SCP下書き「数式」
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその実体がないため収容が困難です。SCP-XXX-JPが唯一記されているSCP-XXX-JP-aはサイト-JPxx内の監視された金庫の中に保管されています。SCP-XXX-JPはクリアランスレベル4以上の権限を持つ職員のみが実験を申請することができます。実験を行う際は、スーパーコンピュータと操作用のデバイスから他の機器への接続を物理的に切断し、無線モジュールは取り外して絶対にインターネットに繋がらないようにしてください。

説明: scp-xxx-JPは4つの変数を持つ数式です。戦時下の中国で██軍によって発見された巻物(SCP-XXX-JP-a)を解読した結果得られました。薄く丈夫な幅約862mm、長さ30mの紙が一辺3mmの漢字で埋め尽くされています。炭素年代測定の結果、SCP-XXX-JP-aは紀元前2500年頃のものだと判明しています。数式以外の事項に関する記述はありません。
SCP-XXX-JPの4つの変数はそれぞれ高さ、幅、奥行き、「ある変数」であるとされています。「ある変数」に数値入力することで3軸のグラフを得ることができます。この計算にはサイト██のスーパーコンピュータを用いて2年と5日を要します。結果として得られる立体は非常に緻密な凹凸のある球形で、観測にもスーパーコンピュータを必要とします。スーパーコンピュータに与える負荷が大きく拘束時間が長いため、実験は限られたエージェントにしか許可されません。

補遺: