Pagema157

アイテム番号:

オブジェクトクラス:

特別収容プロトコル:

説明:

補遺:

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██内の標準収容コンテナにて収容されています。コンテナ内に前科のある職員が入室することは許可されていません。また、出現が確認された全てのSCP-XXX-JP-Aは隣接するように設けた中型物品保管コンテナ内に保管し、監視カメラを用いて監視してください。

説明: SCP-XXX-JPは高さ約1.2mの丸型ダストボックスです。SCP-XXX-JPには「ゴミはゴミ箱へ」、「分別不要」などの様々な言葉が彫られている以外に損傷はありません。過去に実施されたテストにより、新たに損傷を加えることは不可能であると判明しています。

SCP-XXX-JPはこのオブジェクトを中心とした半径5m以内に前科のある人物(以降対象者と表記)が侵入したことを何らかの方法で認知し、活性化します。SCP-XXX-JPが活性化すると、2m程度の人間の上肢と下肢のようなものが2本ずつ、それぞれ側面と底面から生えるように出現します。これらを未知の手段で動かすことにより、SCP-XXX-JPは自律的な移動が可能になります。上肢と下肢出現後、SCP-XXX-JPは対象者の元へ約80km/hの速度で走り出します。SCP-XXX-JPは対象者の元まで来ると対象者を掴み、そのまま自身の内部へ投げ入れます。投げ入れられた対象者は消失し、直後、SCP-XXX-JPの最も付近に存在する清掃工場に後述するSCP-XXX-JP-Aが出現します。SCP-XXX-JPは認知範囲内に対象者が存在しなくなるまで前述の行動を繰り返します。存在しなくなった場合、SCP-XXX-JPの上肢と下肢は消失し不活性化します。現在まで消失した対象者の行方は判明していません。

SCP-XXX-JP-Aは一般的なブラウン管のテレビ受像機です。SCP-XXX-JP-Aには配線、電気の供給が行われていないにもかかわらず常に同じ映像が繰り返し映し出されています。映像は直前に消失した対象者が、自身が犯した犯罪についての裁判を受けるところから始まり、対象者は必ず有罪となります。裁判中の対象者は一切裁判官などの周りの人物の言動に反応しません。有罪とされた対象者は裁判官から”罰”と称されるものを受けるように言い渡されます。この”罰”は犯罪の被害者によって執行され、対象者が犯した犯罪を模したものになります。”罰”が終了すると、対象者は破砕機にかけられた後に焼却炉で焼却され、映像は終了します。

映像内には常にこれらの様子を実況し、合間に”犯罪者はゴミである”、”そのゴミの親もまたゴミである”という旨の主張を繰り返すタキシードを着用した男性(以降SCP-XXX-JP-Bと表記)が存在します。また、複数個の人間の眼球のようなものが浮遊した状態で出現することがあります。この眼球にSCP-XXX-JP-Bを除いた映像内の人物は一切反応しません。眼球の個数は映像毎に違いますが、大抵の場合4つです。眼球が出現するタイミングは同じSCP-XXX-JP-Aでも毎回違い、現時点では深夜によく出現するという傾向のみが判明しています。 出現タイミングの詳細が判明しました。詳しくは補遺1を参照して下さい。

SCP-XXX-JPは2010/8/22、██県██市██刑務所からの”手足の生えたゴミ箱が囚人を襲っている”という旨の通報を傍受した財団エージェントにより確保、収容されました。エージェントが██刑務所に到着した時には既に██人がSCP-XXX-JPにより消失していました。目撃者にはAクラス記憶処理が為され、SCP-XXX-JPによって消失した対象者の親族と近隣の住民などにはカバーストーリー”刑務所内抗争”、”囚人██名が死亡”が流布されました。

