因幡博士の設計企画書


蝿王の贄

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-864-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 全てのSCP-864-JP実例はサイト-9722の低温生体保存庫に収容されています。実験のためにSCP-864-JP実例を蘇生させる場合は、セキュリティクリアランスレベル3以上の職員2名の許可を必要とします。蘇生させたSCP-864-JP実例は実験終了後に焼却してください。

SCP-864-JP-Aが存在していた石室は発掘され、サイト-9722に移築されて保存されています。石室の清掃は毎日行われ、出現したSCP-864-JPの死骸がその都度回収され処分されます。毎月1回、SCP-864-JP-Aが開封され、内容物の状態の記録が行われます。

説明: SCP-864-JPは、イスラエル国██████地区に生息していた、双翅目(ハエ目)の幼虫に類似した体型を持つ生物です。全長は3〜10cmで体型が細く、口吻には短く鋭い3対の牙が存在し、尾側に三叉に分かれた鈎を持つのが特徴です。解剖の結果、SCP-864-JPは生殖器と肛門を持たないことが確認されています。SCP-864-JPは乾燥に対して非常に脆弱であり、単独では地表で生存することができません。

SCP-864-JPは二酸化炭素濃度を鋭敏に検知する化学受容器を有しており、これを用いて地中で冬眠中の両生類および小型の爬虫類(以下、対象)を発見し、接近します。対象の種の違いはSCP-864-JPの反応に大きな影響を及ぼしません。対象に到達したSCP-864-JPはその口内へと侵入し、尾側の鈎を用いて自らを対象の喉頭蓋に固定します。鈎から麻酔効果のある物質が分泌されるため、対象は侵入してきたSCP-864-JPに対して違和感を覚えないようです。こうして、口内にSCP-864-JPが定着した状態の両生類・爬虫類の個体(以下、SCP-864-JP-1)が完成します。

冬眠を終えて地表へ出たSCP-864-JP-1は、通常の個体とほぼ変化のない生活を送りますが、食糧として双翅目の成体を発見した場合のみ通常の個体と異なる反応を示します。獲物を捕獲する瞬間、SCP-864-JP-1は自身の舌の代替としてSCP-864-JPを伸長させます。結果として、捕獲された双翅目は、SCP-864-JP-1ではなくSCP-864-JPによって消費されることになります。SCP-864-JPの牙が、獲物の外骨格を破砕することを可能としています。しかしながら、SCP-864-JPは獲物を消化・代謝することはなく、単にそれを胃に貯蔵するのみです。SCP-864-JPが双翅目以外の食物を摂取している様子が確認されたことはなく、活動のエネルギー源は未だ特定されていません。

SCP-864-JP-1が再度の冬眠に入るか、それ以前に何らかの要因で死亡した場合、SCP-864-JPは鈎を切離してSCP-864-JP-1の口内から脱出します。この時点で自身の体重の60%以上の双翅目を捕食していたSCP-864-JP個体は、後述するSCP-864-JP-0に向けて移動を開始し、場合によっては30kmを超える距離を移動します。捕食量がそれ以下であった個体は、再び新たな宿主を探し始めます。

SCP-864-JP-0

SCP-864-JP-Aの頭部

SCP-864-JP-Aは、イスラエル国█████の地下20m地点に造られていた石室内部で発見された鉄製の棺です。石室は全体が土壌内に埋没しており、人間が出入り可能な扉や周囲の通路等の痕跡は確認されませんでした。年代測定の結果、石室とその中のSCP-864-JP-Aは少なくとも2000年以上前に建造されたことが判明していますが、SCP-864-JP-Aの表面に目立った劣化の兆候は見られません。SCP-864-JP-Aは大まかに人型を象っていますが、その全長は9mに及びます。SCP-864-JP-Aの腹部には直径20cmの穴が開けられており、この穴からSCP-864-JPが出入りする様子が確認されています。SCP-864-JP-A内部へと侵入したSCP-864-JPは、その胃内容物を残して直ちに溶解することが確認されています。SCP-864-JPがSCP-864-JP-Aに起源を持つことはほぼ確実であると見なされていますが、現時点ではSCP-864-JP-Aの内部調査でSCP-864-JPの生体や卵が確認された例はありません。

発見時のSCP-864-JP-Aには約████████匹分の双翅目の死骸が納められていました。死骸はほぼ全数が細かく破砕されていたものの腐敗の兆候はなく、2000年前から現在までほぼ一定の速度でその貯蔵数を増やしていたものと考えられています。しかしながら、死骸の山が占めていた体積はSCP-864-JP-Aの全容積の8%にしか満たないものです。SCP-864-JP-Aの充填実験は予定されていません。


[下書きここまで]
タグ
scp-jp euclid 動物 ワーム 昆虫 寄生 容器 宗教 国外収容



ワンフレーム・パー・セコンド

評価: 0+x
SCP-1160-JP

回収時のSCP-1160-JP

アイテム番号: SCP-1160-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1160-JPはサイト-81██の警備付き保管庫に収容されます。プロトコル・チャンピオン(詳細は別紙参照)の実施時を除き、SCP-1160-JPを保管庫から取り出すことは禁止されています。

現在のSCP-1160-JP-1であるD-7878は、サイト-81██病棟に昏睡状態を保って収容されています。SCP-1160-JP-1が生命活動を停止する兆候を見せた場合、プロトコル・チャンピオンが実施され、新たなSCP-1160-JP-1が補充されます。

