹山博士: では、現在のあなたの体調を教えてください。

D-90: ん?なんだかお医者さんが言いそうな質問だな?まあいいか。体調は、全く問題ない。至って健康だ。

竹山博士: そうですか。では次の質問です。あなたは実験中、自身の体に関して何か違和感を感じましたか?

D-90: 特には…1つだけ感じていたな。

竹山博士: その違和感はなんですか?

D-90: あんた、実験中に何回も俺の年齢を尋ねてきただろ。あれになんの意味があったんだ?人の年齢なんて急に変わるような物じゃない。おかしいとは思わなかったか?

竹山博士: そのおかしいと思われるようなことをするのも私の仕事ですから。…インタビューは以上になります。お疲れ様でした。

<録音終了>

考察: 被験者を途中で引き返させたのはどうやら正しい判断だったようだ。D-90は実験中に自身に起きた変化に関して全く気が付いていなかった。このことから、SCP-119-JPは被験者の肉体を老化させるとともに、認識を塗り替えてしまうことが判明した。これは今後SCP-119-JPの研究を行う上で非常に重要な情報だ。次回こそはSCP-119-JPの最上段までDクラスを上らせ、その肉体や認識の変化に関する記録を取ることにする。-竹山博士

<実験記録-2>

日付: 2017年1月4日

被験者: D-91

実験方法: 被験者をSCP-119-JPを1段ずつ上らせ、最上段まで行かせる。被験者がSCP-119-JPを1段上るごとに、被験者に自身の現在の年齢を質問し、記録する。

結果: 被験者が最上段まで上った瞬間、その場に倒れました。被験者はその時点で一切の生命活動を確認できなくなり、その5分後、被験者の肉体は突如発火し、さらに5分が経過した瞬間、炎ごと消失しました。また被験者は自身の年齢を一貫して72歳であると証言していました。

付記: なぜ今までの実験では若いⅮクラスを使っていたのに、今回の実験に限って高齢のⅮクラスを被験者として採用したのかが分からない。特に理由がない場合は、SCP-119-JPの実験に使用するDクラスは比較的若い者を採用するのが定石だろう。若いDクラスであればSCP-119-JPの異常特性による肉体の変化が観察しやすいし、高齢のDクラスではそもそも実験に進行に支障をきたす恐れがあるからな。次回の実験で使用されるDクラスは、出来るだけ若い者にしてくれるよう、具体的な年齢を挙げてDクラス管理棟へ申請しておこう。-竹山博士

<実験記録-3>

日付: 2017年1月6日

被験者: D-92

実験方法: GPS装置が体内に埋め込まれた被験者にSCP-119-JPを1段ずつ上らせ、最上段まで行かせる。被験者がSCP-119-JPを1段上るごとに、被験者に自身の現在の年齢を質問し、記録する。なお当実験はSCP-119-JPの異常特性による被験者の肉体の老化を詳しく観察するために行われるため、被験者は20歳の健康的Dクラスが望ましいとされた。

結果: 被験者が最上段まで上った時点で、被験者は倒れ、5分後に発火、さらに5分が経過した時点で消失しました。それと同時に被験者の肉体に埋め込まれていたGPS装置からの信号が途絶えました。また被験者は自身の年齢を一貫して75歳であると証言していました。消失した被験者は現在まで発見されていません。

付記: 明らかに何らかの改変事象の影響を我々は受けている。こちらの要求をDクラス管理棟の職員が何の連絡もせずに突っ撥ねることは、私には考えられない。SCP-119-JPには我々がまだ把握していない異常特性がある可能性が非常に高い。次回の実験ではこの異常特性の内容を明らかにすることにする。そして、おそらく次回の実験が、SCP-119-JPの最後の実験となるだろう。-竹山博士

<実験記録-4>

日付: 2017年1月20日

被験者: D-93

実験方法: 被験者にSCP-119-JPを1段ずつ上らせ、最上段まで行かせる。被験者がSCP-119-JPを1段上るごとに、被験者に自身の現在の年齢を質問し、記録する。また被験者の職員記録の写しをスクラントン現実錨の影響下にある環境に留置し、実験終了時に被験者の職員記録とその写しを比較する。なお、D-93は友人関係が皆無に等しく、人口の少ない集落で生まれ育ち、そこで殺傷事件を起こしたことでDクラス職員として雇用された経歴がありました。この経歴から、D-93は今回の実験で被験者として使用する人材として適していると判断されました。

付記: 実験開始前に、SCP-119-JPの異常特性によって起こり得るあらゆる事象に対する事後処理を行う事のみを任務とした機動部隊た-8(”熟れた果実”)が編成されました。

