Ogakuzuのサンドボックス
ICU

SCP-XXX-JPのコピー

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの完全な収容は困難です。SCP-XXX-JPが確認された場合、早急に適切な手段で消去を行い、担当職員に報告して下さい。またSCP-XXX-JPの出現を防ぐ為、使用していない部屋は消灯するよう心掛けて下さい。

説明: SCP-XXX-JPは財団の関わる施設、物品等に不定期的に出現するロゴです。SCP-XXX-JPのマーク部分は変形したI、C、Uからなる目の図案で、タイプ部分には“I.C.U.”もしくは“Informations Collecting Unit”(情報収集部門)と記されています。

SCP-XXX-JPは出現する表面に適した通常の方法で描かれているように見え、一見して異常性がある事は分かりません。出現を観察していた場合、SCP-XXX-JPの出現に気づく事ができません。一度SCP-XXX-JPから目を離す事で正常に認識できるようになります。SCP-XXX-JPが出現する場所についてはある程度明るいこと以外に規則性はないようですが、重要度が高い場所には長く留まろうとする傾向があります。SCP-XXX-JPは2日〜1週間で自然に消失します。この消失も同様に観測不能です。また時にマーク部分の目が瞬いた、瞳が動いた、といった報告がされていますが正式に記録はされた事例はありません。

SCP-XXX-JPの判明済みの異常性はこれだけです。しかしSCP-XXX-JPが示唆する情報からSCP-XXX-JPが視覚を持ち、情報収集を行なっている可能性が懸念されています。機密漏洩の危険性から重点的に研究されていますが、詳細は解明されていません。