noyamaの落書き帳
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXXX-JPは不特定多数の人間に発生している原因不明の不安障害の1つです。

SCP-XXXX-JPに罹患した人間(以下、対象)はベッドに横たわった際に、以下のような音が聞こえると訴え、それを理由にベッドの下に誰かがいると考えて恐怖心を抱きます。

  • 何かが身動きする音
  • 不明瞭なつぶやき
  • 鼻を小さくすする音

これらは対象が周囲の物音を誤認したか、あるいは対象の幻聴です。ベッドの下には誰もいないので、確認は不要です。

SCP-XXXX-JPの症状は覚醒直後などの意識がはっきりしていない場合、発生する確率が通常時に比べて30%ほど上がります。これは対象の証言が正しくないこと、ベッドの下には誰もいないことを裏付けています。

SCP-XXXX-JPの症状はベッドの下に35cm以上の隙間が存在しない場合には発生しません。

  • scp-jp

タイトル案:

ここから下は過去の置き場