以下は財団が収容しているSCP-XXX-JP-Aのリストと映像の内容(一部抜粋)です。

No. 消失した対象者 対象者が犯した犯罪 映像の内容等
1 鈴木██ 傷害罪 裁判終了後、対象者は牢獄のような場所へ連れて行かれ、鎖につながれる。その後、被害者に原型をとどめない程度になるまで暴行を延々と加えられ続ける。被害者が対象者の死亡を確認した後、破砕機にかけ、焼却する。映像時間は約3時間。
7 大村█ 脅迫罪 裁判終了後、対象者は破砕機の搬入口の真上にロープで吊るされ、被害者から”なぜ犯罪を犯したのか”、”その時の心境はどうであったか”などの尋問を受け続ける。また、”答えない場合はロープを切断する”という旨の脅迫が交えられる。尋問が3時間を超えたところで突如被害者が叫びだし、ロープがひとりでに切断される。対象者はそのまま粉砕され、焼却される。映像時間は約5時間。
11 金輪███ 自殺教唆罪 裁判終了後、対象者は被害者によってビルの屋上に連れて行かれ、ロープで吊るされる。直後、被害者が自ら飛び降り、それをきっかけとして次々に被害者と同一の容姿をした人物が屋上に出現し飛び降りていく。そのまま約5時間が経過したところで被害者の1人がロープを切断、対象者は落下する。被害者らは対象者の死体を回収し、破砕機で粉砕、焼却する。映像時間は約7時間。
16 細木原██ 逮捕・監禁罪 裁判終了後、対象者は白い壁で覆われた部屋へ連れて行かれ、約3日間放置される。3日後、被害者が入室し対象者の四肢を切断。切断した四肢から出る血液を用いて壁に自身が殺害された経緯や対象者が犯した犯罪を表した絵を描き出す。その後、別室に用意した破砕機で対象者を粉砕、焼却する。映像時間は約75時間。
18 D-3042 殺人罪 裁判終了後、対象者は牢獄のような場所に連れて行かれ、自身が殺害した███氏、████氏、█████氏に金槌で頭部を約1時間の間殴られ続ける。その後、被害者のうち2名は対象者の身体を頭部から脚部にかけ順番に食していく。摂食が終了すると2名は自ら破砕機の搬入口に入り、粉砕される。その後に排出された肉片を残った1名が焼却する。映像時間は約4時間。

補遺1: SCP-XXX-JPの収容完了後、消失した対象者らの周辺人物の経過観察が行われました。観察開始から██日後、対象者らの両親に睡眠を拒否しているかのような素振りが確認され始めました。また、それに伴う様々な弊害により健康状態が著しく損なわれていると判断されました。これを受け、鈴木██の両親である鈴木███氏、鈴木█氏にインタビューを行いました。

鈴木███氏、█氏の両名は睡眠不足や栄養失調、精神錯乱などにより正常な会話が困難でしたが、数度にわたるインタビューにより、両名は以下のことを話していると判明しました。

  • 2010/8/22より奇妙な夢を見るようになった。
  • 夢の内容は息子が裁判にかけられた後、犯罪の被害者に殴られ続け死ぬというものである。
  • 息子と自分達は、夢に登場するタキシードを着用した男性に罵倒され続ける。
  • タキシードを着用した男性以外に自分達を認識する人物はいない。
  • 夢は毎回同じ内容であるが、ほとんどが途中から見ているものである。
  • 自分達はこの奇妙な夢を見るのが怖くなり、眠ることができない状況である。

このインタビュー後に行われた調査により、███氏及び█氏の就寝タイミングと映像に眼球が出現するタイミングが一致していることが判明しました。また、全ての対象者の両親に対して財団傘下の病院施設で精神的な治療を行うことが決定されました。

補遺2: 2010/10/17、病院内で突如、鈴木███氏が鈴木█氏の首を絞め始めました。財団職員によって即座に取り押さえられましたが、█氏はその後死亡しました。行われた尋問によると███氏は「█を救ってやりたかった。」と証言しています。

█氏死亡の直後、SCP-XXX-JP-A-1の映像内に眼球が2つ出現しました。現在までこの眼球は消失することなく常に映像に映り続けています。