よく分からないアンモナイトの墓地
評価: 0+x
SISI1

1290年頃の絵巻に見られるSCP-1420-JP-1群の描写。

アイテム番号: SCP-1420-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1420-JPはサイト-81██の特殊収容柩内部で冷凍保存されています。特殊収容柩内部はSCP-1420-JPの蘇生を防ぐために常に-196℃に維持されています。また、収容下にある15体のSCP-1420-JP-1個体と研究用に保存されている標本は同サイトの冷凍コンテナ内に収容されています。不測の事態による冷却システムの異常が認められた場合、冷却剤を用いて冷凍コンテナ内の温度を維持してください。SCP-1420-JPの蘇生及び収容違反の発生が確認された場合、職員の退避の完了に関わらず30分以内にサーモバリック爆弾を用いた航空爆撃による鎮圧措置が実行されます。

説明: SCP-1420-JPは、異常な生物学的性質を持つ敵対的な日本人男性です。蒐集院から引き継がれた資料によればSCP-1420-JPは"花山法皇1"本人であるとされています。SCP-1420-JPは外見上枯骸であるように観察されますが、神経系と内臓機能は全て生体組織と同様の状態にあります。非活性状態のSCP-1420-JPは一切の呼吸、栄養供給を必要としません。

非活性状態のSCP-1420-JPに後述のSCP-1420-JP-1が直接接触した時、接触面を融合させる形でSCP-1420-JP-1と一体化し栄養の供給を受けます。栄養の供給を受けたSCP-1420-JPは数分で活性化します。活性状態のSCP-1420-JPは通常の生体と同様の外見へと急速に回復します。この状態のSCP-1420-JPは摂取したあらゆる有機物を栄養として利用することが可能です。SCP-1420-JPは異常な代謝能力を有しており身体の変形や既存器官の機能の変更、新器官や部位の生成を行うことが可能です。これら身体的変異には、軽度2の物では数秒、重度3の物では数十分程度の時間を要します。SCP-1420-JPの活動は脳組織の75%を破壊する、又は栄養供給を断つ事によって抑制することができます。また、SCP-1420-JPを1,000~3,000℃の熱に暴露させる事で活動を停止させることが可能です。これらの要素によって生命活動の継続が困難になるとSCP-1420-JPは急激に身体表面から水分を発散し非活性状態に陥ります。この際の身体の損傷は活性状態に移行する際の栄養供給によって回復します。

SCP-1420-JP-1は異常な身体的特性を有している攻撃的な有機実体です。SCP-1420-JP-1はサーキック・カルト由来の生物ではありますが多種多様な形態を有する為、正確な分類は困難でありSK-BIOへの分類は保留とされています。SCP-1420-JP-1の基本的な形態は人型から大きく変形しており、ほとんどの場合で攻撃機能に特化した器官を有しています。SCP-1420-JP-1は無性生殖が可能であり、十分な栄養が得られる環境であれば2時間程度で成熟したSCP-1420-1個体を産出します。これらSCP-1420-JP-1はSCP-1420-JPを防衛する目的で活動していると考えられており、SCP-1420-JPが非活性状態に移行した場合には積極的に栄養を供給します。SCP-1420-JP-1はSCP-1420-JPと同様に異常な代謝能力を有していますが、脳組織4の70%の破壊、又は1,000℃~3,000℃の熱に暴露させる事によって完全に無力化することが可能です。

SCP-1420-JPとSCP-1420-JP-1は共通して間脳視床後部の松果体に著しい変異が認められます。身体の変形においてもこの部位の変異が損なわれることはありません。松果体はSCP-1420-JPとSCP-1420-JP-1の間で未知の方法による外部伝達に用いられていると考えられています。SCP-1420-JP-1はSCP-1420-JPからの外部伝達によって指示された命令に従うことが確認されていますが、知性を有している様子は観察されていません。

SISI3

SCP-1420-JP及びSCP-1420-JP-1の肉体に見られる宗教的紋章

SCP-1420-JP、SCP-1420-JP-1にはサーキック・カルト(Sarkic Cults)に関連する宗教的特徴が多く認められます。SCP-1420-JPの起源にはPoI-93が関与していると考えられており、複数の歴史的文献にもPoI-93を示すと思われる描写が数多く見受けられます(各情報は検閲されました)。

SCP-1420-JPの攻撃的な性質は歴史上の寛和の変に起因する物であると考えられています。当初、SCP-1420-JPの攻撃目標は藤原家又は一条天皇の血縁者に限定されていましたが、蒐集院による武力鎮圧を経て攻撃の対象は際限無く拡大しました。現在のSCP-1420-JPは非常に危険であり、対話による和解や活性状態の収容継続は困難です。

補遺1: SCP-1420-JPは1948年に蒐集院から財団に引き渡されました。SCP-1420-JPは西暦1053年から1948年までの845年間、蒐集院の収容下にあったと考えられています。多くの資料は既に紛失しておりどのようにして蒐集院がSCP-1420-JPを長期間収容下においていたのかは不明です。

