Nagmo
評価: 0+x

アイテム番号: SCP‐XXXX‐JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP‐XXXX‐JPはサイト-81XXにある標準ロッカーに収容されています。オブジェクトとの誤認を防ぐためにサイト内に存在するVRゴーグルには全て識別マークを付けて下さい。

説明: SCP-XXX-JPは異常な████社製VRゴーグルです。形状材質等一般的なVRゴーグルと違いはありません。人間がSCP‐XXXX‐JPを装着すると、その異常性が現れます(以後「活性状態」と表記)。

blur_edges.jpg

(2018/05/01)観察において録画機器に写ったSCP‐XXXX‐JP‐1

オブジェクトが活性状態に入ると、第一段階としてVR画面である装着者の視界上にSCP‐XXXX‐JP‐1が現れます。SCP‐XXXX‐JP‐1はゴーグルの装着者において最もポピュラーに思い浮かべられるネコの姿をしています。 SCP‐XXXX‐JP‐1を視認すると、対象は深い幸福感と愛着を覚え、SCP‐XXXX‐JP‐1に触れたいという感情を抱きます。オブジェクトが装着されると対象に癒着し、あらゆる手段をもっても分離が困難なため、現在まで装着者とオブジェクトを引き離す試みは成功していません。

対象がオブジェクトを装着してからおよそ1~2週間でSCP‐XXXX‐JP‐1の活性状態は第二段階へと移行します。この状態になると、対象はSCP‐XXXX‐JP‐1に実際に触れているかのような肉体的感覚を得ることが報告されています。対象の幸福度は著しく上昇し常に表情に笑顔が見られるようになりますが、食事、入浴、睡眠などの生活習慣に対しては著しく無頓着になります。また、SCP‐XXXX‐JP‐1と会話を重ねるに連れ、SCP‐XXXX‐JP‐1にはより知能の高い言動や語彙力の上昇が確認されますが、対象には著しい知能の退化がみられます。

さらに1~2週間ほど経過するとSCP‐XXXX‐JP‐1の活性状態は第三段階へと移行します。対象はSCP‐XXXX‐JP-1に対して愛情に近い感情を抱くようになり、SCP‐XXXX‐JP-1を自身の名前または自身のあだ名で呼び始めます。また、対象はこの時点で完全に外界への興味を失くし、自身への呼びかけに対して返答もしません。対象はこの時点で既に2歳児程度の知能に退化しているとみられます。対象は食事、睡眠を3週間ほど取っていないにも関わらず、身体は健康状態を保っています。この理由は現在も明らかになっていません。

第三段階から1週間ほどで対象は生命を維持することも困難な栄養失調に陥り、死に至ります。しかし対象には一度たりとも苦痛を感じる様子は一切無く、死の直前まで幸福感を感じ続けていたと報告されています。対象が死ぬとオブジェクトは不活性状態になります。対象が死亡しオブジェクトの取り外しが可能になると、SCP‐XXXX‐JP‐1はすでにVR画面上から消滅しており、その存在の痕跡もありませんでした。

SCP‐XXXX‐JP‐1は対象との会話があることから知能があるとされています。また、会話においてSCP‐XXXX‐JP‐1は未知のエネルギーの存在を示唆しています。

オブジェクトに関する記述が全てパンツになるジョーク