Mochimeso

「実験は中止だ」

 けたたましい警報が鳴り響いたかと思うと、実験室の隅で黒目をギラギラ光らせていた守衛が口を開く。
 どうせならあと5分、いや1分早く鳴ってくれればよかった。そうしたらこのクソがつくほど退屈な“オブジェクト”とやらを最後まで読まずに済んだのに。
 めくっていたページを閉じて机に戻すと、白衣の先生が大慌てでそれを持っていく。結局あれを読むとどうなるのか分からずじまいだったが、安心している面もある。実験室を出て行く白衣を見送ると、守衛が「早く出るぞ」と苛立ちながら声を上げた。幸い舌打ちは警報の中に消えてくれたので、警備員に大人しく着いていくことにする。

 実験室の扉が開く。外で待機していた男と守衛が目配せをした。警報は相変わらずうるさいままだが、男たちの落ち着き方からすると大したことでもないらしい。
 と、少しばかり安堵したのもつかの間。

「――実験室に戻れ!」

 耳に取りつけていた無線機を押さえた警備員が叫んだ。何かと問う間もなく室内に押し戻され、目の前の扉が閉まった。
 防音の厚いドアの向こうからは、何も聞こえてはこない。

 例えば、さっきの自分の予想は大間違いで、この研究施設のどこかに隠れているらしい化け物(実際にはそんなもの見たことがない。何かの実験で一緒になった他の“同類”から噂は聞いた)が逃げ出していたら。そんな最悪な予感が冷や汗になって背中をつたった。
 出て行った博士や守衛たちは殺されたのだろうか。すぐにこの部屋にも化け物が飛び込んできて、自分も死ぬのか。外に出たいなんて言わないが、最後の晩餐くらい巡んでくれたっていいだろう。

 ばくばくと脈打つ心臓を押さえ、扉の前に立ちすくむ。
 そしてようやくドアが開いたのだが――。

 実験室に入ってきたのはウサギだった。
 普通のウサギじゃない。二足歩行して、極端にデフォルメされた水色と白の。

 それが手にはでかでかと「MAP」と書かれた紙(なぜか逆さだが)を広げ、口笛を吹きながら入ってきたんだから声も出せなくなる。ああ、そうだ。アメリカの子供向けアニメに出てくるような、現実感のないウサギ……。
 ウサギはぱっと顔を上げると、じいっとこちらを見て首をかしげた。片眉を上げて地図を睨みつけながら、一歩、二歩と後ろに下がっていく。実験室のプレートと地図を何度も見比べると、ハッと何かに気がついたように手元の紙をひっくり返したのだった。
 ――……地図を間違えて入ってきた、って?
 そんなアニメーションめいた動きだ。そしてウサギは“うんざり”という表情を作って4本しか指のない手で顔を覆った。手の平をぐいっと下ろすと、それに合わせてゴムのように顔が歪んで広がる。

 ――コイツは一体、何なんだ。
 想像していた化け物とのギャップに戸惑っていると、それは実験室から出て行こうとする。4本しか指のない手の平を振って、再び扉を閉めようとしたウサギに飛びついたのは、ほとんど反射的だった。

「待った!」

 電子ロックを操作しようとしている手にすがりつく。毛皮に包まれた腕はあまり温かくはなかった。というか、妙につるっとしていて触り心地まで現実感がないのだ。

 ウサギの手を止めるために研究室の外へ一歩踏み出して気付いた。
 廊下に人間がピラミッドのように積み重ねられている。その一番上は、さっきまでゴツい銃を持ってこっちを監視していたあの守衛だ。全身を鳥肌が覆い、喉の奥が恐怖で詰まる。

「ひッ……!」

 死んでいる? ……いや、そうじゃない。
 よく見れば積み重ねられた人間はすべて、意識を失っているだけのようだった。それにすぐ気がつけたのは、奇妙なことに見開かれた守衛の黒目が大きな円を描いて回っていたせいである。そして頭の上には、黄色く点滅する星が浮かんでいる。星、完璧にその言葉通りの。

 これをこのウサギがやったのだろうか。だとしたら閉じ込められることに焦って飛びついたのは完全な悪手だ。毛だらけの顔は、きょとんとこっちを見つめている。
 ――とにかく、ゆっくり下がって室内に戻ろう。
 そう決意した時、額をつたった冷や汗が右目へ落ちる。反射的に目をつぶり、ウサギの腕を離した瞬間だった。

「大丈夫、私が助けてあげる!」

 力強く握り返された手。目を開くと、そこにさっきのウサギはいなくなっていた。代わりに立っていたのは、少女のような何かだった。
 フリルたっぷりのスカートに、リボンがふんだんにあしらわれたドレス。靴の先から手袋まですべてがピンク色だ。ビビットな金髪のツインテールと合わせて、眩しすぎる。そんな中、カチューシャにはウサギのマスコットが取り付けられているのが目に止まった。

「あ、アンタ――」
「むぅっ!……この音は」

 廊下の向こうから重い足音が聞こえる。それもかなりの人数だ。

「逃げよう!」

 目の前のトンチキな女は、音とは逆方向に走り出す。こっちの手を引いたまま。そのあまりの速さに口を開いたらたちまち転んでしまいそうで、何も言えなくなっていた。
 背後から「止まれscp-1033-jp!」と叫ぶ声がする。
 現実感の全くない状況に(この女、よくこんなヒールで走れるな)と考えるので精一杯だった。
 
 
 
 ウサギカチューシャの女がトンチキなのは、見た目だけじゃなかった。
 まず走る速度。後ろから追いかけてくるのは訓練を積んだ奴らばかりのはずなのに、ヒラヒラしたスカートでどんどん引き離していく。手を引っ張られているだけのこちらまでそのスピードに追い付けているんだから、混乱どころじゃない。
 走り回る内、固く閉ざされたシャッターの前にたどり着いた時だって驚かされた。その前でたじろぐ素振りを見せたのは、ほんの一瞬。すぐにその隙間に指をかける。

「私、諦めない……! 助けるって、約束したんだから!」
 ――いや、したつもりないけど。

 上がった息で突っ込むこともままならず、突然女は光に包まれた。そして「すごい、これが私たちの絆の力!」とか何とか言いながら、シャッターを無理やりこじ開けたのだった。
 ひしゃげた扉の前で、女――いや、彼女は笑った。不敵に、明るく、強い意志で。

 そして、私は思い出す。
 今は遥か霧中に消えそうな、子供の頃の記憶。忘れたかったあの日々。
 それでも確かに、あのブラウン管の中では彼女が笑っていた。

「此処を降りれば外に出られるよ!」
「う、うん!」

 手を引かれながら走る。足がもつれそうになりながら、必死に階段を駆け下りる。
 もしかしたら私を連れて逃げ出してくれるかもという淡い期待が、一歩ごとに確信へ変わっていった。

「止まれ」

 階下で待ち構えていた警備員たちに銃口を向けられても、胸に湧いた希望は失われない。足音が背後に迫り、追い詰められても。
 だって彼女は、みんなの愛と夢を守る魔法少女だから。
 機動部隊の合図とともに、銃弾が発射される。

「キャアッ!」

 か細い声を上げて少女が床に倒れる。

懸念
※両SCPとも異常性に問題はないか、読み解きミスはないか
※オチまでが冗長ではないか(削るとしたらどこか)
※上と関連し、メリハリをつけたい
※そもそも、こうしたクロステスト的な記事は問題ないか