転校生
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの収容は事実上不可能であり、発生を防ぐこともできません。しかし、発生を予測し、抑制することは可能です。財団は東京都██区および████中学校の運営に介入し、SCP-XXX-JPの発生を最小限に抑えてください。

現在、4月8日以外での発生を予測し防ぐことは不可能です。

説明: SCP-XXX-JPは東京都██区にある████中学校で発生する異常現象で、████中学校で毎年4月8日に行われる入学式にて「転校生」として発生します。「転校生」の数は不特定多数で、クラス人数が30人未満のクラスがある場合、30人になるように加えられます。よって、元のクラス人数が少ないほど「転校生」の数は増加します。「転校生」の数がどれほど多くても、生徒、教師、保護者は不自然に感じることはありません。

財団は201█年4月9日、1年2組の「転校生」を4体収容しました。収容された「転校生」は、自己紹介や将来の夢については話しましたが、SCP-XXX-JPの目的については知らないような反応を示しました。翌日、収容した4体とは異なる「転校生」が1年2組に4体加わると同時に収容していた4体が消滅しました。この後計4回収容を試みましたが、結果は変わりませんでした。したがって財団は「転校生」の収容は不可能と判断しました。

全クラスの人数が30人以上であれば「転校生」は発生しないと考えた財団は、201█年度の入学式が行われる前に、各クラスの人数を30人ずつになるように調整しました。結果、各クラスで一人ずつが4月8日の朝8時までに事故や事件に巻き込まれ死亡する事案が発生したほか、「転校生」が各クラスに一人ずつ加えられました。ちなみに、死亡した生徒に共通点は見られず、計9人が死亡したことについて生徒、教師、保護者は悲しみはしましたが不自然に感じることはありませんでした。次年度、財団は全クラスの人数を29人ずつになるように調整することで、入学式前の生徒の死亡を防ぐことに成功しました。以上から、SCP-XXX-JPの目的は「クラス人数を増やすこと」ではなく「クラス人数を30人に維持する」ことだと考えられます。

201█年6月16日、各クラスが30人ずつであるにも関わらず1年1組に6体、2年2組に3体、2年3組に1体、3年3組に5体の計15体の「転校生」が加わりました。翌日、█████線にて電車の脱線事故が起こり、乗車していた15名の生徒を含む██名が死亡しました。死亡した生徒のクラスごとの内訳は「転校生」の数と一致していました。また、4月8日以外での「転校生」の発生およびそれに伴う生徒の死亡はこの他にも6件確認されています。多くの生徒が死亡したことについて他の生徒、教師、保護者は悲しみはしましたが不自然に感じることはありませんでした。

201█年10月7日午前10時、修学旅行へ行っていた「転校生」6体を含む2年生90名及び4名の教職員を乗せた大型バス2台が玉突き事故を起こし「転校生」以外の全員が死亡しました。3時間後、2年生の各クラスが30人ずつになるように「転校生」が加わりました。2年生が「転校生」のみになったことに関して他学年の生徒、教師、保護者は不自然に感じることはありませんでした。

調査の結果、19██年に廃校となった██県にある██中学校に、「転校生」と同様の名前の生徒が在籍していたことが判明しました。現在239体の「転校生」が██中学校の生徒の名前と一致していることが確認されました。当時、██中学校には各クラス30名の合計270名が在籍しており、その全員が集団自殺により死亡しています。

補遺1: 2018年度の入学式が始まるまでに、一般生徒全員を記憶処理を施したうえで他の中学校へ転校させました。その後、入学式にて「転校生」が各クラスに30体ずつ加えられましたが、入学式終了後全ての「転校生」が消滅、以降、████中学校に「転校生」は出現していません。監察を継続するとともに、次年度の入学式で「転校生」が発生しなかった場合、Neutralizedクラスへの変更を申請します。

補遺2: ██県にある█中学校にて、「転校生」の発生が確認されました。