ここに北極はありません

「記録しますのでお名前をお願いします」その声はマイクで増幅され、広大な空間に反響した。
"State your name for the record, please." The voice echoed through the vast space, amplified by the microphone.

「ええと、博士の、あー、ロバート・フェルドン博士です」彼はおどおどとマイクに告げた。彼が思い出せる限り、怯えるのは初めてのことだった。いつものは暗い部屋の高くより響き渡る朗々とした声の持ち主だ。
"Um, Dr., um, Dr. Robert Feldon, sir," he said into the microphone timidly. It was the first time he could ever recall being timid. Usually, he was the one with the booming voice, echoing out from on high in a dark room.

もちろんこの部屋も非常に暗かったのだが、それでも虚構が剥がれる以前にフェルドンが働いていた施設と同じか、それ以上に明るく照らされていた。そして彼を問いただす男、正確に言えば男達と女達は、彼よりごく僅かに高い位置にいた。
Of course, this room was hardly dark, in fact it was illuminated as well as or better than some of the rooms in the facility Feldon had worked at before the Masquerade failed. And the man, or rather men and women, accusing him were only slightly higher than him.

彼は目の前の集団を注意深く観察した。探す。今までそうしてきたように。弱みを、恐れを、アドバンテージとなり得る何かを。
He observed the group before him carefully, looking, as he had in the past, for weaknesses, for fears, for anything he could use to his advantage.

彼らは同じ表情で見返している。
They stared back with the same expression.

フェルドンは汗をかき始めた。
Feldon began to sweat.

「それでフェルドン博士。あなたの以前の雇用先における役職は?」中央の男が再び口を開いた。
"And your former position with your past employer, Dr. Feldon?" the man in the middle spoke again.

禿げ頭、やや肥満気味、暗い色の服、眼鏡。死んだ魚のような眼。多くの者はその姿を、かつてのフェルドンのそれと同じだと思った。フェルドンの方が僅かに若く、もっと似合うということを除いて。完全に禿げ上がってなお第一線に立って働く、そうなるとばかり思っていた。
Balding, slightly corpulent, dark clothing, glasses. A dead stare. The same expression many had thought Feldon once wore at similar times. Except that Feldon was slightly younger and more fit. Completely bald, but in his former line of work, that could only be expected.

フェルドンは咳払いをして再びマイクに向けて話し始める。「財団倫理委員会の委員長でした。倫理委員会が現在の機関に取って代わる前までの事です」
Feldon cleared his throat and spoke into the microphone again. "Former head of the Foundation's Ethics Committee, sir. Before it was phased out to this body, sir."

「どの程度の期間その職に就いていたのですか?」
"And how long have you held this position?"

「7年間です」
"For the past seven years, sir."

その意に反して自らの声に一抹の誇りが滲んでいるのを感じ、フェルドンはゾッとした。素早い一瞥がその疑念を確かにした。彼らも同じようにそれを聞き取り、不満を感じていた。
Despite himself, Feldon heard a bit of pride creep into his voice and inwardly cringed. A quick glance confirmed his suspicions. They had heard it as well and were less than pleased.

一瞬起きたざわめきを中央の男の視線が沈めた。彼は監督者のようで、そして恐らくこの裁判の主導権を握っている。
The group murmured a moment before a glance from the man in the middle quieted them. He seemed to be the man in charge, and would presumably lead the entire hearing.

「……なるほど。それであなたはどれくらいの、これら……SCPオブジェクトの……『収容プロトコル』の制定に関わったんですか?フェルドン博士」
"…I see. And for how many of these…SCP objects…were you involved in devising the 'Containment Procedures,' Dr. Feldon?"

「あー、それは『関わった』という言葉の意味するところによります。仰っているのは私が倫理委員会に配属される以前に関わった収容と研究についてでしょうか?それとも倫理委員会に配属されてから承認や改訂に関わったものについてですか?」
"Well, that depends on what you mean by 'involved' actually. Do you mean objects in whose containment and research I was personally involved before my appointment to the Ethics Committee, or do you mean objects in whose containment procedures I was involved in the approval or revision of following my appointment to the Ethics Committee?"

「質問に答えてください」
"Answer the question, please."