説明: SCP-1160-JPは任天堂が開発した携帯型液晶ゲーム機「ゲーム&ウオッチ ボール」1の1個体です。重要な差異として、SCP-1160-JPは、ゲーム内の各種のキャラクターの移動を60FPS2のコマ割りで滑らかに表示することが可能です。これは、キャラクターのゲーム内における位置および姿勢が数種類のみに定められている通常のゲーム&ウオッチとは大幅に異なるものです。SCP-1160-JPのゲーム内容(登場キャラクターおよびルール)は通常の商品と差はありませんが、GAME Bにおける得点の上限が存在しない点3、いかなる手段を用いてもハイスコア記録のリセットが不可能であるという点は異なります。回収時の調査から、これらの異常性はいずれも製造段階では発現していなかったものと推定されています。回収時のハイスコアは12380点でした。

SCP-1160-JPの異常性は、人間がSCP-1160-JPをGAME Bに設定してプレイし、ハイスコアを更新した際に発現します。人間以外の生物やロボットによるプレイでは条件を満たしません。条件を達成したプレイヤーは、そのプレイがゲームオーバーになった時、全身をプレイ時の姿勢で硬直させます。直後に、プレイヤーは姿勢を保持したままその場で0.5秒間隔で消失と再出現を各4回ずつ繰り返します。以上の現象が全て終了したのち、プレイヤーはSCP-1160-JP-1へと変化します。

SCP-1160-JP-1は、1秒間に1回しか身体の移動を行えなくなった人間です。外部からの観察では、SCP-1160-JP-1は1秒毎に瞬間移動を行なっているかのように見えますが、原則として通常の人間の身体機能を超えた移動を行うことはできません。例として、「歩行」している最中のSCP-1160-JP-1が1秒毎に瞬間移動する距離は、通常の人間が1秒間で歩行して移動できる距離と同等です。この異常性はSCP-1160-JP-1の体内の臓器の移動にも適用されていると考えられていますが、観察には成功していません。なお、SCP-1160-JP-1に接触している物体は、その期間中のみSCP-1160-JP-1と同様の異常性を持ちます。

SCP-1160-JP-1の瞬間移動は、瞬間的に消失・再出現を行うことによるものではなく、1/60秒以下の極端な短時間のみ実際に身体を動かすことで成り立っています。そのため、手を振る・走る・跳ぶ等の一般人においても瞬間的な加速度がかかる運動をSCP-1160-JP-1が試みた場合、SCP-1160-JP-1は瞬間的に空気中における音速を超える速度で身体を移動させることになります。結果としてSCP-1160-JP-1を中心とする衝撃波が1秒毎に発生し、周囲の物体や人物に重篤な被害をもたらすことに繋がります。一方で、これらの移動によって発生するはずの身体負荷に対し、SCP-1160-JP-1は身体・精神ともに特に反応を見せません。しかし、SCP-1160-JP-1は日常生活に必須の動作(例えば、食物を咀嚼するための口の開閉運動)でも衝撃波を容易に発生させてしまうため、自力での生命維持は困難です。

SCP-1160-JP-1となった人間からSCP-1160-JPの影響力を取り除く手段は、現在2通りが確認されています。

  • 1.他の人間がSCP-1160-JPをプレイして再度ハイスコアを更新する。この場合、後からハイスコアを更新したプレイヤーが新たなSCP-1160-JP-1となり、以前のハイスコアを所持していたプレイヤー(SCP-1160-JP-1)が異常性を喪失します。
  • 2.SCP-1160-JP-1が死亡する。この場合、まだ生存している人間の中で、SCP-1160-JPにおいて最も高いスコアを所持していたプレイヤー(原則、現在のSCP-1160-JP-1より前にSCP-1160-JPの影響を受けていた人間)が再び異常性を獲得します。ただし、次回の異常性発現のために更新しなければならないハイスコアは以前のSCP-1160-JP-1が出したものがそのまま引き継がれます。なお、SCP-1160-JPをプレイしたことがない人間が0点のスコアを所持しているものとして扱われているかは未解明です。

現在のSCP-1160-JPのハイスコアは13810点です。プロトコル・チャンピオン実行チームにより、雇用から月例解雇までの期間である1ヶ月以内の練習でこのスコアを更新する見込みのあるDクラスの選定が随時行われています。


[下書きここまで]
タグ
scp-jp euclid 電子デバイス ゲーム 振動

画像出典
https://www.flickr.com/photos/masatsu/4536721677/in/photolist-7UTTig-W3xn35-aizkpw-deEHrv-fWgkw-7Kfb2s-aZ6ZpK-RTg8TN-roxtU-7Wx2b1-7UX8xW-pe1x5A-dXFnhx-dXFmL4-eggXBk-7hg9NU-4eXxBB-4RtQG7-cEdVWd-YHVQpR-dXM5s1-RXRMAq-oWxJho-ckuPLs-5fFt3g-h2q7JK-VZWcT8-oG4veq-jX6Xi4-Shv6Yj-azd3am-azg4iL-4gT7YL-gmGyJ-4qLhhS-7NEE7U-4ns4oq-TNEAYj-76d8Vi-VoJpbc-c1RtbA-azd5ZV-9kWWFf-7uy13E-azyN5S-5fKPTs-pe3w6k-dXM7hf-7vhHSu-azwbye


タイトル未定

アイテム番号: SCP-1049-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

説明:


[下書きここまで]
タグ
scp-jp euclid バクテリア ガス発生 腐食 寄生 精神影響 日本生類創研 販売員ミヨコ (AKI産業)


HPC構文テスト

何が出るかな?
回す


書きかけの報告書

ネタを箇条書きでまとめる欄です