notyetDrのサンドボックス

企画案2014-226-ARC:"色のない迷路"

通達: この企画は主催者の失踪によって凍結された後、 後援者パトロンの希望によってアーカイブされたものである。この企画からインスピレーションを受けて何か思いついたもの、あるいは残された大量の向日葵をどうにかする事が出来るものがあれば後援者に連絡を行うこと。何かの助けになるかもしれない。

名前: オーバ・サリュ

タイトル: 色のない迷路

必要素材:

  • 平らな土地(40 m×40 m)
  • 向日葵(30000個程度)
  • 花瓶(1つ)
  • 医療用ベッド、サイドチェスト
  • 窓枠(白いカーテンつき)
  • カンバス(1つ)

要旨: 我々はこの生を生きながら、どれほど色彩に目をとめているだろうか? 我々はあまりにも色というものに無頓着なのではないか?

今回は色という概念を排除した空間をお見せしたいと考えた。実際に作るのはいわゆる向日葵の迷路だ。入り口を通った人間は色を知覚出来ない状態にする。方向感覚も鈍らせるかもしれない(これは後で調整しながら考える)。自らの手も、並ぶ向日葵も、見上げた空も全て灰色だ。灰色の迷路の中で彷徨ううちに、体験者は一本の赤い糸を見つける。それを追って向日葵の壁をかきわけると、中心に据えられた病室を模した空間に踏み込む事になる。この孤立した病室にも相変わらず色はない。ただし、病室の壁にとりつけられた窓枠を覗き込み、その中にある風景を目にしたとき、体験者は色を取り戻す。

そうして、立ち並ぶ向日葵の色がそれぞれに違う事に気がつくという寸法だ。

意図: 前回の展覧会のことは皆覚えておいでのことだろうと思う。我々の共同制作"石棺"は最高にクールな出来だったと自負しているが、哀しいかな、私自身はクールからかけ離れた状態であった。作品のせいで入院する羽目になっていたんだ。まあ片方の眼は結果的に無事だったし、普通の医者に説明できる程度の怪我だったのは不幸中の幸いだったと言うべきなんだろう。おかげで最も美しいと思う景色を耳にする機会も得たことだし。

入院生活自体はとんでもなく退屈だった。最初は包帯で視界を覆われていたから何も見えなかったし、それが取れたところで動けないのは変わりないから天井とカーテンレールと点滴以外見るものが無い。あれほど一日が長くなるものとは思わなかった。それで、哀れに思ったんだろう。同室の窓側のベッドにいた入院患者が窓の外の景色の話を語って聞かせてくれた。大体が空模様の話で、時々燕が巣を作っただとか花壇の向日葵が咲いているとか、そんな話だ。あとは港町で見た海の夜明けの話とか、そういうのも少しはあったかな。それを除けば大半はありふれた風景だし、臨場感あふれる語り口というわけでもなかった。ただ、その声を聞きながら瞼の裏で描いた景色こそが、今まで私が見てきたもの、私達が作り上げてきたもののどれよりも鮮やかだった。窓枠を通して色のない世界に射した光が、なんと彩りに満ちていたことか!

そういうわけで、この作品は半分くらい私信みたいなものだ。でも、綺麗な作品になると信じている。今はまだ入院中だが、退院して海の夜明けの絵を我が隣人に送ったら(これは病室や自室に飾っても騒ぎにならないものにする予定なので、貴方たちに見せるには及ばない)とりかかるつもりでいる。どうか支援のほどをよろしく願いたい。

追記: 退院よりも先に後援の申し出があったこと、驚きと共に深い感謝を覚えている。ただ、あなたが気に入った部分ではないとはいえ、少しだけ予定を変更するかもしれないことを許して欲しい。中心にあの病室を据えるのが相応しいかどうかについては再考の余地があるだろう。あれはあまりにも個人的な感傷に過ぎた。むしろ、何も無い方が空の色合いが引き立つのではないかと考えている。また、中心の仕掛けに辿りつきやすくする案についても考える事が必要だ。ヒントとしてアリアドネよろしく糸を仕掛けておくというのはどうだろう?

