moku-rin
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 全てのSCP-XXX-JPは密閉可能なガラス瓶に入れ、サイト-8125のsafeクラス保管用ロッカーに収容してください。SCP-XXX-JPが融解するのを防ぐため、瓶内には常に乾燥剤を入れておくようにしてください。乾燥剤は一ヶ月に一度取り替えてください。湿度が60%を超えた状態が一週間続いた場合も同様に取り替えてください。

説明: SCP-XXX-JPは外見、成分共に一般的な飴と変わった所はありません。桃色、橙色、黄色、黄緑色、水色の種類があり、これらは味は変わりますがSCP-XXX-JPが及ぼす影響に差はありません。

SCP-XXX-JPは人間の口に含まれた時にその特性を発揮します。一つ目の特性はSCP-XXX-JPの肥大化です。この現象は個体が口内に入った瞬間から起こり、外に出せば停止します。どのような仕組みで起こっているのか、どこまで肥大化するのかは判明していません。二つ目の特性はSCP-XXX-JPが起こす強い依存性です。個体を口に含んだ者は、その時点で抱えているあらゆる不安や恐怖、緊張等のネガティヴな感情が消えてゆく感覚を覚えます。それと共に、根拠の無い多幸感を感じます。これにより、被験者はSCP-XXX-JPが肥大化していくにも関わらず、口内から個体を出そうとしなくなります。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]