nutboxのアイデア箱

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Thaumiel Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在存在していません。以下の説明や、補遺などは過去のものであることに留意してください。インシデント-2105の発生を防止するため、本報告書は全財団職員に公開されます。

説明: SCP-XXX-JPは、██県の山中に位置する石造の橋です。建造から少なくとも400年以上経過しており、風雨の影響で傷んでいるため重機などを用いて容易に破壊することが可能です。
SCP-XXX-JPを北から南に向かって渡った物体(以下、SCP-XXX-JP-A)は、30年前の同座標に転送されます。南から北に向かって渡っても異常性は発現せず、一度30年前に転送されてしまうと現代には帰還できないことが、実験やSCP-XXX-JP-Aの証言から判明しています。

発見経緯: 2017年8月に、財団の管理下にあった███株式会社の本社ビルに「2047年から来た」、「私は財団職員だ」と主張する女性が訪れました。███株式会社が財団の管理下にあったことを女性が知っていたことを鑑み、調査を行ったところSCP-XXX-JPが発見されました。

補遺1:SCP-XXX-JPの30年前に戻ることができるという異常性の有用性を鑑みて、O5によって以下のプロトコル”定期連絡”が発案されました。


財団機密文書
プロトコル”定期連絡”


概要: 将来発生しうる収容違反、及びK-クラスシナリオをいち早く察知し、それを未然に防ぐため、約1ヶ月おきに、過去の財団にむけて書簡を送る。

-2015年9月8日に承認。
-2015年10月4日に1回目のプロトコル"定期連絡"が実施されたことを確認。
-2045年10月4日に1回目のプロトコル”定期連絡”が実施。



アイデアまとめ
・渡ると30年前にタイムスリップする橋。
・突如現れた女性が発見のきっかけ。
・過去に向けてインシデント記録などを送り、K-クラスシナリオを防いできた。
・ある日、一体のscipが出現。
・すぐに謝罪の文章が送られてくるも、次々とscipが出現。
・出現するscipの数は増え続け、定期連絡も途絶える。
・橋が破壊される。
・未来の人が書いた日記が見つかる。このインシデントの手掛かりはこの日記だけ。