Pagema157

塵も積もれば山となる

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8136の冷凍保管室に収容されています。

SCP-XXX-JPは異常性発揮2日前に特殊耐久実験室に移送されます。特殊耐久実験室以外で異常性を発揮させることは許可されていません。

SCP-XXX-JPの異常性発揮後、出現した一円硬貨を全て回収、検査し、結果を全て財団会計部門に報告してください。また、オブジェクトによって出現した一円硬貨は会計部門の指示に従い適切に処理してください。

説明: SCP-XXX-JPは戸籍上「西島 知広」と記録されている男性の死体です。SCP-XXX-JPは後述の理由で死亡したと見られるため、大きく損壊しています。しかしながらそれ以上の損壊を見せることはありません。また、腐敗の兆候も見られません。

SCP-XXX-JPの異常性は毎月15日の午後5時頃、オブジェクトの直上に非異常性の一円硬貨を約1億2700万枚出現させるという点にあります。SCP-XXX-JPによって出現する一円硬貨の状態は様々であり、記載された製造年にも違いが見られます。この硬貨について、政府、金融機関に潜入中であるエージェントから関連性が高い報告が為されておらず、政府発行であるという確証は得られていません。

SCP-XXX-JP発見のきっかけとなったのは、20██年██月██日、██県████市の西島氏邸宅内に約1億2700万枚の一円硬貨が出現したという事案です1。これにより、硬貨が出現した家屋が全壊し、家屋内で生活していた家族5名が全員死亡しました。周辺一帯への大量の記憶処理剤の散布、及びカバーストーリーの流布によりこの事案は隠蔽されました。

全壊した西島氏宅からは硬貨の出現と関連があると見られる鉄製の箱が発見されており、西島知広氏はこれに覆いかぶさるようにして死亡していました。箱内に入っていた物品は以下の通りです。

  • 未知の言語で記述された小冊子
  • 一円硬貨1枚
  • 乱雑な文字が書かれた紙

紙に書かれていた内容を以下に記します。

日本じゅうの人たちから 一円ずつでもいいからください おねがいします

██████小がっこう 2ねん 6くみ 西じまともひろ

回収された小冊子や鉄製の箱などから、西島知広氏に何らかの形で協力した人物の存在が疑われています。また、当時西島知広氏を含む西島家全体の生活が困窮していたという事実もこの事案に深い影響を与えたものと思われます。

回収された死体の内、西島知広氏の死体が財団施設内で異常性を発揮したためSCP-XXX-JPとしてデータベースに登録されました。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8153の低危険度物品保管コンテナにて収容されています。殺人の前科がある人物がコンテナ内に入ることは禁止されています。

SCP-XXX-JPの影響を受けた対象には保護及び治療を同サイトにおいて行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは容積650Lの業務用ダストボックスです。同型の商品が██████社より販売されていますが、これらには異常性は確認されませんでした。

SCP-XXX-JPはこのオブジェクトを中心とした半径5m以内に殺人の前科がある人物(以降、対象と表記)が侵入することで活性化します。活性化したSCP-XXX-JPの側面からは人間の上肢のように見える大量の実体が生えるように出現し、対象を掴みながらSCP-XXX-JP内部に引きずり込みます。これによって引きずりこまれ、SCP-XXX-JPの底面と接触した対象は消失し、付近に存在する清掃工場内に意識を失った状態で出現します。対象が消失するとSCP-XXX-JPの上肢は消失し、オブジェクトは非活性化します。清掃工場内に出現した対象者の健康状態自体に問題は見られません。

SCP-XXX-JPによって消失、出現した対象は睡眠時に特定の夢(以降、SCP-XXX-JP-1と表記)を経験するようになります。全ての対象が経験するSCP-XXX-JP-1の内容は概ね一致しており、”対象が、対象の親しい人物や家族など複数人に残虐な手段で殺害されるという場面を客観的に見る”というものです。対象を殺害する人物や手段はSCP-XXX-JP-1を経験するたびに多少の変化を見せます。

SCP-XXX-JP-1を経験している間、対象の眼球は不明なプロセスを経て消失します。眼球の消失によっておおよそ考えられる感染症などの被害は確認されていません。

対象はSCP-XXX-JP-1の経験に不快感、疲労感、孤独感を主張します。繰り返し経験するSCP-XXX-JP-1は多大な心理的ストレッサーとなり、対象は結果として睡眠に対しての忌避感や重度の鬱症状を示します。

画像: https://commons.m.wikimedia.org/wiki/File:Myrtle_Corbin_by_JR_Applegate_c1880.JPG#mw-jump-to-license
(パブリックドメイン)

画像:https://pixabay.com/photo-1279880/