ここに北極はありません

Shepherds
羊飼い

メアリー=アン・ルウィットは毛布の位置を合わせ直した。11月の夜が窓の外で荒れ狂い、寒気がアパートの隙間から流れ込んでいた。当然ながら実際には暖気が漏れ出ているのであって『寒気』など存在しない。しかしメアリー=アンはいつもこの定義を、本当の寒気を経験した事の無い科学者によるものだと考えていた。

この寒気は大した事はなく、ウールの毛布と1杯のチャイがあれば簡単に対抗できた。アレキサンダーは度々そうしているようにタワーケースの上で眠っていた。メアリー=アンは茶を啜り、団体のデータベースをスクロールする作業に戻った。

編纂者のカルト: キリスト教を出自に持つおよそ250名からなる団体。言語を文字言語、音声言語を問わず神聖不可侵と考えており、資料の破壊を極めて罪深いものと見做す。バーソロミューの福音書を所有している。 現在の状態: 吸収済み 脅威レベル: 無

メアリー=アンはどのような意味でも、面白い方の人生を送っていた。彼女はチャンスを自ら撥ね退け、生来の信仰を捨てた。幾度か海外に勤め、あまりにも多くの友が死ぬのを見て、出航時よりも少しだけ声変わりしてアメリカに帰った。心の平穏を得ようとする中で信仰心を取り戻し、学校に戻り、生きることに慣れて仕事を見つけた。

Those Who Gaze Deeply: A collection of European alchemical practitioners in search of the “God-Element”, that is, the material which God consists of. Connections with Broken God suspected but never confirmed. Current Status: Defunct. Last Activity: 1991

深く見据える者: ヨーロッパの錬金術師群。彼らの捜し求める『神の元素』とは神を構成する物質を意味する。壊れた神の教会との関係が疑われるが確証は無い。 現在の状態: 現存せず 最終活動年: 1991

That work happened to, once again, involve shooting at some rather fanatic people, except this time the fanatics she had shot at before were now her co-workers, and the fanatics she shot at now had a tendency to consort with demons in a very literal sense.

この仕事において、彼女はもう一度狂信的な人間を撃つこととなった。以前に彼女が撃った狂信者が今の彼女の同僚であり、今回撃った狂信者は文字通りの意味で悪魔と協力する傾向にあった。

Sons of the Nephilim: Group of approximately 50 individuals located in a single compound within the Hindu Kush. Believe themselves to be the descendants of angelic beings: beliefs focus on re-attaining a perfect state. Highly violent, and in possession of a dangerous artifact, the supposed corpse of an angelic being. Integration talks pending. Current Status: Active. Threat Level: High.

ネフィリムの子ら: ヒンドゥークシュ山脈の1地区に存在する、約50名からなる集団。 自身を天使の直系であると考えており、その信仰は再び完全なる存在へと到達する事に重点を置いている。非常に暴力的であり、天使の遺骸と思しき危険なアーティファクトを所有している。統合交渉は保留中。 現在の状態: 活動中 脅威レベル: 高

Not as literal as it could have been, but at the end of the day there wasn’t much difference between a horned and hoofed imp with a pitchfork and the talking corpse floating in a septic tank.

それはあり得たほどには文字通りの姿ではなかったが、その日が終わる頃には、ピッチフォークを構える角と蹄を備えたインプも、浄化槽の中に浮かぶ喋る死体も、そう変わらない物になっていた。

The Bramberly Family and followers: Group of 216 individuals located in North Dakota, United States. Central belief that the head of the Bramberly family was in contact with alien life forms, and as such was to serve as the liberator of mankind from evil through various sexual rituals. Possession of artifacts suspected but never confirmed. Compound was raided by agents of the Global Occult Coalition. Current Status: Defunct. Last Activity: 1982.

ブランベリー一家とその支持者: 合衆国ノースダコタ州に存在する、216名の個人からなる集団。ブランベリー一家の長に関する中心的な信仰によれば、氏は地球外生命体と接触しており、また、様々な性的な儀式を通して人類を悪から解放することともなっていた。アーティファクトの所有が疑われるが確証は無い。居住区域は世界オカルト連合のエージェントにより襲撃された。現在の状態: 現存せず 最終活動年: 1982

The database entries scrolled by. There were over six hundred entries on the list, though a good deal of them were either extinct, or only fragments existed. For some, there was enough material stored away to publish an entire catechism on the belief. For others, the cover blurb was all there was.