結果: 被験者が2階まで上った時点で、被験者は倒れ、5分後に発火、更に5分が経過した瞬間に消失しました。被験者は自身の年齢を一貫して78歳であると証言していました。

被験者の職員記録とその写しには決定的なずれが確認されました。職員記録には被験者の年齢が78歳であると明記されているのに対し、写しには23歳であると明記されていました。また職員記録には被験者は死亡したと明記されていましたが、写しにはそのような記述は一切明記されていませんでした。このことから、SCP-119-JPが引き起こす改変事象は被験者だけでなく、当初の財団が想定していたものよりも広い範囲に及ぶものであることが判明しました。

機動部隊た-8(”熟れた果実”)により行われた3か月に渡る調査の結果、写しにあるD-93の情報と照らし合わせた時に、改変事象の影響を受けていた記録が多数発見されました。

  • D-93の生年月日
  • D-93の血縁関係
  • D-93が引き起こした事件における報道や記事の一部の内容
  • D-93に関する全ての記憶
  • D-93が映っている写真や映像

これらの記録が改変されたことに伴って、SCP-119-JPによる改変事象はD-93の周囲の人間関係に多大な影響を及ぼしたと推測されています1

<SCP-119-JPに関する提言(2017/01/24)>

SCP-119-JPの改変事象が当初の我々が想定していた範囲を大きく超過して影響を及ぼしていることが判明しました。現在までの実験で判明した記録に鑑みて、SCP-119-JPに関する実験を行うことは我々にとってリスクが高く、これ以上の実験を行う意義は無いと私は判断します。SCP-119-JPに関する実験の凍結を提言します。-竹山博士

承認する。SCP-119-JPに関する実験は凍結、機動部隊た-8(”熟れた果実”)は引き続き任務の完遂を目指し尽力すべし。-日本支部理事




下書き一覧

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-████ SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト8181の庭園に植えられた状態で管理されています。

説明: SCP-XXX-JPの外見や異常性を除いた生態は、一般的なソメイヨシノと同様です。SCP-XXX-JPの樹齢は、その異常性の最古の目撃記録から約90歳であると思われます。しかし、SCP-XXX-JPの年輪の数や老朽化の度合いに鑑みると、SCP-XXX-JPの樹齢は約30歳であることを60年前より示し続けて います いました。SCP-XXX-JPが現在の収容環境に移されてから、SCP-XXX-JPに老朽化の兆候が確認されるようになり始めましたが、その原因は不明です。

SCP-XXX-JPは、SCP-XXX-JP-1と呼称される、異常性を有した花びらを、3月初旬に生成する可能性があります。SCP-XXX-JP-1がSCP-XXX-JPから離れると、SCP-XXX-JP-1同士がある地点に集合し、1つの構成物を形成します。SCP-XXX-JP-1はある程度の知能を有すると推測されています。SCP-XXX-JP-1の構成物の形成を妨害する行為は、最終的には全て失敗に終わりました。SCP-XXX-JP-1の大多数が短期間で無力化された場合、SCP-XXX-JPは異常な速度でSCP-XXX-JP-1を生成します。

SCP-XXX-JPの異常性は、1920年██月██日のアメリカ合衆国ワシントンD.C.のタイダルベイスンにおいて初めて確認されたことが記録されています。なお、発見当初から2006年██月██日までの間、SCP-XXX-JPは本部の管理下に置かれていたため、SCP-████と登録されていました。以下がその記録です。

日付: 1920/██/██

記録: 花びらが襲い掛かってきたとの通報を受け、派遣された時、その異常な花びらは全幅およそ6mの巨鳥のような姿を取っていました。その異常存在は周囲の民間人に接触するほどの距離を飛び続けた後、西方に飛んで行きました。その後、あの異常存在が何処に行ったのかは現時点では不明です。我々はあの異常存在をSCP-████と指定し、直ちに調査を開始するべきです。もし再びあの異常存在が現れた時、我々は多額の資金を投資して、報道の検問と記憶破壊処理をしなければならなくなります。今回の件がそうであったように。-スプリング博士

返答 承認します。今回発見された異常存在をSCP-████と指定し、早急に調査を進めてください。確保、収容、保護。-O5-12

以降、SCP-████に指定された”異常存在”は毎年のように出現しましたが、財団は周辺地域への立ち入りの禁止、カバーストーリーの流布等で、民間人がSCP-████を知ることを完全に防止することに成功しました。さらに、1948年██月██日には、SCP-████が特定のソメイヨシノから生成された花びらから形成されることが確認されました。1956年██月██日には、前述の異常な花びらの生成速度が、SCP-████の無力化実験中に確認されると、SCP-████の異常性の根源はその1本のソメイヨシノにあると判断され、翌年の3月12日をもって、そのソメイヨシノをSCP-████と指定し、SCP-████から生成された花びらをSCP-████-1と指定することが決定しました。