SCP-1420-JPの起源は大陸文化圏から持ち込まれた古代サーキック5、又は北方からもたらされたプロト-サーキックの思想が関係しているとされています。SCP-1420-JPとサーキックとの関係は収容当初から指摘されており、蒐集院独自の解釈を含んだ上で研究が成されていました。以下は現存する蒐集院の資料、及びSCP-1420-JPを示すと思われる伝承や民話、歴史的遺物等の調査結果を踏まえて構成されたSCP-1420-JPが蒐集院の収容下にあった際の時系列表です。

年月日 事象 概要
986年7月31日

退位。出家後に花山寺に入門。

歴史上の寛和の変。
995年4月10日

花山法皇が藤原隆家らに襲撃される。

長徳の変、又は花山院闘乱事件。蒐集院の記録によると花山法皇はこの事件を機にサーキックへの入信を決意したとされています。
995~1000年頃?

PoI-93と接触?

複数の文献において花山法皇とPoI-93との直接の接触が示唆されています。
1008年3月17日

花山法皇が自らの死を偽装。SCP-1420-JPへと変化。

歴史上はこの際に崩御したとされていますが、いくつかの口伝や歴史的遺物は花山法皇が自らの死を偽装していたことを示しています。また、蒐集院の記録上ではこの際に初めてSCP-1420-JPとしての異常性が発露したとされています。
1016年6月11日(?)~1018年4月1日(?)

平安京周辺の村落で不可解な集団失踪事件が報告される。(資料-1420-JP-C-006参照。 )

行方不明者は何らかの方法によってSCP-1420-JP-1に変化したものと考えられていますが、SCP-1420-JPにSCP-1420-JP-1を生成しうる能力は存在しません。サーキシズムに精通した協力者の存在が示唆されています。
1044年2月2日

SCP-1420-JPが数百から数千のSCP-1420-JP-1と共に平安京を襲撃。

この際、蒐集院が主導となり朝廷と蒐集院、召集された仏僧6らによる武装勢力が組織されました。これら勢力による戦闘は13日間に及び多数の犠牲者を生みました。戦闘は大規模な物となりましたが、一部の口伝と蒐集院の記録を除いてこの戦闘を扱った記録は存在していません。
1044年2月15日

SCP-1420-JP、SCP-1420-JP-1群が蒐集院によって封印される。

具体的な手法は不明ですが、蒐集院はSCP-1420-JP、SCP-1420-JP-1群の封印に成功しました。対象は蒐集院によって建立された衄皇寺7の地下に封印施設と共に埋設されました。
1293年5月19日

鎌倉大地震が発生。封印施設が破壊されSCP-1420-JPとSCP-1420-JP-1群が復活。

震災の発生により寺院が全焼。封印施設が損傷した為SCP-1420-JPの活性化を招きました。蒐集院の工作により朝廷と幕府による連合武装勢力が結成、交戦しました。97日間の戦闘を経てSCP-1420-JP、SCP-1420-JP-1の再封印に成功しました。
1293年8月24日

SCP-1420-JP、SCP-1420-JP-1群が蒐集院によって再封印される。

蒐集院はSCP-1420-JP、SCP-1420-JP-1群の封印に成功しました。対象は幕府によって建立された████寺の地下に封印施設と共に埋設されました。幕府はSCP-1420-JPを研究することで軍事力の補填を図ろうとしていたとされていますが、蒐集院が抑止力として機能していた事が判明しています。

以下は蒐集院から回収された資料の中でSCP-1420-JP-1の起源に触れられている資料の一つです。この資料は現在、資料-1420-JP-C-006に指定されておりデジタルアーカイブ化された上で保管されています。

補遺2: 1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震による大規模地震災害11が原因となり収容サイト-81██が停電12、SCP-1420-JP-1群が収容設備を破壊しました。SCP-1420-JP-1群は特殊収容柩に殺到、SCP-1420-JPは蘇生しました。██研究顧問らによるSCP-1420-JPへの対話が試みられましたが結果は失敗。サイト-81██は壊滅しました。財団はサイト-81██を放棄、航空自衛隊の協力の下サイト-81██へのピンポイント爆撃を実施しました。その際、衝撃波による破壊と2,500~3,000℃の熱によるSCP-1420-JP及びSCP-1420-JP-1の無力化が期待出来ることからサーモバリック爆弾が採用されました。以降、サイト-81██では収容違反時にサーモバリック爆弾が使用されることが決定しています。

SISI2

1995年1月17日に撮影されたSCP-1420-JP-1個体。

また、攻撃開始までに新たに産出された24体のSCP-1420-JP-1個体がサイト-81██から脱しました。これらの個体はSCP-1420-JPによる攻撃命令を受けたものと考えられ、近隣の市街を襲撃しました。急遽召集された複数の機動部隊員による特設攻撃部隊が交戦、全個体を無力化しました。最終的な死者は機動部隊員を含む164名であり、これらは震災による死者として処理されました。なお、無力化された個体群は標本としてサイト-81██で保管されています。この事案後、生存が確認されたSCP-1420-JP-1個体は研究用の15体を残して全て終了されました。