odd_rokuの手帳
評価: 0+x

空白

 サイト-██所属の研究員は、いくつものセキュリティをクリアしてサイト-81██に足を踏み入れた。彼の手には、1つのアタッシュケース。一見アルミニウム製の平凡なものに見えるが、その実態は、財団の技術が注ぎ込まれた超軽量・超高気密の特別製である。

 その日のサイト-81██は奇妙な静けさに包まれていた。早朝であることを差し引いても、生き物の気配より機械のわずかな駆動音の方が大きく感じられる。

「ようこそ、お待ちしていました」

 しばらく進むと、ダークスーツを着こなす女性が待ち構えていた。英語の発音は上手いが、語尾がわずかに震えている。

「はじめまして。君が、エージェント・██」
「はい」

 ██と呼ばれた女性エージェントは力強く頷いた。研究員は彼女の目に、緊張と、大いなる期待の色を見る。自分と同じだと、研究員は思った。

 挨拶もそこそこに、エージェントの先導で2人はサイト内を進み始めた。これから始めることを考えると、時間が惜しい。

「ここまで持ち込むのは大変だったでしょう」

 エージェントは振り向かずに言った。彼女の問いに研究員は首を振る。

「まあ、扱いさえ間違えなければ面倒ではない。とはいえ、持ち出し許可を得るのはなかなか骨が折れた」
「そうでしょうね」
「だが、君の担当するオブジェクトと利害が一致した。サイト-81██も条件に合致した。本当に、幸運だった」

 そうして、2人揃って密やかに笑った。

 彼らが顔を合わせるのは初めてだった。しかし、この日のために何度も打ち合わせをした。オブジェクトの重要性を考えれば異常とも思える量を。

 全てはこの日の、至上の実験のために。

 やがて、2人は目的地に辿り着いた。サイト-81██の中庭である。そこには今までの静寂とは裏腹に、白衣姿の人々に満ちていた。ざっと数えても10数名いる。彼らは一様に、博士というよりは医師と呼ぶほうが適切な装備だった。彼らのうちの1人が研究員に気づき、握手を求めてくる。どうやらこの場の責任者らしかった。

「いやぁ、あんたが████研究員だな。待ってたよ! 気味悪いくらい静かだったろ、今の時期はいつもこうなんだ。いつもは騒がしいくらいなんだがね。業務に支障が出ない程度に上が配置換えしてるらしい」

 日本語でまくし立ててくる医師の言葉を、エージェントが通訳する。

「まずは、あんたの仕事からだ」

 医師が指し示した先に、腰の高さほどの台が設置されていた。研究員は台の上にアタッシュケースを据えた。その場にいる皆が、固唾を飲んで見守っている。

 研究員は懐から鍵を取り出し、アタッシュケースの金具に差し入れた。カチリ、と硬質な音がして、金具は難なく開く。アタッシュケースの中には、また機密容器が鎮座していた。研究員は一度、大きく息を吐いた。これを開けば始まるのだ。あの日、このオブジェクトを確保したときの光景が。

 周囲の人間にも察知されるほど強い芳香を放ちながら、密造酒のボトルが姿を現した。

空白


20██/██/██
サイト-81██にて、███匹の猫の健康診断が行われます。
それに伴い、猫の捕獲作戦が実行されます。
詳細は専門スタッフに問い合わせてください。


空白
空白

説明: █████ █████████の芳香の密造酒のボトル。使用すると、半径1キロメートル以内の猫を引き寄せる。███ ███████繁華街に4000匹を超える猫が集合し、交通渋滞を引き起こした後に発見された。
回収日: █-██-████
回収場所: ██████████、███ ███████
現状: サイト-██の低価値物品保管庫に気密容器にて保管中。

説明:██製猫缶。原理は不明だが、開けると50匹近い猫が飛び出してくる。味の項に「筑前煮風」「佃煮風」と書かれている。
回収日:20██/██/██
回収場所:埼玉県██市のマンション。
現状:缶は廃棄済。飛び出した猫達はサイト-81██の名物になっている。
本当に幸せでした。開けた瞬間、私、死んでもいいって思いました。-エージェント・██


  • それぞれ本家とJPのAnomalousアイテム一覧より引用

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの外観や看板を財団フロント企業のオフィスに偽装したうえで、常に2名以上の保安部隊を配置し部外者の侵入を防いでください。

GPS機器とSCP-XXX-JP内の監視カメラを利用し、SCP-XXX-JP-Aが内部に留まっているか常時監視してください。SCP-XXX-JP-Aの消失及び再出現が確認された場合、GPS情報に基づいて回収部隊い-3("白足猫")が派遣されます。SCP-XXX-JP-Aに接触した人物には適切な記憶処理の後に解放してください。

説明: SCP-XXX-JPは██県██市内に存在する献血ルーム「ユビキタス」です。テナントビル「██████」の3階を借りる形で運営されていますが、地方自治体や日本赤十字社の記録上に存在していません。

過去に輸血あるいは臓器移植を受けた人間(以下「対象」)がSCP-XXX-JPを外観や看板から献血ルームであると認識した場合、「自分はSCP-XXX-JPに入室しなければならない」という精神影響を受けます。この影響は軽度のものであり、第三者による説得や影響を受けてから1時間以上SCP-XXX-JPを目視しないことで逃れることが可能です。また、対象ではない人間は他人に指摘されるまでSCP-XXX-JPの存在を極端に認識しなくなります。

SCP-XXX-JP内には常に4体の人型実体(以下「SCP-XXX-JP-A」)が存在しており、対象がSCP-XXX-JP内に侵入した場合のみ動き始めます。SCP-XXX-JP-Aはポリ塩化ビニル製の表皮と不特定多数の人間の血液によって構成され、顔や手足の末端が簡略化されています。しかし、対象への問診や採血など、意思疎通や作業を支障なく行います。対象は意思疎通の過程でSCP-XXX-JP-Aの声を知覚しますが、対象以外の人間や記録装置にはホワイトノイズとして知覚及び記録されます。

SCP-XXX-JPで一度でも献血を行った対象が200ml以上の出血を伴う怪我を負った場合、SCP-XXX-JP-Aの内の1体が該当する対象の下へと瞬間移動して治療を試みます。しかし、SCP-XXX-JP-Aが行う治療は自らの表皮と体内の血液を用いた止血と輸血のみです。治療後のSCP-XXX-JP-Aは全ての活動を停止し、異常性を失います。意図的な破壊によりSCP-XXX-JP-Aを活動停止状態にすることは可能ですが、瞬時に新たな個体がSCP-XXX-JP内に出現します。

SCP-XXX-JPは2011年に発見されました。ビルの所有者や周辺住民へのインタビューにより、2009年まではNPO団体[編集済]の拠点であったことが判明しています。[編集済]の主要メンバーであった4名は同年に交通事故により死亡し、臓器や皮膚などが██名の患者に移植されています。


 

色々あってボツにしたもの
今後の反省と懐古のために保存中