砂箱
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JPー改訂中

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト81███の財団の標準水生オブジェクト用強化ガラス製水槽にて収容し担当職員は定点カメラによる監視を行ってください。SCP-XXX-JPの収容室は常時施錠され収容水槽の蓋は溶接加工を施して固定されています。SCP-XXX-JPの収容室及び収容水槽の解放にはセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の承認が必要です。扉の開錠・施錠には必ず機械による遠隔操作によってのみ行い、各種実験も同様にし生物がSCP-XXX-JP収容室へ侵入しないようにしてください。

説明: SCP-XXX-JPは蟹と仮定される物体です。後述の異常性によりその外見は不明で。SCP‐XXX‐JPは一見して蟹だと感じられますがSCP-XXX-JPは自力での移動を行わず、また呼吸も行わないため現在は物体だとみなされていますが発見時には通常のタラバガニ同様の行動を取っていたことが捕獲した職員により確認されています。

SCP-XXX-JPの異常性はどのような観測方法においても蟹らしき曖昧な輪郭しか観測できないことです。拡大、縮小、透視、反響定位など様々な方法を用いた観測はいずれも失敗しています。

追記: SCP-XXX-JPは観測装置に対して情報災害を行います。前述の異常性はこの能力に由来するものであると思われます。またSCP-XXX-JPは蟹と同種だと一般に考えられる甲殻類に同様の性質を与えることができます(SCP-XXX-JP-1と呼称)。
SCP-XXX-JPの見た目は[データ削除済]であり、耐久性は元の生物と同様であり死亡するとその性質を失いますがSCP-XXX-JPと違い自律行動するため危険性は高く、終了が推奨されています。
またSCP-XXX-JP-1から甲殻類以外の生物種に性質が与えられることもあり(SCP-XXX-JP-2)、それ以降SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-2と同種の生物へ直接性質を与えるようになります。

補遺: 収容後、███博士の提言1によりSCP-XXX-JPの異常性の解明を目的とした再調査が行われました。