myomyoの下書き
評価: 0+x

評価: 0+x
f3e4fe9474ba9387ff1d932dc6649402_s.jpg

SCP-XXXX-JP

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-81██の低危険度植物型オブジェクト収容室に収容します。

説明: SCP-XXX-JPは一般的にクチナシ(学名: Gardenia jasminoides)と呼称される植物に見える実体です。外部からの干渉を受け付けない非破壊性質を有しており、また通常の腐敗、劣化の兆候は一切見られません。水分、栄養の補給は必要としませんが、それらの消費は可能です。

SCP-XXX-JPは未知の方法で発話します。また、特定個人の物と見られる記憶と知識を有しており、それらを用いて会話を行います。SCP-XXX-JP自身には、自らが植物と類似した物体である事についての自覚はあるようですが、それに起因する混乱、戸惑い、自身の状態に対する疑問などは一切見られません。

SCP-XXX-JPは、確保時の状況及びその後のインタビューにより、発見時点で死亡していた女性██ ██氏の記憶と知識を有している事が確認されています。██氏の死亡原因は老化を遠因とした疾病による急死であり、不審な点は発見されませんでした。██氏の遺体も調査されましたが発見当初死後硬直、腐敗などの反応を示さなかった事以外に特異性は発見されず1、生前の██氏が特異性を有していなかった事も後の調査で判明しています。よってSCP-XXXX-JPがどのような形で██氏の記憶と知識を有するに至ったかは不明ですが、その処置を行ったであろう存在として、POI-0872の存在が██氏の遺体が布団に寝かされていた事、その枕元にSCP-XXXX-JPの鉢と共に置かれていたメモ、及び後にSCP-XXXX-JPからもたらされた情報により判明しています。詳細は補遺を参照してください。

経緯: SCP-XXXX-JPは20██年█月██日「近所の██さんの家から腐ったような臭いがする」という近隣住人の通報により██氏宅を訪れた近隣派出所の巡査によって、██氏の枕元に置かれていた所を発見されました。その後警察無線による通信を傍受した財団職員が現場に急行し、関係者にはAクラス記憶処理を施しました。
布団に横たわった██氏はその時点で既に死亡していましたが、遺体には前述の通り死後反応及び腐敗の兆候が一切見られませんでした。2その後財団職員にSCP-XXXX-JPは自分が██氏自身であると主張、自身の身の安全と引き換えに収容に同意し、サイト-81██に収容されました。

補遺1: SCP-XXXX-JPからの情報入手の試みは、対象の攻撃的な言動と情報提供の拒否の為、即時には叶いませんでした。
以下は収容後1ヶ月程の時間が経過し、度重なる会話の試みによりSCP-XXXX-JPがインタビュー対象者の済南博士への態度を軟化させてから行われたインタビューのログです。

対象: SCP-XXXX-JP

インタビュアー: 済南博士

付記: インタビューの円滑な進行の為、SCP-XXXX-JPを自身が主張する██という名前でもって呼称しています。

<録音開始>

<冒頭の雑談は重要性の低い会話につき割愛>

済南博士: それでですね、今日は先日のお話の時に聞かせていただいた、貴方のご子息……息子のような物、でしたか。その人物について詳しいお話を聞かせて欲しいのですが。

SCP-XXXX-JP: 息子ってわけじゃないよ。あたしゃ結婚もしてないからね。息子なんてできようはずがない。親戚とも疎遠だからね、息子だの孫だの、そんなものとは縁遠い生活さ。まあもっとも……あの子があたしの息子だったらなんて事は考えたりもしたけどね。

済南博士: だから息子のようなもの、ですか。██さんは彼とは親しい間柄だったのですね?

SCP-XXXX-JP: なんだいその言い方は。まるでわたしがあの子に惚れちまったみたいな言い草だね。まったく……親しいっちゃそうさね……そりゃ、親しかったさ。あの子くらいだったよ、あたしのしかめっ面にめげもせず、何を話してもニコニコ聞いてくれたのは。庭師やってたとかで、うちの庭の松を剪定してくれた事もあったねぇ……。

済南博士: 庭師?

SCP-XXXX-JP: があでなぁ、とか言ったかね。庭の花やらを世話して、芸術として仕上げるんだとか言っとったね。庭師みたいなもんかいって聞いたら「そうですね、そんなもんです」って言っとったからね。違うのかい?

済南博士: 概ねその通りですね。

SCP-XXXX-JP: あんたも知っとるだろ? あたしゃちょっとした事でも気になって、人にガミガミと説教垂れるのが癖になっとる嫌な婆さんさ。でもあの子はあたしの言う事に逐一うなずいてねぇ……なるほど、為になります、参考になります、ありがとうございます、と……出来た人間だったねぇ。あの子の剪定してくれた松も、なんだか妙ちきりんな形になってたけど、見てると不思議と心が落ち着いてね。やっぱりああいうのには性格ってもんが出るのかねぇ。

済南博士: その松の木は今も庭に?

SCP-XXXX-JP: 残念だけど、いつぞやの台風の時に折れちまって、それっきりだねぇ……。
済南博士: なるほど。……彼と最後に会ったのはいつの事だかわかりますか?

SCP-XXXX-JP: 最後に? ……まあ、あの子も気まぐれで、あたしも別にあの子を縛ろうなんて気もなかったから、うちに来るのも決まった日なんてものはなかったからねぇ……最後って言ったら、そうさね、あたしがあんたらの世話になる事になった日の数日前に、珍しくあの子から「お邪魔してもよろしいでしょうか?」なんて電話がかかってきてね。いつだって急に来るから大したもてなしもできないもんだったから、あたしゃちょっと張り切って料理の準備なんかして……それで血圧も上がっちゃったのかねぇ、目の前が突然バチーンと停電でもしたかのように真っ暗になっちまって、気がついたらこんな有様さ。

済南博士: 彼と最後に会話したのは、そのアポイントメントの電話の時だった、と。

SCP-XXXX-JP: あぽ……なんだって?

済南博士: 会う約束をとりつける事、つまり██さんが意識を失う前の電話の事ですね。

SCP-XXXX-JP: まったくもう、横文字はよしとくれよ! ……まあ、確かにそうなるかね。

済南博士: その時、彼は会いたいと言っていただけでしたか? 何か普段と様子が違っていたりはしませんでしたか?

SCP-XXXX-JP: ……うーん、言われてみれば、普段は飄々としてるのに、なんだか少しばっかり切羽詰ったというか、真剣な声音だったような気がするねぇ。あたしの誕生日でもないのに、何かプレゼントの用意が出来たとかなんとか……あと、何かよくわからない事も言っとったね。

済南博士: よくわからない言葉?

SCP-XXXX-JP: 甘い、来る、家と……だったかね。あの子はプレゼントにおかしの家でも作ってくれるつもりだったんかね?

<以降、重要性の低い会話に付き割愛>

<インタビュー終了>

補遺2: 以下はSCP-XXXX-JP発見時、██氏の枕元に置かれていたメモの内容です。

彼女の事をお願いします。
私は多分朽ちてしまうだろうけれど、彼女は朽ちる事は無い。
あなた方にはそれで十分でしょう? それは私にとっても同じこと。
彼女を遺せるのならば、それで。

Are We cool yet?

筆跡、残された指紋などから、かねてより要注意団体Are We Cool Yet?のメンバーであると目されていたPOI-0872がこのメモを残した事が判明しています。POI-0872の行方は現在捜索中であり、発見され次第勾留し尋問が行われる予定です。