Ntern
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-████の収容ロッカーに保管されます。ロッカーは電子ロックにより施錠され、職員がSCP-XXX-JPの収容ロッカーを開けることは原則禁止されます。未使用及びすでに記述されたSCP-XXX-JP-1に関しても同ロッカーに保管されます。SCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JP-1を用いた実験を行うにはセキュリティクリアランスレベル4以上の職員の承認が必要です。

説明: SCP-XXX-JPは記入することで過去の改変を引き起こすメモ帳です。SCP-XXX-JPは██████ █████社製のメモ帳と同様の外形1を持ち、ページ枚数は計測不能です。ページを剥がして用いることができるメモ帳で、SCP-XXX-JPのそれぞれのページ(以下SCP-XXX-JP-1)はSCP-XXX-JP全体から剥がしても過去改変能力を保持します。SCP-XXX-JPは20██年█月██日にエージェント・ガーランドが[編集済]で販売されていたSCP-XXX-JPを購入し、[編集済]によりその異常性に気付いたことから発見されました。SCP-XXX-JPの生産ラインについて調査が行われましたが、SCP-XXX-JPの性質の由来は判明しませんでした。
 
SCP-XXX-JP-1に「発生させたい事象」と「事象を発生させたい過去の時間軸2」を1つの文章で記入することで過去改変現象が発生し、記入された通りの事象が起こったように現在の時間軸までの現実が改変されます。SCP-XXX-JP-1は1枚につき1度の過去改変が可能です。すでに過去改変が発動されたSCP-XXX-JP-1に新たな過去改変目的での記入を行った場合は改変現象は発生しません。また誰かによってSCP-XXX-JP-1への記入がなされたことを把握している人間は、その記入により発生した過去改変が起こる前の記憶を改変後も保持していることが確認されています。
 
記入済みのSCP-XXX-JP-1が著しく破損する、あるいは記入されている文章の大部分に重なるような記入を加えることで過去改変が無効化され、改変前の現実に修正されることが確認されています。


 
補遺: SCP-XXX-JPの中から文章が記入されたSCP-XXX-JP-1が発見されました。エージェント・ガーランド及び担当職員によれば、その文章を記入した記憶はないとのことです。以下はメモに記載されていた内容です。

現在、このメモ用紙の取り扱い方法について検討されています。