「そうですね」フェルドンは言い、些かびくびくしながら静かな陪審員の顔色を伺う。「その、恐らく、およそということになりますが、その、435個です。437個かもしれません」
"Right," said Feldon, looking somewhat nervously at the other, silent members of the panel, "Um, at a guess, something close to, um, 435. Maybe 437."

「何か特段……特筆すべきような ……プロトコルはありますか?博士」
"Any particularly…notable…procedures, Doctor?"

「正直に申しますと、暫く経つと色々混ざってしまうのです。それにあなた方が知る必要の無い情報を私が秘匿しているとのだとすれば、私が特定のプロトコルを覚えていないと言うのは当然でしょう」
"To be honest, sir, they all start blending together after awhile. And when you consider all the information I've been privy to that is above even your paygrade, it's little wonder I remember no specific procedures. Sir."

クソ、どうしてこいつらに、自分の運命を握っている奴らに向かって口答えなんてしやがったんだ?フェルドンはそう思った。
Shit, why am I back-talking this group, the people who determine my future? thought Feldon.

「そうですね、では話題を変えましょう。端的に言えば、我々は全ての情報にアクセスできなくてはならないのです。異常な物品、事象、生命体に対する倫理的収容のための国連新委員会として、我々は財団がかつて収容していた、そして現在収容しているものについてのあらゆる知識を接収します。倫理的でないと見做されたプロトコルは改訂されます。改訂が不可能ならばそのオブジェクトの収容は打ち切られることになるでしょう。オブジェクト自身が人間社会に対し本質的な脅威である場合、例外なく破壊されます」
"Yes, well, that is subject to change. Very shortly, we should have access to all the information. As the UN New Committee on the Ethical Containment of Anomalous Objects, Events, and Creatures, we will require knowledge of all that the Foundation contained and is currently containing. Procedures deemed unethical will be revised. If no revision is possible, containment on the object will cease. If the object itself is deemed inherently inimicable to human life, it shall be destroyed without exception."

フェルドンは心の中で、財団のトップシークレットが暴かれた後にどれほどが残されるのかと考えた。前O5司令部と倫理委員会のみが知る事を許されたもの。
Feldon privately wondered how many of them would be left on the board after they discovered some of the Foundation's blacker secrets. Things only the former O5 Command and the Ethics Committee were cleared to know.

「博士、質問に答えてください」
"Doctor, please, the question."

「申し訳ありません。もう一度お願いしてもよろしいですか?」
"I'm sorry, sir. Could you repeat the question please?"

「貴方は以前の役職にいた際、ナンバー、453、231、158、239、それと『人間型』と指定されたオブジェクト。これらの内どれかの収容に関わりましたか?」
"Were you involved in the containment of objects numbered, 453, 231, 158, 239, or any objects classified as 'humanoid' by your former employer?"

フェルドンは目をそらした。もし嘘を吐いてどの関与も否定できたら。
Feldon looked away, wishing he could lie and deny any involvement.
「はい。倫理委委員会の職員は全員、必然的に何らかの形で人間型オブジェクトに関与することになります。私達は収容を保ちつつオブジェクトの負担を軽減するために、できる限りのことをしました。彼或いは彼女に対してです」
"Yes. Inevitably, all the members of the Ethics Committee were at some point involved with a humanoid object. We did our best to reduce the object's discomfort while keeping it contained. He or she, I mean."

「お分かりの通りです、博士、あなた方のヒューマノイド収容プロトコルは数多の国で数多の法を犯すものだったはずですがね?」
"You are aware, Doctor, that most of your humanoid containment procedures violate many laws in many countries, I trust?"

選択肢は無かった!私達がやらなければ世界は滅んでいたかもしれないのです!」
"We didn't have a choice! If we hadn't, the world could have ended!"

「博士、一般庶民はあなたの組織が使う『現実改変者』という言葉をよく知らないのです。つまり、妊婦や子供に世界を滅ぼすことができるなど非現実的だというのが大方の見解なのです。何か反証はありますか?」
"Doctor, the general populace still has little knowledge of what your organization terms 'reality benders'. As such, it is thought by many to be highly unlikely that a pregnant woman or a young child could possibly destroy the world. Have you any evidence to the contrary?"

