Ouka1341
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは敷地内全域を仮囲いで囲い一般人の侵入を防いでください。校内には監視カメラを設置し3階を中心に異常が無いか常時確認してください。また活性化時には警備員に扮した財団エージェント4名を配置し、侵入者がいないか巡回を行わせます。もし侵入者を発見した時は即座に退去させ、必要ならば記憶処理を行ってください。現在SCP-XXX-JPの実験は全て禁止されています。詳しくは補遺1を参照してください。

説明: SCP-XXX-JPは廃校となった██県██市立███小学校3階の6-4教室の扉から出現する子供が描いた動物の落書きに見える複数の首の実体です。SCP-XXX-JPは午後4時から5時の間の活性化時にのみ出現することが確認されています。
SCP-XXX-JPを直接視認した対象は酷い恐怖感を覚えます。また判別不能な子供の声を聞く、常に監視されている錯覚に陥ることも確認されております。また恐怖により過度なストレスがかかり、幻覚、幻聴、睡眠時遊行症等を発症します。これらはBクラス記憶処理を行うことで取り除くことができます。

補遺1: SCP-XXX-JPの実験の最中、対象が今までと違う反応を示しました。今回対象となったDクラス職員は18歳であり、他の対象と違い未成年であることが関係していると思われます。以下は実験後のインタビュー記録になります。