moon residentの下書きその他
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の地下30m地点にある収容室に収容してください。SCP-XXX-JP実体の発生を防ぐため許可された職員以外はこの収容室より10m以内に進入しないでください。上記の状態を保ってなおSCP-XXX-JP実体の発生が見られた場合は直ちにサイト管理者及びSCP-XXX-JP主任研究員に報告してください。

説明: SCP-XXX-JPは鉢植えに植えられた一輪の白いゼラニウム(Pelargonium)です。土は腐植土で常に湿っているように見えます。植木鉢は陶磁器で、表面の感触や模様から素材は粘土のような物質と考えられています。SCP-XXX-JPを構成するこれらの物品は損傷に対する異常な耐性を持っており、破壊されないと考えられています。

SCP-XXX-JPの周囲10m以内に以下の条件を満たす人間(以下「対象」)が進入すると後述の異常性が準備されます。

・男性である
・5人以上の女性と交際経験がある
・嗜虐心が極めて強い等、偏った性的趣向の持ち主でない

対象が異常性の準備の後、深夜0:00~3:00の間にレム睡眠を開始すると対象の周囲に女性(SCP-XXX-JP実体)が出現します。出現の直後から女性は対象と[編集済]を開始します。これは平均一時間続けられ終了後女性は消滅します。これが続けられている間対象は苦悶の表情を見せうなされている様子が確認できますが、目を覚ますことはなく女性に抵抗する様子も無いように見えます。なお、対象と女性が[編集済]を行っている途中に第三者の干渉を受けると女性は小さく悲鳴のような音声を発し消滅します。終了後5時間から8時間ほどで対象は目を覚まします。

SCP-XXX-JP実体である女性(以下「実体」)はおよそ20代~30代のモンゴロイド系女性に見えます。髪は黒いロングヘアーで、服装は白のワンピースです。意思疎通は不可能で、決められたパターンに沿って行動していると推測されています。「花言葉」で間接的な会話をすることが可能です。

SCP-XXX-JPは██県北部で流行していた噂に基づいた調査の後、██村の外れにある古民家で発見されました。発見当初SCP-XXX-JPは古民家の縁側に放置されていました。古民家の所有者は一人暮らしの男性ですが、失踪しており現在に至っても発見されていません。

実験XXX-JP-34の結果、実体は「花言葉」によるコミュニケーションを取ることが可能であり、また自我があることが判明しました。これにより予定されていた更なる実験の実施方法の改訂、及びオブジェクトクラスのEuclidへの変更がなされました。

追記(20██/08/██): 実体との交信実験にて確認の取れた情報を上部記述の詳細情報へ追加しました。