砂箱

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト81██の収容ロッカーに保管してください。SCP-XXX-JPの取り出しにはセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の承認が必要です。ロッカーの鍵はサイト管理者が持っています。
SCP-XXX-JPの実験は2人以上で行うことが義務付けられています。
またSCP-XXX-JP-1となった人物は非活性化まで2人以上の職員、エージェントによって監視しSCP-XXX-JPの回収に備えてください。

説明: SCP-XXX-JPは全長175cm、幅30cmのマフラーです。日本国██県██市[編集済]地域の連続自殺にて発見されその後財団の管理下に置かれました。SCP-XXX-JPは製品としては作りが甘く、一見して素人が作ったような印象を受けますが製造法、素材、生産者は不明です。

SCP-XXX-JPを見た人物哺乳類は「このマフラーを首に巻いてみたい」という強い願望を感じます。このミームはオブジェクトのシルエットでも起きますが暗闇の中など視覚で捉えられない場合この特性は現れません。また、数人で見た場合にはその中のランダムな1人の人物にしか影響が及ばす、オブジェクトに対する衝動は他の人物の言葉や簡単な制止により止めることが可能です。

SCP-XXX-JPはヒト 哺乳類 生物の首に巻かれると活性化状態に入ります。活性化したSCP-XXX-JPは切断、燃焼について異常な耐性を示し活性化したSCP-XXX-JPを首に巻いた対象(以下、SCP-XXX-JP-1)が生きている間に取り外す試みは全て失敗しています。
SCP-XXX-JP-1が他の生物に対して意識的に直接、間接的な攻撃を加えるとSCP-XXX-JPは著しい切断性能と強度を示し収縮することでSCP-XXX-JP-1の首を切断します。SCP-XXX-JPはその後不活性化しSCP-XXX-JP-1から離すことが可能となります。

事件XXX-1: サイト81██において起きた現実改変者の収容違反においてSCP-XXX-JPが活性化する事態が起こりました。SCP-XXX-JP-1となった現実改変者はその後、財団職員を殺害。活性化したSCP-XXX-JPが首を絞める挙動を感じたSCP-XXX-JP-1はオブジェクトを取ろうとしましたがその際手指を切断されそのまま斬首されました。SCP-XXX-JP-1はその際、現実改変を起こす挙動を見せましたが変化は現れませんでした。また、斬首されたSCP-XXX-JP-1には現実改変による治癒は見られずそのまま終了されました。このことからSCP-XXX-JPが現実改変への耐性があることが判明したため現実改変者への対策案として審議されています。