それと、他の方々に聞きたい事がある。薄々察していたことではあったが、我が隣人は視力の殆どを失っていた事を先ほど知った。そして、その原因は我々の芸術にあった。誰かによって記憶を消されているらしいが、少なくとも我々の作品のどれかが原因であることは間違いない。誰か、芸術によって奪われたものを他の芸術によって返してやる術を持っている者はいるだろうか? あるいは、”続編”を作れる者はいないだろうか?

返信: 激励及び退院祝いに感謝申し上げる。視力を取り返す術がなかったことについてはさほど気にしていない。元より不可能であることはわかっていた。取り返しのつくものは芸術じゃない。

ただ、非常に申し訳ないのだが、完成にはしばらくかかりそうだ。色彩を取り戻すトリガーにする予定だった絵がどうにも鮮やかにならない。というか、そう見えない。病室を出て以降、どうにも世界が色褪せているんだ。片方とはいえ義眼の調子が悪いのかとも思ったが、違った。あの窓枠を、あの灰色の目を通さないときちんと色が見えなくなったらしい。いつかは色合いを取り戻せるとは思う。受け取ったものを返す方法を他に知らない以上、そうでなくてはならない。だから、もう少しだとは思う、色彩を取り戻すまで待って欲しい。

今となっては、あの声を思い起こしても、目に浮かぶ景色は全て灰色だ。いつから俺は色のない迷宮に迷い込んでいたんだろうか。

http://ja.scp-wiki.net/project-proposal-1994-357-a-still-life

別れの言葉というものが、どうにも苦手だ。愛らしきクソガキだった頃から今に至るまで、ずっと治らない。

塚原さんと最初に会ったのはおよそ二年前のことだった。自分が財団のエージェントになったごく初期、初めて出動した緊急事態の時に出会った人だ。財団での知り合いの中では最も付き合いが長い人の一人とも言える。とはいえ、これで記録の更新も停止になるのだ。別れを経験するのは今に始まったことではないし、お別れが言えるだけ恵まれていると言えよう。

「失礼します。桜庭です」
「どうぞ」

しかも、今回は返事が返ってくるのである。扉の向こうは荷造りの真っ最中だった。幾つものダンボール箱に私物が詰められていく。積み上げられた荷物の量を見るに、まだまだ先は長そうだ。明後日出立と聞いていた気もするが。彼の手際の良さを見るに、捗ってなおこの有様というわけだ。そうなる理由は簡単である。

「相変わらず物が多いですね」
「これでも大分減らしてるんですけどね。あなたも何か持って行きます?」

部屋の主、塚原上級研究員は几帳面に棚の上に並べられた品々を片手で示した。ちょっとした小物から実用的なものまで、細々と揃えられている。しかし、それらの私物に統一感というものはない。殆どが土産と貰い物だからだ。そして、塚原さんは比較的物を大事に取っておく人で、飾っておく人でもあった。曰く、多くのフィールドエージェントに懐かれる人間にはこういう物品の集合がよく発生するらしい。その結果がこのごった煮という訳だ。

「いや、これ塚原さんにって貰ったものじゃないんですか」
「その通りだし、全部持っていきたかったんですけどね。業務と関係しないものは控えろって釘を刺されちゃって」
「……まあ、塚原さんだったら移動先でも物増やしてそうですしね」
「否定は出来ませんけど。そういう訳なんで、大半は残念ながらここに残していく事になりそうです」

処分するのも忍びないから、形見分けを兼ねてこのサイトの職員たちに欲しいものを持っていってもらっている、とのことだった。道理で最近この部屋の前が賑やかなわけだ。別れを惜しむ職員が集まっているにしてはどうも表情が明るいと思った。それでいいんだろうか、と思いながらも促されるままに一本のボールペンを手に取る。裏返してみると、ノベルティの類だったらしく、見慣れたロゴが記されていた。財団内で見慣れた、という意味であり、つまりろくでもない企業だという意味でもある。

「ニッソのフロント企業じゃないですか」
「そうそう、日本生類創研に潜入した人が生還の記念にって。異常性はないですよ」
「そうでしょうけど。じゃ、これ貰っておきます」
「それだけでいいんだ? 松岡君とかはすごい量を抱えて行きましたけど」

