お母さんは大変だ
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは周囲に高さ2mの柵を設け、立ち入りを制限してください。職員以外の民間人の立ち入りは原則禁止されています。民間人の侵入が確認された場合は、直ちに施設から警備員を配置し拘束したのち、Aクラスの記憶処理を行ってください。SCP-XXX-JPの外観及び建物内部は24時間監視カメラにより監視されており、何らかの異常が認められた場合は担当職員に報告を行ってください。

SCP-XXX-JPはサイト-81○○に隣接される状態で収容されています。またSCP-XXX-JPの特異性を保持するために、一週間に2日~4日1名ずつDクラス職員を対象の施設内部へ侵入させてください。その後、対象から退出したDクラス職員には対象に侵入してから24時間以内にAクラスの記憶処理を施してください。SCP-XXX-JPの特異性の保持、又は実験を行う際にはセキュリティクリアランス3以上の職員の指示に従い、厳密にDクラス職員の家族に関する情報を調査してから行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは○○県○○市○○町に存在する、同県にて50店をチェーン展開するスーパーマーケット○○の建造物です。30台が停車できる駐車場を備え、売り場面積は800㎡ほどで店舗のなかでは小型に分類されます。建造物自体に特筆すべき異常性は後述する食品物の賞味期限切れ及び腐敗以外には確認されません。

SCP-XXX-JPの内部は一般的にスーパーマーケットと言われるものと相違ありませんが、陳列されている食品類全ての賞味期限が数か月から数年前に切れています。鮮魚、野菜、肉、パンについては外見には異常がないように見受けられますが、内容物は腐っており、摂取すると腹痛・下痢・嘔吐などの症状を呈しますがそれ以外の異常は摂取した対象者からは観察されません。また、店内にある食品及び日用生活雑貨、衣類などは全て定期的にその数が補充され数を保っています。この補充は監視カメラにて監視を行っている施設職員、SCP-XXX-JP内に侵入した職員どちらもいかなる方法によって行われているのか確認できていないことから、SCP-XXX-JP未知の能力を使用していることが予想されています。

SCP-XXX-JPの異常性が確認されたのは、SCP-XXX-JPが新店舗としてサイト-81○○の隣に開店してから約1ヵ月後です。施設職員が確認する以前に隣接する施設で働く職員の○○が一週間の無断欠勤を行っている間にSCP-XXX-JPに毎日買い物へ訪れていたことが確認され、○○の所属する部署の上司にあたる○○研究員が○○の住居である施設内の寮に出向き問いただしたところ「俺はお母さんになっていた」「お母さんは大変だ」とおよそ10分間にわたり、母親の存在の重大さや偉大さ、母親であることの大変さを語りました。何らかのオブジェクトにおける精神汚染を受けていると判断した○○研究員はただちに○○を入院させ、サイト-81○○内に収容している全てのオブジェクトの調査を行いましたが収容違反は検出されませんでした。その2日後、○○研究員のもとに他の部署でも同じく職員が無断欠勤を行っている間SCP-XXX-JPへ訪れているとの報告がなされ、○○の精神汚染とSCP-XXX-JPの関連が浮上しますが証拠不足により確証には至りませんでした。すぐさま○○研究員は施設全体に無断欠勤を行っている職員の有無を確認しました。その結果7名が1日~7日の無断欠勤を行っていることが判明します。またその後に欠勤していた職員全員がSCP-XXX-JPに訪れていることが判明し、SCP-XXX-JPはオブジェクトとして正式に調査されることになりました。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]