1999年██月██日、SCP-████-1のうちの幾つかにGPS装置を取り付けた状態で、SCP-████-1による構成物の形成を発生させることに成功しました。この際、SCP-████-1群は第二次世界大戦中に大日本帝国軍が使用していた零式艦戦の形をとり、ポトマック川を滑走すると、西方へ飛び立ちました。GPS装置の幾つかは強風が原因とみられるSCP-████-1構成物の一部の欠損により正しいデータをとることが出来ませんでしたが、1つのGPS装置は、日本上空までSCP-████-1が移動すると、██県の浜辺に降り立ったことを示しました。その地点に派遣されたエージェント春風は、SCP-████-1の異常性が確認できないと報告しました。なお、SCP-████の隠蔽のための周辺住民への記憶処理は、日本支部職員の協力により問題なく完了しました。

上記の実験結果から、日本国内であればSCP-████-1が構成物を形成することを防ぐことが出来ると推測され、2000年██月██日、SCP-████を日本のサイト8181に移動させることが決定しました。それから2か月後の██月██日、SCP-████はサイト8181に移動され、長期的な観察実験が開始されました。

日付: 2001年5月4日

現在までの観察結果と考察: SCP-████は一般的なソメイヨシノと同じように花びらを付け、そして緑化した。SCP-████には一切の異常性が確認されなかった。SCP-████が生成した全ての花びらを一枚一枚確認したり、その花びらを一か所に故意的に集めてみたりしたが、異常性が確認されることはなかった。これからもSCP-████の観察実験は継続する予定だが、このまま異常性が長期間確認されないのであれば、SCP-████を正式に日本支部の管理下に置き、それに伴いSCP-XXX-JPと指定し直す必要が出てきそうだ。本部とは後日、この件に関する相談をすることとする。-卯月博士

2005年██月██日、本部との相談の結果、SCP-████に指定されていたソメイヨシノは、恒久的でかつ安定的な収容の成立を理由に、正式に日本支部の管理下に置かれ、日本支部のデータベース上に新たにSCP-XXX-JPとして登録されることが決定しました。その後、2006年より現在までにSCP-XXX-JPの異常性は一切確認されていません。SCP-XXX-JPのNeutralizedへのクラス変更は現在日本支部理事により審議中です。

-JP表記が点く理由を書きたいので、本部と日本支部両方で管理された経歴を持つオブジェクトを考える。

名称: SCPS-アイラ/衛門博士
所在地: 海洋異常監視サイト-8171-1番ドック
職務: 海洋異常監視サイト-8171-1番ドックの近海の調査、海洋異常生物、異常物体、不審船舶の発見と報告、漁業
概要: SCPS-アイラは財団日本支部が管理している船舶です。太平洋に存在する異常をいち早く発見し、報告、確保、場合によっては攻撃を行うことを主な任務としています。SCPS-アイラは1967年に建造され、現在に至るまでにXX回に渡る改修が施されています。この改修作業はSCPS-アイラのもつ異常性のため必ず行われなければなりません。基本的に財団職員は誰であってもSCPS-アイラを出入りすることが可能ですが、管制室のみ誰であっても立ち入ることが出来ていません。このことからSCPS-アイラの異常性の根源がこの管制室内にあると推測されており、衛門博士もそれに肯定的な意見を述べています。

衛門博士に実体は存在せず、SCPS-アイラ内のデータベースでのみ確認でき、SCPS-アイラの全ての動作、システムの管理を行っています。衛門博士は1972年に[削除済み]。そして彼の精神とSCPS-アイラは融合し、現在に至ります。何故、そうなってしまったのかは完全に不明であり、衛門博士も知らない、現実を超越した何らかの神の御技かなにかだろうと回答しています。基本的に衛門博士との会話はSCPS-アイラ内の各所に設置されているスピーカーを通じて行うことが出来ます。また、彼の視覚はSCPS-アイラに取り付けられている全てのカメラによって齎されているようです。SCPS-アイラの船体が傷つくと、衛門博士は苦痛を訴え、SCPS-アイラのエンジンやシステムに異常が発生すると、衛門博士はまるで人間が病気になっているかのような発言をし苦しみます。また、SCPS-アイラに搭載された兵器の使用は衛門博士にとってかなりストレスと疲労がたまる行為であるようです。