「いくらでも」フェルドンはそう言うと証人席から移動し始める。それに気づいた2人の大柄な男、彼の付き添いが、歩き回らないようにと彼を静止した。「倫理委員会委員長の就任に先立ち、私はSCP-239に関する実験を観察しました。実験中、私は239が信頼性のある財団施設の全ての部屋を好みのままに変えるのを見たのです。このケースでは巨大なドールハウスでした。彼女が職員を記憶と人格を保ったまま等身大の動くぬいぐるみに変えてしまってさえいなければ、これはそれほど深刻な事態ではなかったでしょう。全部戻すようにと言われると、彼女は主任研究員にこう言いました。『あっち行って、ばーか1』哀れな男の頭に何が起きたのか説明する必要は無いはずです。敢えて言うなら、彼は出て行きました。ドアの向こうへ歩いて行き、消えたのです。最後には彼女は『お人形』で遊ぶのに疲れて、全て同じように消してしまいました。これは数ある中で最も深刻な事件でした」
"Plenty," said Feldon, beginning to move from the stand at which he had been placed, before realizing the two rather large men who had accompanied him in wouldn't let him walk around. "Prior to my time as head of the Ethics Committee, I observed testing involving SCP-239. During testing, I saw 239 shift entire rooms in a secure Foundation facility to suit her liking. In this case, a giant doll house. This wouldn't have been so bad if she hadn't also shifted the personnel in the rooms into life-size, animate ragdolls, complete with their memories and personalities. When told she had to turn everything back, she told the head researcher to, and I quote, 'go away, butthead'. I trust I don't have to explain what happened to the poor man's head, but suffice it to say, he went away. Walked out the door and disappeared. Eventually, she got tired of playing with her 'dolls' and they simply vanished as well. This was one incident out of many and this was by far one of the least serious."

「君達がSCP-231と呼ぶ女性についても?」中央の男が問うた。その声には既に、未だ発せられてもいない返答への非難の色が含まれていた。
"And the woman you designated SCP-231?" asked the man in the center, already disapproving of an answer that hadn't yet been voiced.

「誰も知ることを望まない物事というものがあります。これはその1つだと保証しましょう」
"Sir, there are some things no one wants to know. I assure you that is one of them."

「では貴方は一貫して、問題の人間は大声で話したり紙に書いたりできないほどに恐ろしいものであり、しかもそれに対して倫理的でない事は一切行われていないと言うのですか?」
"So you consistently subject a human being to something so horrible you won't speak it aloud or commit it to paper, and you see nothing unethical in this?"

「ああ、アレについては倫理的でない事はいくらでもありますよ……少なくとも従来の倫理からしてみれば」彼は不気味な笑みを浮かべて言った。「ご存知の通り、殆どの人々はSCP-231が単なる妊婦ではないということに気づいていません。一般人がSCP-231について知っている事と言うのは、実のところ間違いなのです。一般人は、もっと言えば貴方を含め見識のある人々の大部分でさえ、SCP-231と言うのが正確にはSCP-231-7に指定される存在であると気づいてはいません。彼女はSCP-231-Xの指定を受けた女性の中で7人目の、そして我々が収容した最後の1人です。他は皆死にました。我々が制定した収容プロトコルを違反した行動のせいで、或いは自身の手で、そして我々が試みた排除……胎児の摘出によって。ある時、SCP-231-1は実のところ出産を完了しました。この事件によって数百の死者が出ています。ご存知でしたか?」
"Oh, I see plenty that is unethical about that…by conventional ethics, at least," he said with a grim smile, "You see, what most people don't realize about SCP-231 is that it isn't a single pregnant female. What everyone in the general public knows about SCP-231 is, in fact, incorrect. The general public, and frankly most of the enlightened public, yourselves included, are unaware that SCP-231 is actually designated SCP-231-7. She is the seventh and last of the women we contained with the SCP-231-X designation. The others all died. They died either due to a break in the containment procedures we designed, by their own hand, or by our attempts to remove the…fetus. On one occasion, SCP-231-1 actually did give birth. The resulting incident caused hundreds of casualties. Were you aware of this, sir?"

陪審員は沈黙し、情報を飲み込もうとしていた。
The panel remained silent, absorbing the information.

「それぞれの赤子はその1つ前に生まれた赤子よりも大きな被害を齎す能力を持っていた事にお気づきでしたか?」
"And were you aware that each fetus has had the potential to cause or has caused more catastrophic damage than the last?"

陪審員は座ったまま、静かに、僅かな貧乏揺すりをしていた。今や優位は禿げ頭の博士にあった。
The panel sat still, silent, fidgeting slightly. The bald doctor now had the upper hand.

「古臭い言葉ですが、クリアランスがあれば私の言葉を検証することもできます」
"You can all fact check me when you have clearance, as trite as that sounds."

中央の男が再び口を開くまでの一瞬、陪審員は一層気まずそうな目を向けていた。
The panel looked uncomfortable for a moment more before the man at its center spoke again.

「博士、機関は機関のための決定を下します。貴方の組織で言う『現実改変者』について我々が知る事を考慮しても、10歳にも満たない存在が貴方の同僚がされたような事をできる力を持っているとは信じ難い。貴方のくれた情報のおかげで『頭が蒸発しそう』ですよ。それと、貴方達が231と呼んで物扱いしているに行なっている忌々しい行為は、何であれ機関が公的な力を持ち次第やめさせます
"Doctor, this body will determine that for itself. Even taking into account what we now know about what your organization termed 'reality benders,' we find it hard to believe that any being under the age of ten has enough to power to, as some of your peers have put it, 'vaporize my head' despite the information you have provided. Additionally, whatever the hell you're doing to the person that you have objectified as 231 will stop as soon as this body has the official power to do so."

だが、彼らの自信が僅かに揺らいだのが、彼らの自惚れが僅かに鳴りを潜めたのがフェルドンには見て取れた。彼は部屋の中で力が動くのを感じた。ここは今やの独壇場だ。
But they were a little less sure, a little less full of themselves, Feldon could see it. He felt the power shift in the room. This was his stage now.

「結構です……百聞は一見に如かずとも言います。ですがそちらが間違っていたと分かった時にはどうするおつもりですか?」彼は得意げに尋ねた。
"Very well…sometimes seeing is believing. But if you find out you are wrong, what then do you intend to do?" he asked smugly.

「フェルドン博士、この聴取は我が機関の意図についてのものではありません。これは貴方と貴方の同僚、そして貴方達が数多の国で数多の人々に対して行ってきた明らかに非倫理的な処遇を巡るものです。よってこの議論は終わりです。いいですね?」
"Dr. Feldon, this hearing is not about what we as a body intend to do. This hearing is about you and your peers and your decidedly unethical treatment of many human beings of many nationalities. As such, this avenue of discussion is closed. Is that understood?"

「勿論です。他に何か質問はありますか?」
"Of course. Do you have any further questions?"

「貴方達は世界を滅ぼさない物を収容しているのですか?」
"Do you contain anything that doesn't destroy the world?"

「そうですね、雨靴を履いたリャマの、2人用の着ぐるみがあります。収容する前は精神分裂のレクリエーションに使われていたものなのですが、使用者はやりすぎで死にました」
"Well, we have a two-person llama costume wearing galoshes. Before we took it into custody, it was being used for psychic-dissociative recreation, but then its users overdosed and died."

「……はい?」
"…what?"

「気にしないでください。他には何か?」
"Never mind. Any further questions?"

「はい。貴方の知る限り、貴方が書いた、または改訂した収容プロトコルの中に、意図的に人間へ危害を加えることを含むものはありますか?」
"Yes. To the extent of your knowledge, do any of the containment procedures you've authored or revised contain intentional harm to human beings?"

「……はい」
"…yes."

陪審員は皆これに眉を顰めた。
The panel as a whole frowned at this.

「それでは貴方の書いた、または改訂した収容プロトコルの中に、他の人間を危険に曝すものはありますか?」
"And do any of the containment procedures you've authored or revised place other human beings in danger?"

