momiji_CoCの落書き帳
Bibliography
1. full source reference
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: safeEuclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在、オブジェクトを囲むように建設されたサイト81██に収容されています。Dクラス職員を用いた実験の際には、被験者に小型カメラと録音装置を装備させ、SCP-XXX-JP内に侵入以降、実験担当職員は無線を通して常に会話を行ってください。現在、SCP-XXX-JPでの実験は、無期限に凍結されています。SCP-XXX-JP-D-1,2,3と思われる熊の通報、報告があった場合、機動部隊は直ちに対象を鎮圧してください。SCP-XXX-JPによる被害者にはカバーストーリー"自殺"が適用されますSCP-XXX-JP-Aの収容違反により、一般人に被害者が出た場合、カバーストーリー"熊による死傷者発生"が流布されます。

説明:SCP-XXX-JPは、███県██市に位置する██山の北緯1██.█度、東経██.█を中心とする半径100mの範囲内に出現するログハウスで、外見は一般的なログハウスの外見と相違ありません。ドアの横には看板が壁に取り付けられており、
「只今家族でピクニックに行っております。御用の方は、中でくつろいでお待ちください。ー3人のクマー」  と書かれています。
SCP-XXX-JPは対象者が範囲内に一人で入り、範囲内に一分間とどまっていると、対象者の30m前方に出現します。対象がSCP-XXX-JPに入らずに30分が経過した場合、SCP-XXX-JPはその場から消失します。消失したSCP-XXX-JPを追跡する試みは、すべて失敗しています。オブジェクトの異常性は、対象となった人物が中に入ることで発動します。
内装は異常性のないソファやテレビ、暖炉などの一般的な家具が置かれており、全て問題なく使用することができますが、これらの家具や壁、床に傷をつける、破壊する試みは全て失敗に終わっています。
SCP-XXX-JP内に対象者が入った直後、玄関ドア、窓が開かなくなり、内部からの脱出が不可能となります。ドアが閉められた後、SCP-XXX-JP-A,B,Cが順番に出現します。対象者は、出現した物品を摂食、使用したいという欲求をおぼえます。この欲求は、他者との継続的な会話によって抑制することが可能です。SCP-XXX-JP-Cを使用から二時間後、SCP-XXX-JPの出現範囲内にSCP-XXX-JP-D三体が出現し、SCP-XXX-JP内に入ります。SCP-XXX-JP-Dが全て中に入った1分後、対象人物は目を覚まします。SCP-XXX-JP-Dは、短い会話(音声記録参照)を行った後、対象者が完食、使用したSCP-XXX-JP-A,B,Cに対応したSCP-XXX-JP-Dが対象者に触れます。触れられた直後対象者は消滅し、その30秒後、SCP-XXX-JPも消失します。消失の後、対象者の衣服など身に着けていたものはSCP-XXX-JPが出現していた地点に残りますが、対象者の所在は現在のところ、全て判明していません。

SCP-XXX-JP-Aは、対象者が中に入った直後にテーブルの上に出現する3つのスープボウルでそれぞれSCP-XXX-JP-A-1,2,3と呼称されます。、出現時には3つとも同じスープ、またはシチューが入っています。中身は毎回種類が異なり、現在までにビーフシチュー、クラムチャウダー、ボルシチなどの家庭料理が確認されています。これらの内容物は、ボウルごとに温度、味の濃さが異なっており、SCP-XXX-JP-A-1,2,3の順で温度は高く、味は薄くなります。実験において内容物を摂食したDクラス職員は全員、選んだボウルや内容物の種類にかかわらず「非常に美味。」と評価しています。対象人物はこれらのボウルの内容物全てを摂食することが可能ですが、完食するのはどれか1つのボウルだけです。それ以降、対象者は満腹感をおぼえ、それ以上のSCP-XXX-JP-Aの内容物の摂食を行いません。

SCP-XXX-JP-Bは、対象者がSCP-XXX-JP-A完食後に出現する、3つのゲームでそれぞれSCP-XXX-JP-B-1,2,3と呼称されます。SCP-XXX-JP-Bは出現するたびに種類が異なりますが出現の際には必ず、テレビゲームやカードゲームのように1種類のゲームが3つ出現します。これらのゲーム類は、全て問題なく使用可能ですが、使用に2人以上が必要なゲームも出現することが観測されています。また、これらのゲーム類はSCP-XXX-JP-B-1,2,3の順番で操作やルールが難しいものになっていきます。対象者は、SCP-XXX-JP-Bのどれか一つを飽きるまで遊び続けます、SCP-XXX-JP-B使用後、対象者は強い睡魔に襲われます。

SCP-XXX-JP-Cは、SCP-XXX-JP-B使用後に出現する3つベッドで、それぞれSCP-XXX-JP-C-1,2,3と呼称されます。SCP-XXX-JP-C-1,2,3は、大きさが順に120cm、160㎝、180㎝あり、全ての実験において、各ベッドの大きさが変化することはありませんでした。対象者は、SCP-XXX-JP-B使用後に感じる非常に睡魔もにより、これらのベッドを使いたいという強い欲求に駆られます。この欲求は会話による抑制は不可能です。対象者はSCP-XXX-JP-Cのどれか一つに横になり、その30秒後、ノンレム睡眠に陥ります。全てのSCP-XXX-JP-Cを使用した実験において、被験者を起こす試みはすべて失敗しています。

SCP-XXX-JP-Dは、対象者がSCP-XXX-JP-Cを使用した2時間後に出現する、3体のツキノワグマです。