モルクスーナン:Moremorkの砂箱
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPはその特性上、物理的な収容が不可能です。代わりに水分を弾く素材で地面を覆い、金網で民間人の侵入を防止したサイト-81██での管理、及び後述のSCP-XXX-JP-bにあたる封じ込め作業が必要とされます。サイト-81██では毎日午前11時30分から午後12時30分にかけDクラス職員を参加させ「ダンスの練習」と称したSCP-XXX-JP-bを実行させ、時間はオブジェクトの出現状況に併せて延長してください。踊りの振り付けは以下の動きを満たすものとし、無許可の変更は禁じられています。この時放出された液体及び塩化ナトリウムの結晶は、処分してください。サイト-81██では録音機能のついた監視カメラを用いて24時間体制でSCP-XXX-JPの消息を観察してください。

説明: SCP-XXX-JPは外見上ナガスクジラ(学名:Balaenoptera physalus)に類似した形のガス状実体です。この実体は、運動場や競技場と認知されている土地(以下、SCP-XXX-JP-aと記述)の周辺に現れることがわかっています。

非活性時のSCP-XXX-JPは、外見以外その他の雲と同様の性質を示しますが、SCP-XXX-JP-aで、ある一定の動作を含む踊り(以下、SCP-XXX-JP-bと記述)が行われている場合に活性化します。このSCP-XXX-JP-bには、以下の要素が含まれています:40人以上で行われること。30センチ以上の布状の物体を振り回す行為、ないし列を作って並んだダンサーが順番に立ち上がりしゃがむ動作を繰り返す行為(一般に「ウェーブ」と称される)が、それぞれ15秒以上行われること。
活性状態のSCP-XXX-JPは不定期に水滴を放出しながら、SCP-XXX-JP-aの周囲を旋回します。この時放出した水滴は海水と成分が酷似していることが判明しており、摂取しても何の問題もありません。放出をするにつれてSCP-XXX-JPの体積は小さくなり、やがて消滅します。再出現までには少なくとも24時間を要し、且つ消滅地点の近辺でSCP-XXX-JP-bが行われる必要があります。

サイト-81██が位置する██県内の██市で、住民から「小学校に雲の鯨が現れ、塩水を吹いた」との報告を受けてSCP-XXX-JPの存在が判明しました。同市ではたびたび市内の運動場並びにスポーツ施設で原因不明の崩落事故が繰り返されていましたが、調査の結果、事故はオブジェクトの放出した水滴による塩害によるものと判明しました。財団は近隣の住民にカバーストーリー「異常気象」を流布し、影響を受けていた一般人に記憶処理を施したのち、SCP-XXX-JPの調査を開始しました。

現時点での被害は██市内のみにとどまっています。しかし、収容違反が起き、とりわけ農村部や大都市、緑化地帯に出現した場合、大規模な建造物の劣化および植物への被害が懸念されています。

補遺: 2017年██月██日、屋外用スピーカーの不調によるSCP-XXX-JPの収容違反が発生しました。次にオブジェクトが現れたのは、同██市内の、ドーム型競技場の上空であり、中では市主催の小学生向けダンスコンクールが行われていました。財団は住民を避難させた後Bクラス記憶処理を施し、代替用スピーカーでSCP-XXX-JPをサイトに誘導、確保しました。

後日、同サイトでSCP-XXX-JPの作業を通常通り行った後、「いつもかけられているものとは違う歌が聞こえた」と数名のDクラス職員から報告がありました。測定の結果、記録された音は著名なダンスグループである█████の代表曲[編集済]の一部に酷似していましたが、この曲がサイトでの封じ込めの作業で使われた事はありません。更にその音程は一般的に認知されているものよりも██~██Hz程度低く、音の発生源はSCP-XXX-JPであることも判明しています。