SCP-###-JP 忘却の彼方に
評価: 0+x

閲覧に制限が掛けられています               ユーザーIDを入力してください。

ID: 3.094752

認証コードを送信してください。

C.Unlockcommandsector3.094752

認証されました 閲覧希望のVerを選択してください。

Access: Ver.3

Ver.3はレベル5セキュリティクリアランス所持者、       また特殊クリアランス###-JP所持者のみに表示されます。

Access: Ver.2

Ver.2はレベル4~5セキュリティクリアランス所持者、     また特殊クリアランス###-JP所持者のみにしか表示されません。

Access: Ver.1

承認されました Ver.1を表示します。

ユーザー名: 鍵沼-真治
肩書き: サイト8157直属研究員
レベル3セキュリティクリアランス所持者

アイテム番号 : SCP-###-JP 

オブジェクトクラス : Safe

特別収容プロトコル

SCP-###-JPは、RF遮蔽の施された特設サイト81##内部の収容室に15基設置された生命保存装置に収容されます。原則として、SCP-###-JP-1~15を収容する収容室に入室する事は特殊クリアランス###-JP所持者のみ可能ですが、特例として、SCP-###-JP-1.-5.-7.-11.-13にインタビューを行う際は手話の翻訳が可能なDクラス職員の入室を許可します。また、オブジェクトの特性上の関係によりオブジェクトの100km以内での記憶処理は認められていません。

概要

SCP-###-JPは、
██総合病院の5番施術室内部で流産・死産・堕胎により死亡した状態で誕生した、胎児の形状をした15体の人型生命体です。また、SCP-###-JP-1.-5.-7.-11.-13.は非常に高度なコミュニケーション能力を有しており、手話などを通してインタビューをすることが可能です。SCP-###-JPの主な特異性は、高知能生命体に発生する忘却曲解1の頻度を増加させ、失わせた知識/記憶を栄養として成長するというものです。この異常性は電波が遮断可能な物質で密閉する事で封じ込めが行われています。