わたしの心臓

アイテム番号: SCP-

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP- はサイト60■■の低危険物ロッカーに収容して下さい。担当職員は毎日SCP- のステータスインジゲーターを観察し、異常等の有無を確認して下さい。その他設備の点検や交換は同封された説明書の注意に従い行ってください。交換した部品は異常性の有無を調査確認した後、異常性がなければ焼却処分して下さい。実験の際は、□□研究員の許可を得た上で、必ず複数人で行うようにして下さい。

説明:SCP- は、一般的な自動体外式除細動器(英名Automated External Defibrillator 以下AEDと呼称する)です。見た目・手触り等の異常は無く、ごく普通のAEDに見えます。専門家の指導のもと分解して調査を行いましたが、部品ひとつひとつに至るまで異常性は見受けられませんでした。

SCP- を人間に対して使用した際は通常のAEDと同様の働きを見せますが、SCP- を蘇生訓練用の人形に対して使用するとその人形は"蘇生"されます(以下、”蘇生”された人形をSCP1と呼称します)。SCP1は声帯や体の殆どの臓器、器官が存在しないにも関わらず、人間のような振るまいを見せ、コミュニケーションをとることも可能です。

・複数体存在可能
・SCp--1は好意的である