「はい。ですが我々は
"Yes. But we"

「それでは貴方の書いた、または改訂した収容プロトコルの中に、人間に対して残酷な、或いは異常な扱いをするものはありますか?」
"And do any of the containment procedures you've authored or revised involve cruel or unusual treatments of human beings?"

「……『残酷』と『異常』の定義を」
"…define 'cruel and unusual'."

「博士、今の陳述は陪審員が貴方の道徳観念に問題があると見なすのに十分なものです。貴方の言動は貴方自身が証明したように、非倫理的です」
"Doctor, that statement in itself is enough to convince this panel that you are of questionable moral judgment. Your actions have been, by your own admission, unethical."

「確かにこの観点からすればそうかもしれませんが、数百数千、更に多くの人命が意見に曝される、そんな事が我々の収容する実体の中の1つによって起こり得ると考えた時、倫理的とは何を指す言葉なのでしょう?正誤とは何か?残酷とは?異常とは?貴方達には生涯をかけてそれを問い続ける準備ができているのですか?」
"So, in light of this, in light of the possible deaths of hundreds or thousands or more, that could be caused by one of the entities we contain, what is ethical? What is right and wrong? What is cruel and unusual? Are you prepared to ask these questions every day for the rest of your time?"

再び陪審員を長い沈黙が包んだ。
The panel was silent for a long moment again.

「倫理委員会として、貴方は財団を倫理的に保てていたか分からないと言うのですか?貴方は倫理委員会失格だ」
"As the Ethics Committee, were you not trusted to keep the Foundation ethical? In this, you failed."

「そう思いますか?いつか分かる時が来ますよ。私が復帰して貴方から仕事を奪っていくのを心待ちにする日がね」
"You think I failed? Wait until you know. You'll want me to come back, to take your jobs from you."

「博士、貴方の陳述に基づき、委員会は最新版の勧告書において、貴方を財団におけるあらゆる職から永久に追放する事を勧告します。加えて、我々の指定する施設で十分な心理鑑定を受けるように勧告します。問題が発覚した場合、その期間を問わず処置は必須であるものとします。連れていけ」
"Because of your statements Doctor, let it be known this committee is recommending that you be permanently dismissed from any work with the Foundation in its current iteration. Additionally, we are recommending a full psychological evaluation in an institution of our choice. Should any problems be found, treatment, regardless of length, is mandatory. Remove him."

2人の屈強な男、フェルドンをこの部屋に連れて来た男達が倫理委員会全委員長を部屋から連れ出し、彼を精神病院へと連行するであろう車に乗せた。かつての財団職員が定期的に1人ずつ、新たに生じた、国際法に従う必要性に従って送られて行く。
Two large men, the ones who had brought Feldon into the room, escorted the former Ethics Committee head out of the room to a waiting vehicle that would take him to a mental institution, one of many that former Foundation employees were being sent to regularly following the new necessity of following international laws.

陪審員の長に任命された男は、彼の側に並ぶ陪審員達を見渡した。
The man who had served as the head of the panel looked at the members gathered alongside him.

「次の被告をここに」
"Bring in the next one."

2週間後

速報: 財団「倫理」委員会前委員長

退院。職務に復帰する。

HEADLINE: FORMER FOUNDATION

"ETHICS" COMMITTEE HEAD

RELEASED, RETURNED TO

SERVICE

2014年5月10日
May 10, 2014

本日、財団「倫理」委員会前に院長のロバート・フェルドン博士が、2週間前の国連委員会による裁判の結果入院していた施設から退院し、以前の職務に復帰した。陪審員の大多数は、決定を撤回した事に対するコメントを拒否しており、フェルドン博士が以前の職務に復帰し、異常な物品、事象、生命体に対する倫理的収容のための国連新委員会委員長と陪審員を兼任するグレゴリー・レクシン氏が辞任する事を発表した。
Today, Dr. Robert Feldon, the former head of the Foundation "Ethics" Committee was released from the institution he was placed in following the UN Committee hearing two weeks ago and restored to his former position. The majority of the panel declined to comment on their decision to repeal their choice and return Dr. Feldon to his former position, replacing panel and Committee head Gregory Rexin as leader of the UN New Committee on the Ethical Containment of Anomalous Objects, Events, and Creatures.

取材に対し、レクシン氏は「この世界は、我々の知るこの世界は根底から覆った。倫理的とは何か?何が正しく、何が間違っているのか?そしてどうやって残酷や異常を定義するのか?」と話した。
When questioned, Rexin said only, "In this world, this world in which everything we know is turned upside down, what is ethical? What is right and wrong and how do we define cruel and unusual?"

委員長は更なるコメントを拒否した。2A 倫理
Further comment was declined. Cont. pg. 2A ETHICS.

「記録しますのでお名前をお願いします」その声はマイクで増幅され、広大な空間に反響した。

「ええと、博士の、あー、ロバート・フェルドン博士です」彼はおどおどとマイクに告げた。彼が思い出せる限り、怯えるのは初めてのことだった。いつものは暗い部屋の高くより響き渡る朗々とした声の持ち主だ。

もちろんこの部屋も非常に暗かったのだが、それでも虚構が剥がれる以前にフェルドンが働いていた施設と同じか、それ以上に明るく照らされていた。そして彼を問いただす男、正確に言えば男達と女達は、彼よりごく僅かに高い位置にいた。

彼は目の前の集団を注意深く観察した。探す。今までそうしてきたように。弱みを、恐れを、アドバンテージとなり得る何かを。

彼らは同じ表情で見返している。

フェルドンは汗をかき始めた。

「それでフェルドン博士。あなたの以前の雇用先における役職は?」中央の男が再び口を開いた。

禿げ頭、やや肥満気味、暗い色の服、眼鏡。死んだ魚のような眼。多くの者はその姿を、かつてのフェルドンのそれと同じだと思った。フェルドンの方が僅かに若く、もっと似合うということを除いて。完全に禿げ上がってなお第一線に立って働く、そうなるとばかり思っていた。

フェルドンは咳払いをして再びマイクに向けて話し始める。「財団倫理委員会の委員長でした。倫理委員会が現在の機関に取って代わる前までの事です」

「どの程度の期間その職に就いていたのですか?」

「7年間です」

その意に反して自らの声に一抹の誇りが滲んでいるのを感じ、フェルドンはゾッとした。素早い一瞥がその疑念を確かにした。彼らも同じようにそれを聞き取り、不満を感じていた。

一瞬起きたざわめきを中央の男の視線が沈めた。彼は監督者のようで、そして恐らくこの裁判の主導権を握っている。

「……なるほど。それであなたはどれくらいの、これら……SCPオブジェクトの……『収容プロトコル』の制定に関わったんですか?フェルドン博士」

「あー、それは『関わった』という言葉の意味するところによります。仰っているのは私が倫理委員会に配属される以前に関わった収容と研究についてでしょうか?それとも倫理委員会に配属されてから承認や改訂に関わったものについてですか?」

「質問に答えてください」

「そうですね」フェルドンは言い、些かびくびくしながら静かな陪審員の顔色を伺う。「その、恐らく、およそということになりますが、その、435個です。437個かもしれません」

「何か特段……特筆すべきような ……プロトコルはありますか?博士」

「正直に申しますと、暫く経つと色々混ざってしまうのです。それにあなた方が知る必要の無い情報を私が秘匿しているとのだとすれば、私が特定のプロトコルを覚えていないと言うのは当然でしょう」

クソ、どうしてこいつらに、自分の運命を握っている奴らに向かって口答えなんてしやがったんだ?フェルドンはそう思った。

「そうですね、では話題を変えましょう。端的に言えば、我々は全ての情報にアクセスできなくてはならないのです。異常な物品、事象、生命体に対する倫理的収容のための国連新委員会として、我々は財団がかつて収容していた、そして現在収容しているものについてのあらゆる知識を接収します。倫理的でないと見做されたプロトコルは改訂されます。改訂が不可能ならばそのオブジェクトの収容は打ち切られることになるでしょう。オブジェクト自身が人間社会に対し本質的な脅威である場合、例外なく破壊されます」

