mossari091
評価: 0+x
kamera.jpg

最初に回収したSCP-1848-JPを撮影したもの。
注:SCP-1848-JPには会社名が印字されているため、該当部分の黒塗り加工が実施された。

DOajv6MVQAAF_9W.jpg

SCP-1848-JPで撮影された赤いポスト

アイテム番号: SCP-1848-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1848-JPはサイト81██内の低脅威物品保管ロッカー番号1848に纏めて収容されています。SCP-1848-JPを用いた実験をする場合、SCP-1848-JP担当職員の許可を得てください。

説明: SCP-1848-JPは、████州にある████工場で製造された、合計11個のカメラです。SCP-1848-JPは同一工場で製造された異常性のないのカメラと外見、構造は同一のものであり、なぜSCP-1848-JPだけが異常性を発現しているのか現在解明されていません。

SCP-1848-JPが撮影した被写体(SCP-1848-JP-1)に"赤色"が存在している場合のみ、赤色が同一の明度を保ったまま無彩色へと変化します。それ以外でのSCP-1848-JPを構成する被写体の変化は確認されていません。元の赤色へ修復するには、新たに赤色染料を塗布する、赤色LEDライトの交換、Webページの再読み込みなどの、それぞれのSCP-1848-JP-1に合った方法が必要です。赤色の基準は撮影者(SCP-1848-JP-2)に依存することが実験で判明しています。ヒト以外の生物では異常性は発現しませんでした。

SCP-1848-JP-2は、SCP-1848-JPで複数回撮影をした場合、段階的に「SCP-1848-JPで世界の全ての"赤色"を排除しなければならない。」という強迫観念を抱きます。この特性は、SCP-1848-JP-2が正常三色型色覚者1の場合のみ発現します。
この段階のSCP-1848-JP-2は、Aクラス記憶処理で異常性を消失させることが可能であると判明しています。
SCP-1848-Jpを100回前後使用することで、「共産主義」への恐怖または憎悪という重度の精神影響を引き起こします。また、使用回数が増えるごとにそれを増大させることが判明しています。
この段階になると、SCP-1848-JP-2は「周囲に共産主義者が存在する。」という確執に取り付かれ、SCP-1848-JP-2の社会的な死、凶悪的な暴行、殺人事件などを引き起こします。この特性は正常三色型色覚者だけではなく、全てのヒトに発現します。
この段階のSCP-1848-JP-2は、精神影響の進行度に比例した記憶処理で異常性を消失させることが可能であると判明しています。精神影響の進行度に関わらず、必ず記憶処理を実施し、最低1ヶ月の観察期間を置いてください。なお、記憶処理の実施に関して下記のことが判明しているため、記憶処理は慎重に実施してください。

  • 記憶処理の副作用が平均1.5~2倍に増幅している
  • 記憶処理の効果が現れない場合がある。

補遺1: SCP-1848-JPの実験に「共産主義」を知らない人間を雇用する試みは現在凍結されています。
なぜなら、"共産主義"は日本の義務教育過程で学習するものであり、「共産主義」について知らない成人済みの人間を雇用することは、SCP-1848-JPの回収より困難であるからです。SCP-1848-JPの実験にそこまでの価値はありません。
未成年の人間を使用すること、SCP-1848-JPの実験のために1から人間を育てることは倫理的観点から許可されません。