さんどぼっくすさん

読んでくださってありがとうございます!
執筆記事一覧、四方山裏話等はページ下部からどうぞ。

 
 
かき氷にする?

神恵研究員がうっかり凍らせた植物園の跡

 
氏名: 神恵 凪雪かもえ なゆき

セキュリティレベル: レベル2

所在: サイト-81██研究室、植物園

専門: 植物学、音楽学

職務: 植物系、音楽系オブジェクトに関する研究。雪の結晶の観察。自作ジンギスカンダレの研究。ザンギ1の普及活動。

来歴: 北海道██市出身。地元音楽系学校を卒業後、███████株式会社に就職。20██年1月の帰宅途中、当時未収容だったSCP-███-JPに暴露したことにより異常性が発現し財団に保護されました。その後SCP-███-JP-1に分類されましたが、彼女の植物学や音楽学への造詣の深さや、オブジェクト接触時の状況対応能力の高さなどが評価され、研究職員として雇用されています。

人物: 神恵研究員は年齢29歳、身長153cm、体重45kgの日本人女性です。
長いウェーブヘアと短い前髪が特徴的で、青みがかった灰色の瞳をしています。後述する異常性の影響に加え、元々童顔であったことから外見年齢はかなり若い印象を受けます。
性格は泰然自若で人当たりが良いと評されていますが、特定の人物に対してしばしば自己中心的な面が見受けられます。神恵研究員は直ちに改善するべきです2
 
服装は比較的動きやすく楽なものを選ぶ傾向があり、白衣をわざと着崩し、ニットワンピースやショートパンツをよく好んで着用しています。あまり装飾品は好みませんが、雪の結晶をモチーフにしたピアスのみ例外的に着用しています。

神恵研究員は極めて透明度の高い氷で構成された未知の花3や蔓が身体の特定の部位4から生えています。これらは身体から離れた場合を除き、熱によって融解することはありません。花はおよそ5日で落花し、新たな蕾をつけると半日で開花します。その他の異常性として素手で触れた植物を急速に凍結させる点や、彼女が居る部屋は温度が約2度低下する点が確認されており、植物を用いた実験の際は必ず手袋を着用しています。また彼女の外見年齢は暴露時から全く変化しておらず、これらの異常性が成長機能に何らかの影響を及ぼしていると考えられています。

補遺: 神恵研究員はサイト-81██の多目的ルームにて週に一度お茶会を開いています5。座談会にどうぞ。
 

また俺の道具勝手に使いましたね?実験器具でジンギスカンのタレ作るの止めろって言ったじゃないですか! -志文研究助手
 
知らなーい。 -神恵研究員

君のその髪の植物、貰っても良いかい? -鐚銭医療スタッフ
 
枝毛みたいなものだから良いですけど…でも取ったら溶けますよ? -神恵研究員
 
ありがとう、実に興味深い。 -鐚銭医療スタッフ

[頭部の花をもごうとする。]

え、あ、ちょ、そっち!?いたたたた!痛い痛い! -神恵研究員

ひなあられなんて食べたの十数年ぶりです。この優しい甘さが紅茶に合いますね…。 -神恵研究員
 
そうだろう、そうだろう。茶会にもってこいの一品だと思うよ。 -水無川博士

山月さん、りんごシャーベット食べます? -神恵研究員
 
[神恵研究員が素手でりんごを掴むと瞬時に凍り付けになる。]

ヒィッ! -山月監視員

[山月監視員が蒼白しその場に崩れ落ちる。]

あ。 -神恵研究員

ん。なんだこの子、可愛いなあ。これ食べてみるかい? -神恵研究員
 
[夕食のザンギを謎の生命体に差し出す。ものの数秒で完食。]

もっと?ははっ、そんなに美味かったのか。なら待ってくれたら揚げてあげるよ。肉は漬けてあるからここでちょっと待っ──え -神恵研究員

[その後神恵研究員は全治2ヶ月の重症を負っています6。]


 
 


 
 