同期の名前を出されて、桜庭は顔を顰めた。エージェントとしては尊敬しているし、人間としても決して嫌いではないが、ここで同列にされるには少し嫌な相手だ。共に不条理と戦うという時にあの不真面目さはいただけない。少々露骨に表情に出ていたのだろう、塚原さんは不思議そうにこちらを見た。「いいやつなんですけどね。ふざけたやつですが」と付け加えておく。

「業務中に平気で下ネタ飛ばしてきますからね、あいつ。仕方なしに乗ったらめちゃくちゃ蔑んだ目で見てくるし」
「一体何を言ったんです」
「やだぁ、まだ昼間ですよ塚原さん」

正直に言えば、男にゴミを見るような目で見られてもあまり嬉しくない。というか、女性であっても塚原さんのような人に軽蔑されるのは普通につらい。ありがたい事に、彼はそれ以上追及してこなかった。まあ、向こうも忙しいのだろう。そう思ったところで、彼が手を止めてじっと手元を見ている事に気付いた。ここまで会話していてもずっと手を止めずにいたから、少し興味が湧いて身を乗り出す。彼はこちらの様子にも気づいていないようだった。これも珍しいことだ。

「掘り出し物か何かです?」
「ん? ああ、個人的にね」

塚原さんは手にしていたものを机の上に置いた。小さな木箱で、蓋には小さく「SCP-932-JP 炭化した体組織の一部(異常性は確認されず)」と書かれていた。桜庭は932-JP、と小声で繰り返す。聞き覚えがあると強く思ったのだ。だが、番号だけで思い出せるほどまだ彼は修練を積んでいる訳ではない。

「藁で出来た小さいフクロウです。かなり賢くて、人にも懐く」
「……ああ。あの時の」

 赤い閃光が閃くように記憶が蘇った。エージェントとして初めて体験した緊急異常事態。サイト-81██で発生した要注意団体の潜入。鳴り響く警報と、燃え尽きた小さな煤の塊。思い出した。SCP-932-JP、同僚たちには簡単にワラフクロウ、と呼んでいたオブジェクトだ。そいつが身を挺して外敵に特攻したおかげで自分たちが間に合い、財団の機密と一人の担当職員が守られたのだ。その職員こそが塚原さんだった。そうか、あの時の煤を彼は持っていたのか。

「あれ、知ってるんですか?」
「はい。あの時駆けつけた中にいたんですよ、俺」
「あの時の! すみません、覚えてなかった。その時はお世話になりました」
「いえ、仕方ないですよ。ペーペーで全然役に立ってなかったし」

自分だって記憶は大分曖昧になっている。実際オブジェクトの詳細も番号だけでは思い出せなかった。試しに記憶を辿ってみて、欠落の多さに時の流れを改めて突きつけられる。財団での2年は長い。その間に多くのものを得て、多くのものを失った。あの時あの場所に居合わせた職員で今もこのサイトに残っているのは自分と塚原さんくらいだ。このサイトはそれなりに人の出入りが多い事を考えても、残酷な時の流れだと思う。

「そうか、あの時の新米さんが頼もしくなって」
「親ですかあんたは」
反射的な突っ込みを入れる。ああまた締まらない空気にしてしまうな、と思った。まあ向こうも一応は笑っているから及第点といった所か。ふと、この顔はあの時にも見たなと思い出した。安全が確認された直後、床に散らばった燃えかすを拾い集めているときだ。この日とはこういう笑い方をしていた。一体どういう別れの言葉を口にしていたのだろう。騒動の最中でそれどころではなく、新米には当然聞き取ることも出来なかったのだ。今になってその事が急に残念に思われた。
あの時の台詞がわかれば、今何を言うべきかもわかるだろう。「親かよ」だとか下ネタを振ってくる先輩の話しだとか、そういうのじゃない、ちゃんとした相応しい言葉が。それは確信に近い直感だった。
「……何か?」
「ああ、いえ。大した事でもないんですが」
 ただ、それをこの場で聞くことに躊躇するかどうかとは別問題だ。

形状記憶の天使 下書きディスカッション
https://source.unsplash.com/random

http://shitake-crude-production.wikidot.com/extension:google-custom-search
検索に便利

 
 
 

メモ帳みたいなやつ