栄光の夕日 Glory Sunset


アイテム番号: SCP-1215-JP  

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1215-JPはサイト-8104内のG-a低脅威物収容セル内に収容されています。SCP-1215-JPを用いた生物実験は、実験記録1215-JP-5を最後に禁止されています。

実験により発生したSCP-1215-JP-2は一定期間収容した後、保管を続行または無力化してください。判断はレベル3以上のセキュリティクリアランスを持つ職員が行ってください。ただし、SCP-1215-JP-2が一定以上の危険性を有する場合、また特定の職員に異常性が見られた場合に限り、判断権は各時実験主任に委ねられます。

収容違反を防ぐため、収容セル内での作業は遠隔操作されたロボットアームで行われます。直接の接触が必要とされた場合は、セキュリティクリアランスレベル4の職員2名の許可が必要です。

説明: SCP-1215-JPは、SCP-1215-JP-A、SCP-1215-JP-Bの二脚からなるオーク(Quercus)製の丸椅子の総称です。外見に異常性は見られませんが、耐久度は一般的な木製の丸椅子と比べ非常に高いことが判明しています。

SCP-1215-JPの特異性は、SCP-1215-JP-Aの座面に50.██g~1██kgの生物、または物質(SCP-1215-JP-1)を設置した場合にのみ発揮されます。SCP-1215-JP-1をSCP-1215-JP-Aに設置すると、SCP-1215-JP-Bの座面から対象の複製(SCP-1215-JP-2)が出現します。基本的にSCP-1215-JP-2は対象より身体能力が優れている、機能が増えるなど、SCP-1215-JP-1と比べ良質になる傾向が見られます。この「良質」は触れ幅があり、基準は判明していません。

SCP-1215-JP-2が出現すると、SCP-1215-JP-1は周囲から「劣化版」または「贋作」などと認識され、SCP-1215-JP-2がSCP-1215-JP-1と周囲に認識されます。これはSCP-1215-JP-2が破壊または無力化されるまで継続します。SCP-1215-JP-2の複製元となったSCP-1215-JP-1が生物の場合、SCP-1215-JP-2はSCP-1215-JP-1に対する激しい攻撃性を有します。過去の実験でSCP-1215-JP-2がSCP-1215-JP-1を終了させたため発覚しました。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

特別収容プロトコル: 現在SCP-XXX-JPはサイト-XXのN-e物品収容ロッカーに収容されています。

説明: SCP-XXX-JPは老夫婦の横顔を模したと思われる、制作年月日不明の木彫りの彫刻です。サンプリングの結果、SCP-XXX-JPの原材料は榧(Torreya nucifera)と麻製の布と判明しています。

 人間(以下被験者と呼称)がSCP-XXX-JPより半径3mの範囲内で正座を行うと、対話イベント-XXXが発生します。対話イベント-XXXが発生すると、被験者のみが認識出来る高齢の男女の人型実体が出現します(以下男性型をSCP-XXX-JP-A、女性型をSCP-XXX-JP-Bとし、人型実体-xxxと総称)。人型実体-xxxは被験者が正座の姿勢を行っている間、被験者とのみ会話が可能です。人型実体-xxxは被験者にのみ観測可能ですが、発声のみ被験者意外にも観測する事が出来ます。特異性が発現している間、被験者は強力な外的要因又は被験者の自発的な起立が無い限り人型実体-xxxとの会話を中止することを拒みます。

被験者が人型実体-xxxと対話している間、被験者は人型実体-xxxを実の父母と認識し、人型実体-xxxも被験者の実の父母のように振舞います。これは被験者の父母の生死に問わず発現します。この異常性は対話イベント-XXXを繰り返すにつれ顕著になり、██回目の実験を行ったD-クラス職員はCクラス記憶処理を受け付けませんでした。また、実験の進行度に比例して、被験者は実の父母へ憎悪の感情を抱くことがインタビューにより確認されています。

補遺1: 実験記録
実験記録XXX-1 - 日付20██/██/██

対象: D-XXX01

実施方法: SCP-XXX-JPと共にインタビュー室へ収容し、対話イベント-XXXを発生させる。

実験ログ: 

分析: