あなたのアイデアを活かすために

アイデアを得る

アイデアはストーリーにおける魂です。Taleを執筆するにしろ、SCPを執筆するにしろ、良いアイデアは執筆者の力となり、執筆者を成功へと導きます。ここでは、素晴らしい記事のコンセプト1を編み出すために役立つヒントを紹介します。

不気味な記事を書きたいならば

あなたにとって恐ろしいものを考えてみましょう。

このサイトはインターネット上の怪奇創作をルーツとしており、その伝統を維持しようと考えています。新奇な恐怖ほど良いです。このWIKIは並大抵の脅威や恐怖症を網羅していますし、創造性(クリエイティビティ)が大好きです。

もし超自然的な、不気味なものを書きたいならば

既成概念にとらわれず考えてみましょう。

記事が新奇的であれば新奇的であるほど、独創的ならば独創的であるほど、群を抜いて目立つ記事になります。

上記のいずれにも当てはまらない記事を書きたいならば

読者に喚起させたい何かしらの感情やリアクションから考えてみましょう。

読者を悲しませたいにしろ、読者を楽しませたいにしろ、読者の好奇心を掻き立てたいにしろ、どうすればそう出来るか考えてください。

興味を引く写真を探しましょう

インターネットは全く驚くべき場所であり、何千何万もの不気味な写真や、ぞっとする写真が転がっています。それらの写真をアイデアの種に使うことができます。読者の心を捉えるような変わった写真ならば何であれ、あなたの想像力を刺激するはずです。画像を使用する際は画像利用規定に従う必要があります。

SCPのネタ帳ページを見てみましょう

SCP日本財団中枢資料室をチェックしてみてください。そこに多くの素材が眠っています。サイトを見るだけならば誰でもできますが、画像を追加したい場合は参加する必要があります。参加は自由で、Wikidotアカウントを持っているならば、だれでも参加可能です。

興味深いアイデアが思いついたときにこそ、似たSCPがないか探しましょう

フォーラムやチャットで尋ねることもするべきです。なぜならば、あなたが見落としていた記事を、他の誰かが知っているかもしれないからです。ここには3000以上のSCPがあるのですから、思いついたアイデアと似ている記事がどこかしらに存在する確率が高いです。ネタ被りする記事を見つけたならば、自分の記事に奇抜なひねりを入れて差異をつけることが出来ないか考えて見ましょう。

他の人に記事を見せましょう

マジでクールなアイデアだと思うものが降ってきて、なるべく早くそれを書き上げたいという衝動に駆られる日もある事でしょう。投稿する前にサンドボックスページを作成し、下書きフォーラムかブレストフォーラムのスレッドで、その記事をだれかに見せましょう。それかチャットを使う手もあります。

誰しも、あなたがサンドボックスに下書きを用意したことを魔法のように察知し、批評しにやってくることはあり得ませんので、前述のようにスレ立てなどをする必要があります。

アイデアを押し通そうとしないでください

微妙に思えるアイデアを仕上げることに躍起になっても、大抵、出来上がるものは圧倒的にしょーもない記事か物語です。作品に問題があるならば、チャットにいる他のメンバーの知恵を借りようとするか、フォーラムにスレッドを立ててください。

その他の役立つヒント

SCPを書く上でのその他の役立つヒントがいくつかあります。

全てのSCPは、誰かにとっての「はじめてのSCP」のように振る舞う

つまり、他の記事の知識を過剰に必要とする記事にするべきではないということです。

もちろん、他の記事のリンクを入れることは自由ですが、薄氷を踏む思いで取り組んでください。その箇所は、必要な資料を読んでいない読者にとっては、何が起きているんだかわからない箇所になります。

レス・イズ・モア(減らすことはより多くを得ること)

もちろん、複数ページにわたる探査ログ、回収ログ、実験ログを詰め込んで大成功を遂げた記事も存在しますが、大多数のSCPにとっては、簡潔であるか、かつ、消化しやすいフィクションになっているかが最も肝心です。SCPを書くにあたっては、長大な説明やログ、追加情報が必要であるなんて前提はないので、必要に応じてそれらのログを記事に取り入れてください。追加したところで大差ないならば、捨ててください。

核心となるコンセプトを研ぎ澄ましてから、記事を書き始める

そのようにしておけば、文章の項目の取捨選択をしやすくなります。残すべきディテールのみを残しておくことができたならば、記事に謎が加わり、読者はオブジェクトが「なぜ」「どうのように」動いているのかを思い巡らせます。

危険≠面白い

周囲100マイルの骨を全て液化してしまうアイテムはたしかに危険です。しかし面白いやり方で表現しなければ誰も見向きしません。

何かしらフックを入れる

フック(”つかみ”)は、読者を一気に記事に没入させる要素です。SCPは異常なことを行う異常な存在というだけでは、滅多に成功しません。何をフックとするかは、著者がよくよく推敲しなければならないものの、できるだけ記事の頭の方で、効果的に含めるようにしてください。フックを「オチ」と言って最後まで寝かし続けたならば、それはフックなどではなく、最悪、読者はフックに辿り着く前に読むのをやめてしまうこともあり得ます。

手にした批評を受け入れる

誰にもメインWIKIに投稿した記事に対してフィードバックする義務はありません。しかし、誰もあなたの作品へのVoteを手加減はしません。もし自分が不公平に扱われていると感じたら、管理者かモデレーターにご相談下さい。意地悪に見える人や、残酷に見える人との、激しい舌戦に飛び込むことはしないでください。どのような語調で書かれてあっても、汲むべきところのある批評には必ず耳を傾けて下さい。

残酷描写のための残酷表現はアホくさく見える

読者にひたすら内臓を(文章表現として)投げ付ける以外の何物でもない記事や、グロ画像頼みの記事だが、どういう事情で掲載してあるんだか訳がわからない記事は失敗するでしょう。ゴア表現は大いに結構ですが、記事の内容でサポートする必要があります。

ためらわずに助けを求めてください。

チャットやフォーラムには、喜んで手を貸す人や下書きを批評するメンバーがたくさんいます。

旧訳