scp-1996-JP 《幻想卿》

アイテム番号: SCP-1996-JP 《幻想卿

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1996-JPは、日本の███に半径██kmで存在しています。
結界のような物で覆われていて目視することは出来ず、一般人もしくは財団職員が直接侵入することは
不可能です。
対象へ進入を試みた際には空間をゆがめ、反対の位置へ転移させることがわかっています。
対象へ繋がる道路、もしくは道は全て閉鎖し、
一般人が通行を試みた場合は自然保護の理由で立ち入り禁止区域であると説明してください。

概要: SCP-1996-JPは19██年に東京██大学███部、██祭(大学祭)から201█年に発表されたパソコンゲームの中の世界です。
SCP-1996-JPは、日本に潜入中の財団エージェント█████が███に進入不可能な地域を発見したことから対象の存在が発覚し、
回収を試みましたが、失敗に終わりました。

説明: SCP-1996-JPは██年に1度、ランダムで選んだ人をSCP-1996-JP内へ転移させることが確認されています。
この現象は、SCP-1996-JP、【幻想卿】の名前にちなんで【幻想入り】と呼ばれています。
対象は全世界にいる人間から一人だけを転移させるので、この現象について実験をすることはほぼ不可能です。
転移された人間(SCP-1996-JP-Aと指定)へのインタビューは実現していません。(実験記録-1996-JP-1を参照)
SCP-1996-JPはインターネット上から存在が急激に知れ渡っていますが、実在する地域ではないとされている為
記憶処理の必要はありません。
この転移による死傷者は確認されてませんが、██年に1度、一人が行方不明になっていることから、
行方不明になった人と関係している人にクラスAの記憶処理を行うことが義務付けられてます。

補遺: