mumei_muna
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは標準収容ロッカーに保管されます。混同を防ぐためSCP-XXX-JPには識別用タグがつけられます。加えて、持ち出す際には外見上SCP-XXX-JPと判別が困難である物品を近づけてはいけません。SCP-XXX-JPを用いた実験は、主任研究員の許可を得た上でおこなってください。

説明: SCP-XXX-JPは異常性を持つ複数の実験器具の総称です。現在、SCP-XXX-JP-1に指定される全長138mmのポリプロピレン製の漏斗と、SCP-XXX-JP-2に指定される全長130mmのガラス製の試験管の2点が収容されています。外見上、いずれも非異常性のものと同一です。SCP-XXX-JPの異常性はSCP-XXX-JPを用いて実験を行うと発現する場合があります。異常性が発現すると、その実験の結果を科学的に起こり得ない結果へと改変します。異常性が発現する厳密な条件、及び改変内容は現在明らかになっておらず調査中ですが、「実験結果を実験立案者がその実験において望まない結果に改変する」という仮説が有力視されています。また、改変時に異常なヒューム値の変動は観測されておらず、改変方法についても調査中です。

SCP-XXX-JP-1は██大学化学研究所を監視していたエージェントから「いかなる実験においても不可解な結果をもたらす実験器具がある」という旨の通報があり、数点の実験器具を回収。後の実験1によりSCP-XXX-JP-1が特定されました。SCP-XXX-JP-2の回収については、事案記録SCP-XXX-JPを参照してください。

事案記録SCP-XXX-JP: 2017/01/29にサイト-81██にてSCP-███-JPが実験中にデータにない反応を示す事案が発生しました。SCP-███-JPはSafeクラスのオブジェクトでその異常性のほとんどが解明済みとされていたこと、類似の実験を既に複数回行っていたこと、SCP-███-JPの特徴であるヒューム値の変動が確認されなかったことが重なったため事案は注目され詳細な調査が行われました。調査の結果、実験に用いられていた試験管が原因として判明。SCP-XXX-JPと同様の異常性を示したことからSCP-XXX-JP-2と指定され、収容に至りました。

補遺: 事案SCP-XXX-JPとその後の実験結果を受けて、主任研究員の杉本博士によりオブジェクトクラスの見直しが申請されました。申請は現在審議中です。以下は杉本博士による申請文です。

事案の発生によりSCP-XXX-JPは複数存在することが判明しました。未発見のSCP-XXX-JPが存在する可能性は決して低くないでしょう。もしまた未発見のSCP-XXX-JPが他のオブジェクトの実験に紛れ込んでしまったら。例えばそれがKeterクラスのオブジェクトだとしたら。実験を行わないという選択肢が取れない我々にとって、SCP-XXX-JPは十分な脅威です。未だ、未発見のSCP-XXX-JPの発見方法は確立されておらず、異常性についてもほとんどが未確定のままです。現在SCP-XXX-JPを収容できているとは言い難いです。オブジェクトクラスの見直しを申請します。 -杉本博士