Pagema157

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8136の低危険度物品保管コンテナ内に収容されています。

説明: SCP-XXX-JPは東弊重工によって製造されたと思われる電気炬燵です。蓄電装置と充電コードが付属しています。SCP-XXX-JPは後述の条件を全て満たさない限り通常の炬燵のように使用することが可能です。

SCP-XXX-JPの異常性は以下の条件を全て満たした場合発現します。(SCP-XXX-JPを使用する人物を以降"対象"と表記)

  • SCP-XXX-JPの電源が入れられている。
  • 炬燵机の直下空間内に対象の身体が存在する。
  • 対象が、現在行きたい場所・行く必要のある場所・興味のある場所のいずれかを十分な声量で発言する。

以上の条件が満たされた場合、炬燵机の直下空間内に存在する対象の身体は消失し、対象が発言した地点に出現します。大抵の場合、対象はこの異常性によって下半身を欠損、大量出血により死亡します。対象の発言が具体性に欠けるものであった場合、対象の最も近くに存在する、発言に対応した地点に対象の身体は出現します。

SCP-XXX-JPは20██/██/██、東弊重工社と関連が深いと見られる町工場への襲撃の際発見、回収されました。当施設は財団による襲撃前に廃棄されたと見られ、SCP-XXX-JP以外にも数点の異常性を有する製品を回収しています。

補遺: 現在、様々な観光地で「瞬間移動する炬燵」の目撃証言が相次いでいます。SCP-XXX-JPとの関連性は不明ですが、調査が必要であると思われます。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団関係者以外のSCP-XXX-JPとの接触を防ぐため、███小学校跡地周辺への立ち入りは警備員により制限されます。SCP-XXX-JPの周辺には監視カメラと録音機が設置され、オブジェクトの挙動が常時記録されます。

SCP-XXX-JPには現在位置の常時把握のためGPS発信機を取り付けます。また、SCP-XXX-JPに専用の拘束器具を装着し、歩行を阻止します。

説明: SCP-XXX-JPは██県████市の███小学校跡地に存在する二宮尊徳像です。サンプル採取の結果、青銅製であることが判明しています。SCP-XXX-JPは各地の小学校に存在していた二宮尊徳像と同様に、薪を背負い、本を読みながら歩くという姿を模した形状をしています。

SCP-XXX-JPの異常性は午後11時から翌日の午前3時にかけて毎日自律的に特定のルートを歩行する点にあります。

SCP-XXX-JPの歩行速度は時速5km程度で、歩行中は絶えず手元の本を注視しています。観測上、本には何も記述されていないにも関わらず、SCP-XXX-JPは様々な書物の記述を音読するように呟きます。大半は江戸時代までに存在した農学書や「四書」2です。歩行は拘束によって容易に阻止することが可能です。歩行を阻止した場合でもSCP-XXX-JPが音読を中止することはありません。また、あらゆるコミュニケーションの試みは失敗しています。SCP-XXX-JPは午前3時になると消失、再度███小学校跡地に出現し、不活性化します。

補遺1: 2002/██/██、日本に上陸した台風██号による暴風で拘束器具が破損し、SCP-XXX-JPは収容プロトコルが未完了の状態で異常性を発揮しました。

結果としてSCP-XXX-JPは一般交通規範を無視した歩行を続け、走行中の自動車と激突しました。自動車の運転手である加藤█氏は全治6ヶ月の怪我を負い、SCP-XXX-JPは激突の衝撃で破壊されました。目撃者等には記憶処理が施され、加藤█氏には財団管轄下の病院で治療が行われました。

破壊されたSCP-XXX-JPは午前3時に破片を含め全て消失し、███小学校跡地に完全な状態で再出現しました。これ以降の異常性発揮は確認されていません。 補遺2を参照してください。

補遺2: 2003/██/██、SCP-XXX-JPの異常性が再度確認されました。また、同時に未確認の書物の音読が観測されました。今回新たに認知された書物を以下に列挙します。

  • 六法全書(平成██年版)
  • 法学入門
  • 憲法学のすすめ
  • 交通事故判例集

補遺3: 2003/██/██、██地方裁判所において二宮尊徳を原告、加藤█氏を被告とした訴状の存在が確認されました。訴状の記入内容や添付書類は不完全なものでしたが、加藤█氏の氏名、住所等、ある程度の個人情報が記入されていました。

訴状の発見者は"いつのまにか書類に混ざっていた。"と証言しており、これ以外に訴状に関係すると思われる証言や映像は得られていません。

現在、SCP-XXX-JPの行動パターンに特別な変化は観測されていません。

画像: https://commons.m.wikimedia.org/wiki/File:Myrtle_Corbin_by_JR_Applegate_c1880.JPG#mw-jump-to-license
(パブリックドメイン)

画像:https://pixabay.com/photo-1279880/