Morinji

練習とネタ出しです。

rating: 0+x
image1.JPG
収容前のSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP
       
オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは███駅の構内にありましたが、カバーストーリー“老朽化による取り替え”によって現在は███駅からサイト81██の大型倉庫に移動しました。SCP-XXX-JPは実験時を除き、電力の供給は許可されていません。

説明: SCP-XXX-JPは███県███市███駅の構内にあった███社製のエスカレーターです。SCP-XXX-JPの外見及び内部構造は1980年代の通常のエスカレーターとほとんど変わりありません。しかし、どの部品も錆びや摩耗している箇所はなく、常に新品の状態でした。また、駆動モーターの一部分が規格不明の部品が使われており、分解及び破壊行為に対し異常な耐久性を示しました。

SCP-XXX-JPは主電源を入れた時、通常のエスカレーターと同様に毎分30mで下段から上段、または上段から下段へステップが移動します。搭乗者が静止した状態で利用した時、通常のエスカレーターと変わりありませんでした。しかし、搭乗者が踏板上で歩行及び走行行為を行う時、その特異性を発現します。

搭乗者がSCP-XXX-JP上を歩行した時、搭乗者は耳元で中性的な声で"歩かないで"と警告されると訴えます。この声は第三者からの観測では確認することはできませんでした。搭乗者がこの警告を無視して歩き続けようとすると、以下のような現象が発生しました。

歩こうと出した足がステップにひっかかり、そのままつまずく。
搭乗者が所持している或いは身につけているもの等が踏板上へ落下する。
歩き出す瞬間、強烈なくしゃみを繰り返し行う。

この現象は搭乗者が歩き出す行為を続けるのに比例して発生し続けます。搭乗者がSCP-XXX-JP上で歩行を止めた時、または搭乗者がSCP-XXX-JPを降りた時、この現象は発生しなくなりSCP-XXX-JPは通常のエスカレーターの状態へ戻ります。

搭乗者がSCP-XXX-JP上を走行した時、搭乗者は歩行時と同じで耳元で"走らないで"と警告されると訴えます。この警告を無視して走り続けようとすると、搭乗者の靴紐,ズボンの裾,皮膚,[編集済]等がステップに挟まれ、走ることが困難になります。その後、再び"走らないで"と警告されます。警告を聞き入れ走行行為をやめると、ステップに挟まれたものは容易に外すことが出来ます。しかし、搭乗者がそれでもなお、走り続けようとした時、SCP-XXX-JPは毎分██㎞で加速運動をしました。搭乗者の大半はこの加速運動に体がついていけず、SCP-XXX-JPの出入り口部分で搭乗者の下半身から上部がちぎれ、前方数十m先へ飛んで行き[編集済]。その後、搭乗者がステップ上に存在しなくなった時、SCP-XXX-JPは同様にして通常のエスカレーターの状態に戻りました。

SCP-XXX-JPは200█年█月███県███市に行われた"エスカレーター歩行禁止運動"の頃から特異性を発現したと推測されます。記録上、SCP-XXX-JPはこの運動が始まる以前までは通常のエスカレーターと何も変わりはありませんでした。しかし、運動が実施されてすぐに███駅では年間██件に及ぶ挟み込み、巻き込み及び人身事故による非常停止が相次ぎました。特に、200█年█月█日に起きた人身事故では搭乗していた利用者██人が全てが[編集済]な状態で死亡しました。財団はこの事件以降すぐに、███駅の調査を行いました。調査の結果、███駅に設置されたエスカレーター1基から特異性が確認されました。財団はカバーストーリー”老朽化の取り替え”に沿ってエスカレーターを回収後、SCP-XXX-JPとして収容しました。