Mochimeso
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは生物サイト-8102の小型水槽に収容されています。飼育担当職員はマニュアルに従って給餌と水槽内の清掃を行ってください。水槽に取り付けられたマイクとカメラによって監視し、新たな受信が確認された場合は記録してください。海洋調査中にSCP-XXX-JPに類似する個体が発見された場合は、即座にサイト管理者に連絡を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは、胴体部に無線呼出しの小型受信機の液晶モニター1が埋め込まれた体長33cmのスルメイカ(Todarodes pacificus)です。不明な方法でモニターが一体化している以外は通常の個体と差異はありませんが、収容から現在まで成長・老化の兆候は見られません。Dクラス職員による触手の摂食実験においても異常性は確認されませんでした。

SCP-XXX-JPのモニター部は水中でも作動しており、通常の小型受信機と同様の挙動を示します。受信が行われた際にはアラーム音が鳴りますが、どのように電子音を発しているかは不明です。オブジェクトは93[編集済] (以下、SCP-XXX-JP-a)、73[編集済] (SCP-XXX-JP-b)、29[編集済] (SCP-XXX-JP-c)の3件の番号から不定期にメッセージを受信しています。財団から発信を試みる実験は失敗しました。補遺2のインシデントで判明したSCP-XXX-JP-b以外の発信元は調査中です。

SCP-XXX-JPは、19██/██/██に北海道██市の港で漁船に釣り上げられ、地元テレビ局に連絡が入ったことで、局内に潜入中のエージェントによって確保されました。

補遺1: 受信記録の一部を抜粋します。

日付 発信元 受信
20██/5/2 SCP-XXX-JP-a オツカレアイタイネ
20██/5/15 SCP-XXX-JP-b スグムカウ
20██/5/20 SCP-XXX-JP-b ドコ
20██/6/1 SCP-XXX-JP-c アトヨン
20██/6/29 SCP-XXX-JP-b ホウコクマツ
20██/7/1 SCP-XXX-JP-c アトサン
20██/7/3 SCP-XXX-JP-a ミンナヘツタアイタイネ
20██/7/29 SCP-XXX-JP-b ココデマツハヤク
20██/8/1 SCP-XXX-JP-c アトニ
20██/8/10 SCP-XXX-JP-b アレギキタ
20██/8/10 SCP-XXX-JP-b アレガキタ
20██/8/10 SCP-XXX-JP-b キタ
20██/9/1 SCP-XXX-JP-c アトニ
20██/9/25 SCP-XXX-JP-a サミシイアイタイネ
20██/10/1 SCP-XXX-JP-c アトイチ
20██/11/1 SCP-XXX-JP-c アトイチ2

 
補遺2: 2017/3/█に、鹿児島県████市の砂浜にマッコウクジラの死骸が打ち上げられ、胃の中から未消化のダイオウイカの一部と破損した公衆電話が発見されました。マッコウクジラの頭部には携帯電話の液晶モニター3が埋め込まれており、SCP-XXX-JPに類似した個体が存在することが判明しました。また体内の公衆電話の番号はSCP-XXX-JP-bと一致しています。現在SCP-XXX-JPの別個体を探索するための海洋調査を行うことが検討されています。

生命、動物、水棲、頭足類、電子デバイス、機械、通信

懸念
※Anomalousレベルのアイテムになっていないか
※受信履歴をもっと練り込む必要がある
※そもそも翻訳案は必要か
※そもそものアイデアからおもしろくない感じ