msnsnpopの楽器庫
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1はサイト-81██にある小型防音ロッカーに鍵付きのケースに入った状態で保管されています。担当職員は毎週火曜日・金曜日の午後5時前に実物を防音室に移動させ、ケースから出してください。

説明: SCP-XXXX-JPは、SCP-XXXX-JP-1が定期的に起こすイベントの総称です。SCP-XXXX-JP-1は、YAMAHA社で製造されているYEP-621Sモデルに酷似したユーフォニアム11本です。一般的に使用されているユーフォニアムとの差異は後述する点を除きありませんが、経年劣化が激しく見られます。活性時はこちらの物理的干渉を一切受け付けませんが、非活性時はすべての部品が取り外し可能です。

SCP-XXXX-JP-1が活性時に起こすイベントは必ず以下の流れで行われます。
イベント名 開始時間 説明
音出し 17:00 マウスピースを吹く音から始まり、一定時間音程取りをした後ユーフォニアムが鳴る。
基礎練習 17:10頃 既存の教則本に載っているロングトーン、リップスラー、コラール2をランダムで演奏している。実体が確認できないにもかかわらず、メトロノームの音が鳴っている。また、複数の他楽器の音3が確認できる。
個人練習 17:30頃 既存の楽曲からランダムで選ばれた曲のユーフォニアムパートを繰り返し演奏する。レパートリーは吹奏楽曲からポップスまで多岐にわたり、現在1██曲が確認されている。
合奏 18:00 "個人練習"で演奏していた楽曲の合奏。ユーフォニアム1本しかないにもかかわらず、その楽曲で使用されている他楽器の音色も聞こえる。

実験記録: 以下はSCP-XXXX-JPの実験記録の抜粋です。

SCP-XXXX-JP-1は、██府███市立██高校の、活動休止中の吹奏楽部の楽器庫で発見されました。「毎週火曜日・金曜日の午後5時~7時の間、立ち入り禁止の旧校舎から楽器の音がする」という噂が流れており、近辺で起こっていた異常現象の調査のため██高校に潜入していたエージェントが噂を耳にしたため確認を行ったところ異常性を発見、収容に至りました。

補遺: