ここに北極はありません

「これは何だね?」

「エレキギターを演奏する能力を有した送風ファンであります。」

「はは、演奏にぶちのめされたかな?」

「そうであります」

「精神的にか?それとも物理的に?」

「両方であります。こいつのエレキギターの才と言ったら並ぶ者がありません。しかしながらこいつは演奏中、速度にして90km/hの風を発生させるのです」

「冗談だったんだがな。だが実際面白かったぞ。それで他に知っておくべき事はあるか?」

「そのファンはファンを持っております」

「人間のファンか?それとも機械の方のファンかね?」

「両方であります。ブツには音楽をありがたがる大規模集団があるのですが、同時にこいつは送風ファンのコレクションも所有しているのです」

「そうか、そいつらにBクラス記憶処理剤を投与したら今日の仕事は終わりだ」

「人間のファンにでありますか?それとも機械の方でありますか?」

「人間のファンに記憶処理剤を投与して機械の方は収容しておけ。何か問題は?」

「風でありましょうか」

「ファンの起こす風が命令の遂行を妨げると言うのかね?」

「いえ、容易極まりないという意味であります」

「よろしい。ではこの件に関しては終わりだ。次はセクター-118で動いている冷蔵庫への対処だな」

「それは冷蔵庫が動き回っているという事でありますか?それとも」

「—いい加減にしろ」