フェルドンは心の中で、財団のトップシークレットが暴かれた後にどれほどが残されるのかと考えた。前O5司令部と倫理委員会のみが知る事を許されたもの。

「博士、質問に答えてください」

「申し訳ありません。もう一度お願いしてもよろしいですか?」

「貴方は以前の役職にいた際、ナンバー、453、231、158、239、それと『人間型』と指定されたオブジェクト。これらの内どれかの収容に関わりましたか?」

フェルドンは目をそらした。もし嘘を吐いてどの関与も否定できたら。

「はい。倫理委委員会の職員は全員、必然的に何らかの形で人間型オブジェクトに関与することになります。私達は収容を保ちつつオブジェクトの負担を軽減するために、できる限りのことをしました。彼或いは彼女に対してです」

「ご存知の通りです、博士、あなた方のヒューマノイド収容プロトコルは数多の国で数多の法を犯すものだったはずですがね?」

選択肢は無かった!私達がやらなければ世界は滅んでいたかもしれないのです!」

「博士、一般庶民はあなたの組織が使う『現実改変者』という言葉をよく知らないのです。つまり、妊婦や子供に世界を滅ぼすことができるなど非現実的だというのが大方の見解なのです。何か反証はありますか?」

「いくらでも」フェルドンはそう言うと証人席から移動し始める。それに気づいた2人の大柄な男、彼の付き添いが、歩き回らないようにと彼を静止した。「倫理委員会委員長の就任に先立ち、私はSCP-239に関する実験を観察しました。実験中、私は239が信頼性のある財団施設の全ての部屋を好みのままに変えるのを見たのです。このケースでは巨大なドールハウスでした。彼女が職員を記憶と人格を保ったまま等身大の動くぬいぐるみに変えてしまってさえいなければ、これはそれほど深刻な事態ではなかったでしょう。全部戻すようにと言われると、彼女は主任研究員にこう言いました。『あっち行って、ばーか2』哀れな男の頭に何が起きたのか説明する必要は無いはずです。敢えて言うなら、彼は出て行きました。ドアの向こうへ歩いて行き、消えたのです。最後には彼女は『お人形』で遊ぶのに疲れて、全て同じように消してしまいました。これは数ある中で最も深刻な事件でした」

「君達がSCP-231と呼ぶ女性についても?」中央の男が問うた。その声には既に、未だ発せられてもいない返答への非難の色が含まれていた。

「誰も知ることを望まない物事というものがあります。これはその1つだと保証しましょう」

「では貴方は一貫して、問題の人間は大声で話したり紙に書いたりできないほどに恐ろしいものであり、しかもそれに対して倫理的でない事は一切行われていないと言うのですか?」

「ああ、アレについては倫理的でない事はいくらでもありますよ……少なくとも従来の倫理からしてみれば」彼は不気味な笑みを浮かべて言った。「ご存知の通り、殆どの人々はSCP-231が単なる妊婦ではないということに気づいていません。一般人がSCP-231について知っている事と言うのは、実のところ間違いなのです。一般人は、もっと言えば貴方を含め見識のある人々の大部分でさえ、SCP-231と言うのが正確にはSCP-231-7に指定される存在であると気づいてはいません。彼女はSCP-231-Xの指定を受けた女性の中で7人目の、そして我々が収容した最後の1人です。他は皆死にました。我々が制定した収容プロトコルを違反した行動のせいで、或いは自身の手で、そして我々が試みた排除……胎児の摘出によって。ある時、SCP-231-1は実のところ出産を完了しました。この事件によって数百の死者が出ています。ご存知でしたか?」

陪審員は沈黙し、情報を飲み込もうとしていた。

「それぞれの赤子はその1つ前に生まれた赤子よりも大きな被害を齎す能力を持っていた事にお気づきでしたか?」

陪審員は座ったまま、静かに、僅かな貧乏揺すりをしていた。今や優位は禿げ頭の博士にあった。

「古臭い言葉ですが、クリアランスがあれば私の言葉を検証することもできます」

中央の男が再び口を開くまでの一瞬、陪審員は一層気まずそうな目を向けていた。

「博士、機関は機関のための決定を下します。貴方の組織で言う『現実改変者』について我々が知る事を考慮しても、10歳にも満たない存在が貴方の同僚がされたような事をできる力を持っているとは信じ難い。貴方のくれた情報のおかげで『頭が蒸発しそう』ですよ。それと、貴方達が231と呼んで物扱いしているに行なっている忌々しい行為は、何であれ機関が公的な力を持ち次第やめさせます

