お船の国SCP-JP出張所

余命宣告

評価: 0+x
{$name}

{$caption}

アイテム番号: SCP-1977-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1977-JP-Aは、現在北緯██度██分 西経██度██分の地点に沈没しています。SCP-1977-JP-AにはGPS発信機を装着し、毎年4月24日から30日の間に発信される同一の信号を追跡してください。フィールドエージェントは、GPSの追跡記録からSCP-1977-JPの曝露者の捜索と調査を行い、必要であれば身柄を拘束してください。また、曝露者の死亡記録を収集するため、各地の公的機関へ情報の請求を行い、データベース-1977-JPへ記録してください。

説明: SCP-1977-JPは、毎年4月24日から30日にかけて不特定の人物に発生する、幻覚と汗腺からの異常な出血を伴う現象です。曝露者に関する調査から、SCP-1977-JPに関連した現象は、対象者の健康状態、周辺環境などに関係が無い事が判明しています。

SCP-1977-JPに曝露した者は、共通した幻聴と幻視を経験しています。幻聴の内容は、非常に大きな機械音と男性又は女性の笑声の2つに大きく分けられています。この内、機械音については一部の曝露者から船舶のジーゼル機関に酷似していたとの証言が得られています。幻視の内容は、セイル部分にP353と塗装された古い形式の潜水艦と、その舳先に立つ頭部の無い人物で共通しており、幻聴におけるジーゼル機関音の証言と併せて後述するSCP-1977-JP-Aの発見につながりました。

幻覚を経験した曝露者は、その直後に全身の汗腺から血液が滲出するようになります。症状は1分程度で沈静化し、以後死亡するまで再発は確認されません。曝露者の生存時に採取された血液、皮膚組織の検査と遺体の検分が行われましたが、該当する症状を引き起こすような異常は認められませんでした。

SCP-1977-JPによる幻覚と汗腺からの出血を経験した曝露者は、その後1年を超えて生存することはありません。各事例における死因や死亡時期、曝露者個人の周辺状況には共通項が少なく、曝露者の死とSCP-1977-JPによる現象の間に因果関係があるのかは不明です。財団は、曝露者3名の事例で、外部との隔離と死亡原因となり得る要素を可能な限り排除する実験を行いましたが、


哨戒艇 USS Jolly Roger  SP-1031
戦艦 バルバロス・ハイレッディン
戦艦 ジャン・バール
駆逐艦 トルーアン
潜水艦 シュルクーフ
潜水艦 コルセア
航空隊 VF-17 ジョリーロジャーズ
PB4Y哨戒機 プライヴァティア
USS Privateer (SP-179)

それSHIPSHIPSHIPSHIPSHIPSHIPSHIP
果てなき海へ。
それSHIPSHIPSHIPSHIPSHIPSHIPSHIP
すべて呑み込んで。
総力、増産。
それSHIPSHIPSHIPまだ足りんぞ、ほい。
増やす~(増やす~)増やす~(増やす~)
はるかなホライゾン(Ah~)

それSHIPSHIPSHIPSHIPSHIPSHIPSHIP
終わりなき旅路。
それSHIPSHIPSHIPSHIPSHIPSHIPSHIP
すべて巻き込んで。
ほれ生み出せ鉄牛限りなく。
そのうえ、荒鷲も増える。
何でも、誰でも、戦友さ。
そらSHIP SHIP HERE SHIP SHIP[[>]]

評価: 0+x

[[/>]]

{$name}

{$caption}

アイテム番号: SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JP

説明:

南冥のガロー
SCP-XXX-JPは、鵜来型海防艦「多禰1」を中心とした異常な船舶群です。

評価: 0+x
{$name}

{$caption}

アイテム番号: SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JP

説明: SCP-XXX-JPは、第2次世界大戦中に運用されていた大型輸送機Me323です。

"憤怒"

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1948-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1948-JPの活動を局限させるため、全世界の海軍から戦艦に類別される艦種が1990年代までに廃止されました。以後、戦艦あるいはそれに準ずる艦船の建造計画は、主に政治的手段の行使によって阻止されています。また、SCP-1948-JPが戦艦あるいはそれに準ずる艦船としての形質を有する収容対象に接触することを阻止するため、以下の海上任務部隊所属船舶がローテーションによって常時展開しています。

第1グループ Fata Morgana
第2グループ Luftspiegelung
第3グループ 幻日
第4グループ Jacob's ladder

SCP-1948-JPの活性化が確認された場合、各海上任務部隊は封じ込め作業に当たる船舶に戦艦(SCPS-BB)としての船籍を付与し、乗組員は交戦規則-1948-JP-Aに従って行動してください。各戦闘指揮艦は、メイラント型エネルギー観測装置を常にモニターし、SCP-1948-JP内部のエネルギー流動体が満載排水量2に対して27.5%から30.5%の範囲に収まるように封じ込め作業を指揮してください。

"南冥のガロー"

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

目の前に広がる景色は、風光明媚そのものだった。
なだらかな丘以外に起伏の無い地形が広がり、時折吹く風が青々とした草原を駆け抜けていく。

丸い窓からその風景を覗いていたのは、二人の女性だった。
ただし、二人は少なくとも旅行者では無かった。

「この状況、どうやったら抜け出せると思う?」

「さぁ……さすがに救命具を着けて海に飛び込む、ってのはこの船じゃ無理な話だよね」

この船……今彼女たちが見ている景色とは相容れない単語。
それどころか、脱出の算段をするという奇異な状況。

「脱出できたとして、そもそも帰還するあてはあるの?」

「分からない。だけど、このままここに居れば、まず間違いなくペケが2つになる」

あれこれと問答をしていると、誰かが部屋のドアをノックした。
来客は、部屋の主の返事も待たずにドアを開けた。

「ミス・カウフマン、ミス・ブロッサム、船長――改め艦長がお呼びですので、どうぞこちらへ」

慇懃な態度で二人を促す人物の後ろのには、何本もの“筒”が見え隠れしていた。


エージェント・ブロッサム・・・小野田くん

宣言