データベースのエントリをスクロールする。その多くが消滅し、或いは断片しか残されていなかったにも関わらず、リストには600を越えるエントリがあった。いくつかに関しては信仰に関する完全なカテキズムを作成できるほどの資料が蓄えられていた。その他のものは簡単な紹介文があるだけだった。

Icthians: A group measuring approximately 700 practitioners in small cells along the northeastern seaboard of the United States. Group worships fish and aquatic life. In possession of no known artifacts. Notable events include a schism over the admittance of lobsters into the Salt Canon (six casualties) and the deaths of forty-five individuals inside a single trailer home under claims that sardines were the most holy of fish. Current Status: Active. Threat Level: Minimal.

イクティアンズ: 合衆国北東部の沿岸沿いに存在する、個室で生活する信徒およそ700名からなる集団。魚と水棲生物を崇拝している。不明なアーティファクトを所有している。特筆すべき事件としてはロブスターに対するソルトキャノンへの入場許可を巡る分派(死者6名)と、サーディンが最も神聖な魚であるとの主張中に1台のトレーラーホーム内で45人が死亡した事件が挙げられる。 現在の状態: 活動中 脅威レベル: 極小

When people heard “counter-cult” what did they jump to? Church of the Broken God and the Fifthists. Most of the agents over in Project Malleus encouraged that sort of glamorizing of the job. Mary-Ann would admit that the stories about fighting off waves of cogboys and starminds did wonders for morale throughout the Initiative, but she was pretty sure those were exaggerations. In the end the vast majority of her job was cleaning up the small stuff. The big cults generally fell under the jurisdiction of other groups, the ones with the resources and ability to combat them effectively. Very few of the cults were more than a couple dozen people, most didn’t have much staying power, and eventually, almost all of them devolved into some form of violence or sex, or both. If that didn’t say something about the fallen nature of man, Mary-Ann couldn’t think of anything better.

人は「カウンターカルト」という言葉を聞いて何を思い浮かべるだろうか?壊れた神の教会とフィフシストだ。鉄槌計画にいるエージェントの大部分はそうして仕事を美化する事を奨励した。メアリー=アンは歯車人間と星心の軍勢を退けたという物語がイニシアチブ全体に素晴らしい影響を与えた事は認めたが、それらが誇張だと確信もした。結局彼女の仕事の殆どは細々としたものを片付ける事だった。大規模カルトは大抵他の、効果的に戦うための能力と資源を持つ部署の管轄下だった。構成員が2ダース以上のカルトはごく少数であり、持久力のあるものはほぼ無かった。そしていずれは殆ど全てが何らかの形で暴力かセックスか、その両方に傾倒して行った。それが人の生まれ持った性質とは何の関係も無いとするならば、メアリー=アンには他にそれらしい理由が思いつかなかった。

The Defiled: Buddhist-derived group, consisting of one hundred and eight individuals. Group is in possession of at least four anomalous artifacts. Primary goal is destruction of the physical universe, so as to help the entire human race achieve nirvana. Current Status: Active. Threat Level: High.

穢れ: 仏教徒から派生した、108人からなる集団。少なくとも4個の異常なアーティファクトを所有している。主目的は物質界の破壊であり、これは全人類が涅槃に至るための援助をするためのものである。現在の状態: 活動中 脅威レベル: 高

Ah, here was the one. Mary-Ann began converting her notes from that afternoon into the database. Nothing much to these ones: no name, no organization, not even a cult, really. Just an enemy group, one that managed to build a nice little torture engine in front of a church that killed fifteen people very slowly. The artifacts inside the church were likewise treated.

ああ、これだ。メアリー=アンはあの午後に取ったメモをデータベースの情報に書き変え始めた。無名で、組織的でもなく、カルトですらない実在グループというものは非常に少ない。敵と呼べたのは、可愛らしい拷問機関を完成に漕ぎ着け、教会の前で15人をじっくり殺害した集団だけだ。奴らは教会の中にあったアーティファクトも似たようにした。

bleep-bloop The chat window opened on her screen. There he was, right on schedule.