 
%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%8F%82%E5%8A%A0%E8%A1%A8%E6%98%8E.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%8C%A8%E6%8B%B6.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%AE%A4.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E4%B8%89%E4%BA%BA%E5%AF%84%E3%82%8C%E3%81%B0.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E4%B8%80%E6%AD%A9.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E6%8E%A1%E7%94%A8%E9%80%9A%E7%9F%A5.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E7%A7%81%E3%81%AE%E6%8F%90%E8%A8%80.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%B7%BB%E9%A0%AD%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E8%A1%A8%E7%B4%99%E3%82%92%E9%A3%BE%E3%82%8B.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E9%8A%85%E3%83%A1%E3%83%80%E3%83%AB.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E9%8A%80%E3%83%A1%E3%83%80%E3%83%AB.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E9%87%91%E3%83%A1%E3%83%80%E3%83%AB.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%83%AB%E5%90%88%E9%87%91%E3%83%A1%E3%83%80%E3%83%AB.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%84%E3%83%BB%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8F.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%84%E3%83%BB%E5%86%97%E8%AB%87%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%9C.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%84%E3%83%BB%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%B9.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%84%E3%83%BB%E3%81%BB%E3%82%93%E3%82%84%E3%81%8F.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8F.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E5%86%97%E8%AB%87%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%9C.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%B9.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%81%BB%E3%82%93%E3%82%84%E3%81%8F.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%A4%9A%E5%88%86SCP-001%E3%81%8B%E4%BD%95%E3%81%8B.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%88%86%E7%AC%91%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%82%B020%E9%80%A3%E7%99%BA%E5%A4%A7%E5%9B%B3%E9%91%91%EF%BC%81.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E7%9F%AD%E7%B7%A8%E9%9B%86.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%82%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8F.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E5%86%97%E8%AB%87%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%9C.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%B9.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%81%BB%E3%82%93%E3%82%84%E3%81%8F.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%81%8A%E7%A5%AD%E3%82%8A%E5%A5%BD%E3%81%8D.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%81%8A%E7%A5%AD%E3%82%8A%E7%94%B7.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%9F%E3%83%A4%E3%82%B6%E3%83%AF.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E4%B8%BB%E5%82%AC%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E5%AD%A6%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E7%89%A9%E7%90%86%E5%AD%A6%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%8C%96%E5%AD%A6%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%9C%B0%E8%B3%AA%E5%AD%A6%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%A4%A9%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E6%95%B0%E5%AD%A6%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%8C%BB%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%AE%B6.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%AE%B6.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E6%97%85%E4%BA%BA.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%B4%A9%E5%A3%8A%E3%81%AE%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%81%91.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%82%81%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%81%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%84%E3%82%B1%E3%83%86%E3%83%AB.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E7%A7%A9%E5%BA%8F%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B%E6%82%AA%E9%AD%94.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%A9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%89.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%A7%E5%BE%8C%E3%82%8D%E3%81%AE%E6%96%B9%E3%81%AB%E3%81%84%E3%82%8B%E3%83%A2%E3%83%96.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%B8%B8%E8%AD%98%E5%A4%96%E3%82%8C.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E8%8B%B1%E9%9B%84%E8%AD%9A.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E8%AA%B0%E3%81%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E5%B8%B8.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_SCP%E3%81%AF%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%90.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%82%89%E8%B2%A1%E5%9B%A3.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E4%BA%BA%E6%B0%97%E8%80%85.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%81%B2%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%82%8A%E3%81%A0%E3%81%93.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E8%AD%B0%E8%AB%96%E3%81%AE%E7%9A%84.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E9%80%B1%E5%88%8A%E8%AA%8C.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%85%88%E9%81%94%E3%81%AF%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%BE%E3%81%BB%E3%81%97%E3%81%8D%E3%81%93%E3%81%A8.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E6%99%AE%E9%80%9A%E3%81%AE%E3%81%89%E3%81%89%E3%81%89%E6%A8%99%E8%AD%98%E3%81%83%E3%81%83%E3%81%83.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%A7%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%86.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E6%99%AE%E9%80%9A%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%AA%E3%81%84.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E5%85%88%E7%94%9F%E3%80%81%E8%B3%AA%E5%95%8F%E3%81%A7%E3%81%99.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E7%A0%B2%E6%89%8B.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E6%9D%A5%E9%80%B1%E3%82%82%E3%81%8A%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%BF%E3%81%AB.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AB.png%E5%AE%9F%E7%B8%BE_%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%BC%EF%BC%9F.png

 

SCPs

SCP Rating Comments Created Last Comment

Tale-JP

Tale Rating Comments Created Last Comment

アートワーク

Others Rating Comments Created Last Comment
さんどぼっくすさん 0 0 14 Dec 2018 06:24

 
 
 
ファイル名.jpg

このテキストは画像の下に表示されます。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPを含む周囲一帯は財団で買い取られ、併設されたサイト-81██で監視カメラによる監視と管理を行います。現在SCP-XXXX-JPを用いた実験はいかなる場合であっても禁止されています。これまでにSCP-XXXX-JPおよびSCP-XXXX-JP-1、SCP-XXXX-JP-2の収容違反に繋がる行動は確認されていませんが、万が一確認した場合は速やかに機動部隊わ-6("庭師の鋏")による制圧を行って下さい。
 
説明: SCP-XXXX-JPは兵庫県██市の██山中に存在する閉館したペンションとイギリス式庭園、ならびに複数の人型実体です。周囲はセイヨウイチイ(Taxus baccata)の生垣で囲われており、生垣のゲートから敷地内に入ると周辺の天候とは関係なく必ず雨天になり、建物内部からSCP-XXXX-JP-1とSCP-XXXX-JP-2が出現します。
SCP-XXXX-JP-1は外見上およそ50代後半に見える2体の人型実体です。それぞれ男性体をSCP-XXXX-JP-A、女性体をSCP-XXXX-JP-Bと呼称します。SCP-XXXX-JP-2は外見上およそ10歳未満の児童に見える4体の人型実体で、それぞれSCP-XXXX-JP-C~SCP-XXXX-JP-Fと呼称され、出現する度に性別のパターンが変化していることが確認されています。
 
SCP-XXXX-JP-1は自らをペンションのオーナーであると装い、接近した被害者に対し「雨が止むまで休んでいきなさい」と促すことが確認されています。これに了承した場合、被害者は庭園を一望出来る建物内の一室に案内されます。天候が回復すると敷地内の庭園にSCP-XXXX-JP-2が出現し、それぞれ手を繋ぎ輪になって唄遊び7を開始します。この時被害者がSCP-XXXX-JP-2を目視、または唄を耳にすると自身が共に遊ばなくてはならないという強い衝動に駆られ、SCP-XXXX-JP-2と同じ行動を取ることが確認されています。数分後、半つる性やつる性のバラ8に酷似した未知の植物が被害者の体内から出現します。寄生した植物は生長を続け対象を徐々に衰弱させ、開花と共に宿主の生命活動を停止させることが実験によって判明しています。
その後、SCP-XXXX-JP-1及びSCP-XXXX-JP-2は建物内へ消失します。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報] テンプレート]]


 

①素手で触れた相手の持つ心的外傷を取り除く・和らげるが、かわりに自身の肉体が傷つく。
 相手の抱える重さによって受けるダメージも変化するSCiP。1140JPの関連もの
②サンタのスノーグローブのSCP。秋ぐらいにできればいいかな。
③観覧車の置物のSCiP
④雪の結晶でなんかやりたい