ハッピーナボちゃんのハッピーじゃないゴミ溜め!!!!!

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの敷地は金属製フェンスで囲まれており、SCP-XXX-JP非活性時は機械警備が、6,7月から8月31日までのSCP-XXX-JP活性期間には教員に扮した財団エージェント2名によって巡回が行われています。SCP-XXX-JP敷地内への侵入者を発見した場合はカバーストーリー「旧校舎の老朽化」を適応し、退去させてください。また、SCP-XXX-JP-Aはパスワード付きロッカーに収容してください。

IMG_3979.JPG

出現時のSCP-XXX-JP

説明: SCP-XXX-JPは███県███小学校の旧校舎図工室の壁に空いた穴です。6月下旬〜7月上旬に出現し、同年8月31日に消滅します。縦8cm横5cmの楕円に近い形をしていて、奥に破れた壁紙や断熱材などが確認できます。SCP-XXX-JPに人間が接触した場合、SCP-XXX-JPの周囲の壁は異常な伸縮性を持つようになり、直径55cmほどの物体であれば内部に入ることが可能になります。

SCP-XXX-JPの内部に入った物は即座に消失します。物体が一部SCP-XXX-JP内に入った場合はSCP-XXX-JPに入った部分だけが消失します。

SCP-XXX-JP内部に物体が入ったおよそ5秒後、対象者の自室の机の上1 にSCP-XXX-JP内に投げ入れた物質で構成されたオブジェクト(以下SCP-XXX-JP-A)が発生します。以下はSCP-XXX-JPの実験記録です。


補遺: SCP-XXX-JPは"自宅の机の上に突然変なものが現れた"という通報から発見に至りました。通報者の自宅にはSCP-XXX-JP-Aが出現しており、DNA検査の結果19██年に行方不明になった███氏4のDNAと一致しました。SCP-XXX-JPは数年前から生徒の間で"夏休みの自由工作を「ピカソさん」にやってもらうと必ず入賞するがお礼を言わないと自分が作品にされる"5という半ば怪談じみた噂話によって知られていました。怪談内でも"藤田宗太郎"については言及されており、彼は"ピカソさん"に魅入られた、ということになっています。噂の根元としては███年███組の彼の机の中に残された書き置きが考えられます。以下がその書き置きです。