ピープー スクリーン上でチャットウィンドウが開いた。予定通りに彼はそこにいた。

Click

カチッ

“Hey, Salah.” Mary-Ann continued tapping away at the keyboard.

「こんにちは、サラー」メアリー=アンはキーボードを叩き続けた。

“Hello. There has been a change in plans.” She could never place his accent. Whenever she thought it was pinned down as Middle-Eastern, it would seem more British, more Middle Eastern when it seemed British.

「やあ。計画に変更があったよ」彼女にはサラーの訛りがどこのものか見当もつかなかった。中東の訛りだと思えばイギリス訛りが強いように聞こえ、イギリス訛りらしいと思うと中東訛りのように聞こえた。

“Oh?”

「へえ?」

“Three of them have committed suicide.”

「奴らのうち3人が自殺した」

“Arsenic dentures? Auto-erotic strangulation? That one thing with the diarrhea?”

「ヒ素入り義歯?窒息オナニー?こっちのやつは下痢で?」

“A small explosive hidden in the mouth. The splatter spelled out 'Fuck you' for two of them. The third was 'Check your privilege, you cisgendered cisnational cismental cisspecies cislingual cistime cispolarity cisdimensional scum.' The text was very small for that one.”

「口腔内に小型爆弾を隠してた。3つ中2つは血飛沫で『くたばれ』って書いてあった。3つ目は『恵まれてるって自覚しやがれシスジェンダーで自国民で精神が安定していて人間で母国語話者で正時間で正極性で正次元のゴミカス野郎』だ。文量の割に文字列は小さかったけど」

“Yow.”

「うわ」

“I was thinking of getting it engraved. It’d be a wonderful desk ornament.”

「彫りこもうかと思ったくらいさ。ありゃ机の装飾にぴったりだ」

“Heh. Any of them left?”

「へー。どれか残ってる?」

“One. I was just about to arbitrate.”

「1つな。ちょうど審判をするところだ」

“Wrapping up here as well.”

「こっちももう終わりよ」

“Did the doctor say anything about your leg?

「君の足だが、医者は何か言ってたか?」

“Another week in the cast.”

「もう1週間キャストの中だって」

“Ah, so it is. Well, God waits not for the machinations of man.”

「ああ、ならそうしとけ。あー、主は人の企みを待たず」

blooooooop

プーーーーーーー

Some distance away, in one of those places where people who needed to disappear disappeared in, a Pakistani man tucked his cellphone back in the pocket of his coat. It was a big, wool-lined thing, something bought on the cheap and worth a lot more than the money paid for it.

少しばかり遠く、姿をくらます必要のある人間が消えていく場所の1つで、パキスタン人の男がコートのポケットに携帯電話をねじ込んだ。それは大きく、裏地はウールで、安く買い叩かれたものだった。

He focused his attention on the young woman in the makeshift cell. The tattoos were quite garish, as were the piercings, and the hair, and the gore splatters from her fellows didn’t do much either. She was shouting all manner of vile things at him, screeching about how she’d paint the Prophet in shit and menstrual blood all over the kaaba.

彼は間に合わせの監房の中の、若い女に注意を向けた。タトゥーはかなりけばけばしく、ピアスも、髪もそうだったが、彼女の仲間の血糊はそうでもなかった。彼女はありとあらゆる下劣な文言だの、カアバ中の聖書に糞と経血を塗りたくった方法だのを甲高い声で叫んでいた。

He would have loved to make her suffer for that. The young man with boiling blood shook the cage his older self had built around it, screaming to make himself heard over her blasphemies. Drop the act, just kill her. She’s nothing. Less than human. The lowest of infidels. Let the worms eat her and her soul rot in fire for eternity. You’d be justified, completely justified. The ritual just holds back the real justice…

