Pagema157

アイテム番号:

オブジェクトクラス:

特別収容プロトコル:

説明:

補遺:

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██内の標準収容コンテナにて収容されています。コンテナ内に前科のある職員が入室することは許可されていません。また、出現が確認された全てのSCP-XXX-JP-Aは隣接するように設けた中型物品保管コンテナ内に保管し、監視カメラを用いて監視してください。

SCP-XXX-JP-B全個体はサイト-81██の医療用施設において、保護及び治療が行われています。

説明: SCP-XXX-JPは高さ約1.2mの丸型ダストボックスです。SCP-XXX-JPには犯罪者に対する罵倒と思われる文言が大量に彫られています。過去に実施されたテストにより、新たに損傷を加えることは不可能であると判明しています。

SCP-XXX-JPはこのオブジェクトを中心とした半径5m以内に前科のある人物(以降対象者と表記)が侵入したことを何らかの方法で認知し、活性化します。SCP-XXX-JPが活性化すると、2m程度の人間の上肢と下肢のようなものが2本ずつ、それぞれ側面と底面から生えるように出現します。これらを未知の手段で動かすことにより、SCP-XXX-JPは自律的な移動が可能になります。上肢と下肢出現後、SCP-XXX-JPは対象者の元へ約80km/hの速度で走り出します。SCP-XXX-JPは対象者の元まで来ると対象者を掴み、そのまま自身の内部へ投げ入れます。投げ入れられた対象者は消失し、直後、SCP-XXX-JPの最も付近に存在する清掃工場に後述するSCP-XXX-JP-Aが出現します。SCP-XXX-JPは認知範囲内に対象者が存在しなくなるまで前述の行動を繰り返します。存在しなくなった場合、SCP-XXX-JPの上肢と下肢は消失し不活性化します。現在まで消失した対象者の行方は判明していません。

SCP-XXX-JP-Aはブラウン管のテレビ受像機です。SCP-XXX-JP-Aには配線、電気の供給が行われていないにもかかわらず常に同じ映像が繰り返し映し出されています。映像は、対象者が犯した犯罪についての裁判を行うところから始まり、対象者は必ず有罪とされます1。判決が出た後、対象者は裁判官から”罰”と呼ばれるものを受けるよう言い渡されます。この”罰”は裁判を行なったその場で執行されます。”罰”の内容は対象者によって変化しますが、最終的に全ての対象者は破砕機にかけられた後、焼却されます。映像は対象者が焼却された時点で終了します。

SCP-XXX-JP-Aが写す映像には複数個の人間の眼球が浮遊した状態で出現することがあります。眼球の個数は映像の途中で0個、2個、4個の間で変動します。映像内の人物は眼球に一切の反応を示しません。対象者の関係者の経過観察により、対象者の両親(以降SCP-XXX-JP-Bと呼称)の就寝中に眼球が消失し、SCP-XXX-JP-A内の映像に眼球が出現することが判明しました。これらの事実、SCP-XXX-JP-B全員が毎日”悪夢”2を見るという証言をしていることから、映像内の眼球はSCP-XXX-JP-Bの眼球であると考えられています。また、SCP-XXX-JP-B全個体は就寝すると必ず見る”悪夢”に疲弊しており、深刻な鬱症状を示しています。

SCP-XXX-JPは2013/8/22、██県██市██刑務所からの”手足の生えたゴミ箱が囚人を襲っている”という旨の通報を傍受した財団エージェントにより確保、収容されました。エージェントが██刑務所に到着した時には既に██人がSCP-XXX-JPにより消失していました。目撃者にはAクラス記憶処理が為され、SCP-XXX-JPによって消失した対象者の親族と近隣の住民などにはカバーストーリー”刑務所内抗争”、”囚人██名が死亡”が流布されました。

以下は財団が収容しているSCP-XXX-JP-Aとその内容(一部抜粋)です。

No. 消失した対象者 対象者が犯した犯罪 ”罰”の内容等
1 鈴木██ 傷害罪
7 大村█ 脅迫罪
11 金輪███ 自殺教唆罪
16 D-1796 強姦罪、殺人罪
18 D-3042 殺人罪

補遺1: 2014/4/18、SCP-XXX-JP研究主任である草田博士よりSCP-XXX-JP-Bの終了が提案されました。

SCP-XXX-JP-Bの終了を提案いたします。保護から6ヶ月経過した現在、SCP-XXX-JP-Bには記憶処理さえも使用しSCP-XXX-JP-Aの内容に対するショックを和らげようと手を施しています。しかしそれも限界が近づいてきました。SCP-XXX-JP-Bの鬱症状はさらに進行し、Bクラス記憶処理も最早効果を表していません。これ以上の保護及び治療は無意味にSCP-XXX-JP-Bを苦しめるだけではないでしょうか。ー 草田博士

SCP-XXX-JP-Bの終了を許可します。ただし、終了は1組ずつ行い、十分な間隔を開けるようにしてください。これによりSCP-XXX-JPの新たな異常性等が発見された場合は速やかに以降の終了計画を中止し、報告を行なってください。
ー サイト-81██管理官 糸中███

補遺2: 2014/5/13、SCP-XXX-JP-B-1、2の終了が実行されました。その直後、両名の眼球が消失し、SCP-XXX-JP-A-1の映像内に眼球が4個出現しました。これらの眼球は現在まで消失することなく常に映像に写り続けています。

これ以降SCP-XXX-JP-Bの終了は全面的に禁止されました。

補遺3: 2014/5/18、草田博士の出勤が確認されなかったことを不審に思った研究員からの連絡により、財団は草田博士の捜索を開始しました。結果、2日後にサイト-81██付近の森林で首を吊り死亡した状態で発見されました。特に争った形跡もなく自殺とみられています。また、草田博士の死体には眼球が存在していませんでした。以前、この眼球の行方は不明です。