ONIBI(下書き)
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-████の低危険物金庫に保管してください。セキュリティクリアランスレベル3以上の職員が閲覧可能です。ただし途中でも10分以内には読むのをやめて下さい。SCP‐XXX‐JPを読んだ職員は記録しBクラス記憶処理を行ってください。SCP-XXXJP-2に変化した職員は直ちに捕獲し空調を18℃に設定した収容室に監禁してください。また収容室に立ち入る際は防寒着を着用しセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の許可を得てください。SCP-XXX-JP-2が死亡した場合灰と石はそれぞれの袋に入れサイト-████の倉庫に保管してください。

説明: SCP-XXX-JPは題名に"冬国の女王さま"と書かれた児童書です。表紙には王冠と金の杖を身に着けたアカタテハ(学名:Vanessa indica)に似た蝶を中心に蜘蛛やカマキリがなどが賛美する様子が描かれています。途中からページが破れており裏には(出版社の名前)が印刷されています。時々未知の力で開いたり閉じたりしています。

SCP-XXX-JPを10分以上読み続けると偏頭痛を発症し脳内に早送りで蝶が成長し猫に食べられる映像が繰り返し流れます。この時点でBクラス記憶処理で進行を止めることが出来ます。このまま進行し続けると皮膚から糸状のものが身体を侵食し全員をまゆのような形に変化します。3時間後まゆを破り体長160~175cmのカルシウムと同様の成分の表面が固い甲羅を持ち後翅が生えているのに加え目にあたる部分は珪線石に酷似した石が3つ埋め込まれていて首周りに木綿に似た繊維が生えているシロアリ(学名:Isoptera)似た生物(以下、SCP-XXX-JP-2)が体の一部が欠損していて無数の4cmほどの青い蝶と緑の蝶がSCP-XXX-JP-2の体を包むような状態で出てきます。

SCP-XXX-JP-2は蜜や鉱石を食べるようになり氷晶が酸素と混ざって呼吸するのに加え周辺の物音に敏感ですが発話が可能です。SCP-XXX-JP-2に変化する前の人格を保っています。SCP-XXX-JP-2に変化してから2~3週間後腹部から細かい繊維を出し袋状の巣を作り出しそこで生活します。SCP-XXX-JP-2は暑さに非常に弱く春から秋まで巣で睡眠を行います。月に2回は脱皮をします。 SCP-XXX-JP-2に何かしらの危害を加えるとSCP-XXX-JP-2についていた蝶が髪を引っ張るなどの攻撃をします。そして5年後徐々に鉄さびのようなものが皮膚に現れ劣化していきます。また動く度に痛みが生じます。更に少しずつ五感及び記憶や語学能力などが失っていくと同時にSCP-XXX-JP-2についていた蝶が次々に死亡します。最終的にSCP-XXX-JP-2は動かなくなり燐灰石に酷似した石を残し灰になります。

(↓の被害者に(SCP-XXX-JPの第一発見者の)インタビュー 月見里(やまなし)博士 SCP-XXX-JP-2は○日後死亡 Aよろしくお願いします。Bよろしくお願いします。(挨拶) SCP-XXX-JP-2に変化した時を聞く(貴方がそのような姿になった時を教えてください (見回りをしていて落ちていた本を読んで糸のような物が身体にまとわりついて気づいたらこうなったと答える 博士 )) 蝶たちの声が多数から聞く(女王様と) 以前は20代女性だった。 女王陛下としての記憶がある。Aなんていうか自分が蝶で我儘で他の虫を従う感じだが嫌われているんです。)
(挨拶)
博士 こんにちは SCP-XXX-JP-2 調子はどうだい?
SCP-2 こんにちは博士 ええ大丈夫です
博士 それは何よりですSCP-XXX-JP-2。早速ですが貴方に質問があります答えられる範囲で良いのでお願いします
SCP-2 はい よろしくお願いします
博士 あなたは発見当時SCP-XXX-JPがいた児童書コーナーの近くにいましたね。
SCP-2 はい
博士 では貴方は何故その時そこにいたのですか?
SCP 私は閉館した後見回りをする際児童書コーナーに例の本があって

SCP 糸に包まれた後中は目は見えなくなりましたけど暖かく心地良かったです。○○と様々な声が聞こえ不思議と蝶が浮かびました 映像が頭の中に流れました。(過去に妖精に告げ口(騙され)をされ蟻を処刑しました罪を犯し様々な虫の頭をした人達(の怒りを買い)が火を持って革命を起こし庶民に降格され配下は守ってくれたが死ぬまで牢屋に入れらたでもある日猫の頭をした男に首を斬られて殺された)最後に私は民の為に思っていたはずなのになぜ?と女性の声が聞こえました。 記憶は(逆の事を言っている)
(変化した後少し歩いたら同僚を見つけ)
SCP 正直良かったです。こんな姿になっても助けていただいて
博士 それが私達の仕事ですから

最初はSCP-XXX-JPは静岡県██市の20██年█月█日に市立図書館に児童書コーナーに置いてありました。午後9時に見回りをしていた図書館の職員が戻ってこない事から別の職員が児童書コーナーの周辺を探索していたら糸にまみれた状態のSCP-XXX-JP-2を発見し通報を受けたエージェントによって収容されました。調査後SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-2に変化したと思われる場所から発見されました。

補遺: SCP-XXX-JPの内容


補遺2:SCP-XXX-JPのページの最後に翅が生えて派手な装飾を身に着け王冠を被っており腹部に赤子のような顔が浮き出ている縞模様が特徴的な猫が王座に座り蝶を咥えている挿し絵が挟まれていました。