Pagema157
moreru.jpg

一般人によって撮影された出現直後のSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその性質上収容は不可能です。定期的にSCP-XXX-JPが引き起こす事象と類似した行動をする不審者の情報をニュース番組やSNS上で流布します。SCP-XXX-JP出現が確認された場合フィールドエージェントを派遣、周辺住民へのインタビュー後記憶処理を行い、SCP-XXX-JPにより出現した物品を回収してください。回収した物品はサイト-8156のオブジェクト関連物保管倉庫に保管してください。

説明: SCP-XXX-JPは全国各地の施錠された玄関扉前(主に一般家屋)に、午前1時〜午前3時の間に出現する存在です。SCP-XXX-JPは概ね人型をしており、出現は毎年2、3例確認されています。監視カメラ、ドアスコープ、外部からの観測者などではSCP-XXX-JPを観測できず、唯一すりガラスが用いられた扉でのみシルエットとして存在を確認することができます。

SCP-XXX-JPの行動は出現から時間が経過する毎に変化します。

経過時間 行動 備考
出現直後 扉にノックをし、低い男性の声で「開けてください」と発声する。 声量はごく小さなもので、声色は穏やかなものである。また、この時点より扉への内外部からの干渉が不可能となる。
約1分 扉を連続でノックし、「開けてください」と連呼するようになる。 声量は若干の増大を見せ、声に焦燥感や切迫感が感じ始められる。
約30分 扉へ強い衝撃を与え始める。発声の内容は前段階と同様。 声量は前段階からさらに増大する。
約1時間 前段階よりさらに強い衝撃を扉に加えるようになる。また、発声の内容は「開けてください」から「開けろ」へと変化する。 声量は前段階からさらに増大し、焦燥感や切迫感が顕著に感じられるようになる。
約2時間 SCP-XXX-JPが扉前から移動することはないが、扉への衝撃に加えて家屋の窓も同様の衝撃を受けるようになる。また、内容のある発声を行わなくなり、断続的な叫びをあげるようになる。 声量は周辺一帯が聞き取ることが可能である程度にまで増大する。
約2時間30分 扉、窓への衝撃に加え、家屋に存在する壁が同様の衝撃を受けるようになる。この場合もSCP-XXX-JPの移動は確認されない。また、発声を一切行わなくなる。 時折、SCP-XXX-JPのシルエットが悶えるように動くことが確認される。
約3時間 突如として全ての行動を中止し消失する。消失地点には複数の物品が出現する。 これまでのSCP-XXX-JPのあらゆる行動は扉、窓、壁の破壊に至らない。

SCP-XXX-JP消失後出現する物品は以下の通りです。

  • ジーンズ
  • 大量の人糞が付着したブリーフ

財団のデータベース上には、この人糞と一致するDNAは記録されていません。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその性質上収容は不可能です。全国の四肢・頭部の存在しない死体に関する情報は全て優先的にSCP-XXX-JP研究チームに報告されます。

SCP-XXX-JP対象者は発見次第サイト-8153の標準人型オブジェクト収容房にて保護します。対象者にはSCP-XXX-JP内での行動について、SCP-XXX-JPの継続が為されない選択をすべきであると命令する必要があります。この命令はクラスA記憶操作薬によってより強固にしてください。

説明: SCP-XXX-JPは母親が死亡済みである人物(以降"対象者"と表記)が経験する夢とそれに続く異常現象です。日本全国で毎年数件の発生が報告されています。

SCP-XXX-JPの内容は、母親が対象者へ料理を提供するというものです。対象者が料理を食べるかについての判断を母親に告げた時点で対象者は起床します。起床する時間は午前1時から3時ごろまでのケースが多く見られます。SCP-XXX-JP内で料理の摂食を選択していない場合SCP-XXX-JPは終了しますが、選択していた場合これに続いてSCP-XXX-JP-1が起床後の対象者の元に出現します。

SCP-XXX-JP-1は概ね人型をした実体です。肩まで伸びる頭髪の生えた、通常の人間と比較して異常に肥大した頭部を有しています。これには口部以外の諸器官は存在していません。また、全身の皮膚は爛れ、鋭利な爪を有しています。発話は可能ですが、発話の直後数度小刻みに全身を震わせます。対象者はSCP-XXX-JP-1の声を母親のものと同様であると認識します。SCP-XXX-JP-1は共通して女性服を着用しています。

SCP-XXX-JP-1は起床後の対象者に様々な料理を用意し1、それを食べるよう要求します。対象者はこの要求を例外なく受け入れ、食事を始めます。食事中、SCP-XXX-JP-1は対象者の母親として振る舞い、様々な世間話を取り交わします。食事が終わるとSCP-XXX-JP-1は対象者の四肢の内一肢をちぎり、自身に取り付けた後消失します。対象者はこれに対して多大な身体的苦痛を感じますが、ちぎられた部分から出血はせず、傷口は即座に塞がれます。以降、対象者は連夜SCP-XXX-JPを経験します。これはSCP-XXX-JP内で料理の摂食を拒否するか対象者が死亡するまで続きます。SCP-XXX-JPを4度経験したことで四肢を全て失った対象者が、続いて経験するSCP-XXX-JP内において料理の摂食を選択した場合、出現したSCP-XXX-JP-1は四肢ではなく頭部をちぎります。これによって対象者は死亡します。

以下は財団が初めて発見したSCP-XXX-JP対象者へのインタビューです。対象者である伊藤██氏はSCP-XXX-JPを4度経験しています。そのため、伊藤██氏には四肢が存在していません。

対象: 伊藤██

インタビュアー: エージェント・村井

<録音開始>

(重要度が低いため省略)

エージェント・村井: では、その夢はどのようであったか説明してくれますか?

伊藤氏: はい、僕が見た夢っていうのは、最近火事で亡くなった母が料理を出してくれて「食べる?」って聞いてくる夢です。それだけの内容なんですけど、すごくリアルで思わず頷いてしまうようなものでした。

エージェント・村井: なるほど。その夢の中で料理を食べることに頷いたのですね。

伊藤氏: はい。火事で母との思い出も全部燃えちゃいましたから、本当に懐かしい気持ちになって。

エージェント・村井: その夢を見た後、何が起こったのですか?

伊藤氏: 料理を食べることに頷いたら突然夢から覚めましたね。それで、えぇ、何時頃だったかな。まあ、深夜に起きたんです。そしたら目の前に化け物が現れて。

エージェント・村井: 化け物ですか。

伊藤氏: 化け物です。長い髪の毛とめちゃくちゃにでかい頭を持っていて、鼻とか目とかがないんです。口だけ付いていました。

エージェント・村井: なるほど。その化け物に関する情報はまた後ほど聞かせてもらいます。

伊藤氏: わかりました。とりあえずおぞましくて気持ち悪い化け物だったんです。でもそれと同時に懐かしさを感じました。その時はそれが何なのかわからなかったんですけど、化け物がこっちに喋ってきて気づきました。化け物は僕の母の声で喋ったんです。

エージェント・村井: それは間違いないですか?喋り方や口癖などは?

伊藤氏: 間違いないです。喋り方も同じ感じでした。ただ、喋った後少し震えるような動きをしていましたが。

エージェント・村井: 化け物はあなたにどのようなことを喋りかけたのですか?

伊藤氏: 最初は食事についてです。化け物はいつの間にか皿に盛られた料理を持っていて、僕に食べるよう言ってきました。その時にはもう化け物への嫌悪感も無くなってて、出された料理を食べてしまいました。

エージェント・村井: 料理に何か特徴はありましたか?普通使わない食材が入っているとか、そのようなことは。

伊藤氏: いえ、普通の、生前の母がよく僕に作ってくれた料理でした。味まで同じだったものですから、夢中でがっついてしまいました。そういえば、食べている間化け物に色々な世間話を振られましたね。まるで母親みたいに「結婚はまだか」とか「ちゃんとバランスの良い食事を摂っているか」とか。異様な雰囲気でした。

エージェント・村井: なるほど。食事が終わった後、何が起きましたか?

伊藤氏: 料理を全部食べて化け物の方に向き直ると、化け物はそれまでの世間話を続けながら僕の左手を掴んできました。それから僕の左手を根本から引きちぎりました。

エージェント・村井: 抵抗はしなかったのですか。

伊藤氏: もちろんしましたけど、力がとても強くて抵抗は意味がありませんでした。めちゃくちゃ痛くてしばらく何も考えられずにいたら、化け物と料理の皿とかがいつの間にか消えていてとにかく混乱しました。出血とかは無かったんですがね。

エージェント・村井: 出血は無くとも、腕をちぎられれば誰だって痛いでしょう。

伊藤氏: えぇ、まあそうですね。その後は、何もやる気が起きなくなって、会社にも行かずにあの化け物のことについて考えました。

エージェント・村井: 次の夜も同様の夢を見て、料理を食べることを選択したのですか。

伊藤氏: そうですね。夢の中で食事を断っておけば、あの化け物が出ないことは直感的に理解していましたが。

エージェント・村井: 結果的に4度あの夢を経験し、四肢を全て失くした。

伊藤氏: はい、その直後に武器を持った人達が家に入ってきてここに連れられたというわけですが。

エージェント・村井: 腑に落ちないのは、あなたがなぜ四肢を全て失くすまで夢を見続けたかです。痛みを伴い、体が不自由になるのに。

伊藤氏: 先ほども言いましたが、母や母との思い出は火事によって全て燃えてしまいました。でも、でもですよ?あの化け物は母の声で喋って母の料理を出すんです。あいつは、あの化け物は、今唯一ある僕と母との繋がりなんです。

<録音終了>

インタビュー実施後の深夜、伊藤██氏を保護していた収容房内にSCP-XXX-JP-1が出現しました。保安職員が収容房への侵入を試みましたが、不明な作用により扉が解錠されず侵入は失敗しました。SCP-XXX-JP-1は伊藤氏に料理を提供し、伊藤氏が食事を終えると頭部をちぎり消失しました。伊藤氏は職員に止められていたにもかかわらず、SCP-XXX-JP内での料理の提供に対して摂食を選択したものと思われます。

現在まで、SCP-XXX-JP対象者の多くが頭部・四肢が存在しない状態で発見されており、それ以前の状態で保護した対象者についても、5度目のSCP-XXX-JPを経験し死亡する傾向にあります。

画像: https://commons.m.wikimedia.org/wiki/File:Myrtle_Corbin_by_JR_Applegate_c1880.JPG#mw-jump-to-license
(パブリックドメイン)

画像:https://pixabay.com/photo-1279880/

画像:https://pixabay.com/images/id-984170/