彼は、彼女をそうやって苦しめるのが好きだったのだろう。怒れる青年は以前に自ら作った檻を揺らし、彼女の罰当たりな言葉の中でも聞こえる声で怒鳴りつけた。幕を降ろせ。こいつを殺せ。こいつは何でもない。人以下の存在だ。異教徒のクズだ。虫が食うに任せて魂を永劫の炎に落としてしまえ。お前は正しい。全くもって正しい。儀式は真の正義を繋ぎ止めるだけのものだ……

As he did many times before, Salah reminded the young man with the boiling blood what that hate had gotten him before. The young man resisted, and he fought a lot harder than Salah could. He dug through the bag on the ground, looking for an excuse to busy his hands. As he always did, with each time the young man shook his cage, he thought it best to use the weapons of an old man: A calm tone and a quick tongue.

以前から何度もしてきたように、サラーは怒れる青年に、かつて彼を捕らえた憎悪を思い出させた。青年は抵抗し、サラーができたよりもずっと激しく戦った。彼は手を休めない理由を探して地面に置いたバッグを掘り進んだ。若者が檻を揺さぶる時にいつもそうしていたように、彼は老人の武器を使うのがベストだと考えた。すなわち、穏やかな口調とよく回る舌だ。

He stood up. In one hand, he held a slim tome bound in black, opened to a pre-marked page. In his other hand was a pistol.

彼は立ち上がった。片方の手では、黒い表紙をした大きな薄い本の、あらかじめ印を付けておいたページを開いていた。もう片方の手には拳銃があった。

“As is customary, you may take this moment to make a final atonement. If you wish to make a plea for forgiveness, please do so.”

「慣例により、あなたには最後の贖罪をする時間が与えられます。もしも許しを懇願したいのであればどうぞそうしてください」

The woman spat in his face.

女は彼の顔に唾を吐いた。

“Very well. In the sight of God all-mighty and all-merciful, I find you guilty in the deaths of fifteen individuals and the desecration of holy relics contained within the church of St. Anthony. As appointed arbitrator of the eternal law, I hereby sentence you to death. With great regret and a heavy heart I do this, and trust in God’s mercy for the sake of your soul, and for mine. Have you any final words?”

「結構。全能にして慈悲深き神の御前において、あなたを15名の殺害と聖アンソニー教会に保管されていた聖なる遺物の破壊の罪で有罪とします。永遠の法に基づく仲裁者に任じられた者として、ここに死刑を宣告します。深い哀悼の念と重い心をもってこれを行い、そしてあなたと私の魂に神の慈悲が齎されると信じます。遺言はありますか?」

“You think you’re the fucking Spanish Inquisition or something?”

「あんたらくそったれのスペイン宗教裁判でもやってるつもり?」

Salah clicked off the safety.

サラーは安全装置を解除した。

“No, we don’t.”

「違いますとも」

«  ハブ |  Second Watch »

15人念入り殺害と周り、cis連打とその下のジョーク、サラー苦悶、牧師ムーブ、日本語

あと見直し

「これは何だね?」

「エレキギターを演奏する能力を有した送風ファンであります。」

「はは、演奏にぶちのめされたかな?」

「そうであります」

「精神的にか?それとも物理的に?」

「両方であります。こいつのエレキギターの才と言ったら並ぶ者がありません。しかしながらこいつは演奏中、速度にして90km/hの風を発生させるのです」

「冗談だったんだがな。だが実際面白かったぞ。それで他に知っておくべき事はあるか?」

「そのファンはファンを持っております」

「人間のファンか?それとも機械の方のファンかね?」

「両方であります。ブツには音楽をありがたがる大規模集団があるのですが、同時にこいつは送風ファンのコレクションも所有しているのです」

「そうか、そいつらにBクラス記憶処理剤を投与したら今日の仕事は終わりだ」

「人間のファンにでありますか?それとも機械の方でありますか?」

「人間のファンに記憶処理剤を投与して機械の方は収容しておけ。何か問題は?」

「風でありましょうか」

「ファンの起こす風が命令の遂行を妨げると言うのかね?」

「いえ、容易極まりないという意味であります」

「よろしい。ではこの件に関しては終わりだ。次はセクター-118で動いている冷蔵庫への対処だな」

「それは冷蔵庫が動き回っているという事でありますか?それとも」

「—いい加減にしろ」