ぉのとての色々置き場
rating: 0+x

ぼくのしんゆう

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:safe Neutralized協議中

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JP

説明: SCP-XXX-JPは全長160cm、横幅60cm、20cmのテディベアです。
SCP-XXX-JPは、SCP-XXX-JPのある室内で、一人のみで睡眠をとったときに活性化します。SCP-XXX-JPは二足歩行を行い、睡眠をとっている人物(以下対象と呼称)に対し、抱きしめるような動作を取ります。この時、SCP-XXX-JPの右目からは生理食塩水を生成することが実験により確認されています。対象は、最低でも2時間、最長で15時間の睡眠をとり続けます。睡眠時間は、鬱傾向の強い人物ほど長い傾向にあります。

対象は、覚醒するまでの間、共通した内容を持つ夢を見ます。共通する部分は主に
・対象が、以前抱きしめられたことのある人物を模した実態(以下SCP-XXX-JP-1と呼称)が登場する。
・対象が、SCP-XXX-JP-1に対し、不安であることなどネガティブな発言をし、泣いている。
・SCP-XXX-JP-1は対象を抱きしめ、慰めて対象が泣き止むと、対象が依然SCP-XXX-JP-1の元となる人物と興じたことのある遊びをする。
・遊びが終わると、SCP-XXX-JP-1は、対象に再開の約束をすることを要求する。対象が承諾すると覚醒する。
の4点です。SCP-XXX-JP-1は特筆すべき点として、主に対象が以前親しかった友人が選ばれる傾向にあります。SCP-XXX-JP-1の元となる人物が存命している場合、その人物の現在の姿を模した姿形を取り、元となる人物が死亡していた場合、対象が最後に元となる人物と接触した際の姿形を取ります。

対象が夢から覚醒する10分前にSCP-XXX-JPは元の置かれた位置に二足歩行で戻ります。夢から覚醒した対象は、鬱傾向が改善され、SCP-XXX-JP-1の元となった人物と接触しようと試みます。SCP-XXX-JP-1の元となった人物が死亡している場合、対象の埋葬された墓地、もしくは対象の死亡した場所へと墓参りをしようとします。
この際、対象は不明な手段により、SCP-XXX-JP-1の元となった人物の所在の情報を知覚しています。この衝動は記憶処理を行っても取り除くことはできず、対象の用いることのできるあらゆる手段で試みようとします。

SCP-XXX-JPは、██県██市の温泉旅館「██屋」にて、「」という噂が流れていたのを財団のフィールドエージェントが聞き、調査した結果、活性化中のSCP-XXX-JPを発見、収容に至りました。SCP-XXX-JPはエージェント池田が発見した直後に非活性化したため対象にSCP-XXX-JPの影響はありませんでした。その際宿泊客にはAクラス記憶処理を施し、カバーストーリー「メーカーによる自主回収」を流布しました。

補遺1実験記録

補遺2: 事案