だが、彼らの自信が僅かに揺らいだのが、彼らの自惚れが僅かに鳴りを潜めたのがフェルドンには見て取れた。彼は部屋の中で力が動くのを感じた。ここは今やの独壇場だ。

「結構です……百聞は一見に如かずとも言います。ですがそちらが間違っていたと分かった時にはどうするおつもりですか?」彼は得意げに尋ねた。

「フェルドン博士、この聴取は我が機関の意図についてのものではありません。これは貴方と貴方の同僚、そして貴方達が数多の国で数多の人々に対して行ってきた明らかに非倫理的な処遇を巡るものです。よってこの議論は終わりです。いいですね?」

「勿論です。他に何か質問はありますか?」

「貴方達は世界を滅ぼさない物を収容しているのですか?」

「そうですね、雨靴を履いたリャマの、2人用の着ぐるみがあります。収容する前は精神分裂のレクリエーションに使われていたものなのですが、使用者はやりすぎで死にました」

「……はい?」

「気にしないでください。他には何か?」

「はい。貴方の知る限り、貴方が書いた、または改訂した収容プロトコルの中に、意図的に人間へ危害を加えることを含むものはありますか?」

「……はい」

陪審員は皆これに眉を顰めた。

「それでは貴方の書いた、または改訂した収容プロトコルの中に、他の人間を危険に曝すものはありますか?」

「はい。ですが我々は—」

「それでは貴方の書いた、または改訂した収容プロトコルの中に、人間に対して残酷な、或いは異常な扱いをするものはありますか?」

「……『残酷』と『異常』の定義を」

「博士、今の陳述は陪審員が貴方の道徳観念に問題があると見なすのに十分なものです。貴方の言動は貴方自身が証明したように、非倫理的です」

「確かにこの観点からすればそうかもしれませんが、数百数千、更に多くの人命が意見に曝される、そんな事が我々の収容する実体の中の1つによって起こり得ると考えた時、倫理的とは何を指す言葉なのでしょう?正誤とは何か?残酷とは?異常とは?貴方達には生涯をかけてそれを問い続ける準備ができているのですか?」

再び陪審員を長い沈黙が包んだ。

「倫理委員会として、貴方は財団を倫理的に保てていたか分からないと言うのですか?貴方は倫理委員会失格だ」

「そう思いますか?いつか分かる時が来ますよ。私が復帰して貴方から仕事を奪っていくのを心待ちにする日がね」

「博士、貴方の陳述に基づき、委員会は最新版の勧告書において、貴方を財団におけるあらゆる職から永久に追放する事を勧告します。加えて、我々の指定する施設で十分な心理鑑定を受けるように勧告します。問題が発覚した場合、その期間を問わず処置は必須であるものとします。連れていけ」

2人の屈強な男、フェルドンをこの部屋に連れて来た男達が倫理委員会全委員長を部屋から連れ出し、彼を精神病院へと連行するであろう車に乗せた。かつての財団職員が定期的に1人ずつ、新たに生じた、国際法に従う必要性に従って送られて行く。

陪審員の長に任命された男は、彼の側に並ぶ陪審員達を見渡した。

「次の被告をここに」

2週間後

速報: 財団「倫理」委員会前委員長

退院。職務に復帰する。

2014年5月10日

本日、財団「倫理」委員会前に院長のロバート・フェルドン博士が、2週間前の国連委員会による裁判の結果入院していた施設から退院し、以前の職務に復帰した。陪審員の大多数は、決定を撤回した事に対するコメントを拒否しており、フェルドン博士が以前の職務に復帰し、異常な物品、事象、生命体に対する倫理的収容のための国連新委員会委員長と陪審員を兼任するグレゴリー・レクシン氏が辞任する事を発表した。

取材に対し、レクシン氏は「この世界は、我々の知るこの世界は根底から覆った。倫理的とは何か?何が正しく、何が間違っているのか?そしてどうやって残酷や異常を定義するのか?」と話した。

委員長は更なるコメントを拒否した。2A 倫理